XP-PEN Artist 10 セカンド|実機レビューでサイズ感を徹底検証

XP-PENから発売されている10.1インチ小型液タブ、Aritst 10 セカンドを実機レビューでご紹介。XP-PEN Artist 10セカンドの気になるサイズ感と描画性能をチェック。

XP-PEN Artist 10 セカンド|実機レビュー

Artist 10 レビュー

液タブ選びでまず初めに迷うのはディスプレイの大きさ。今の液タブの主流のサイズは、13インチ、16インチ、24インチだ。ただ13インチでも少し大きいと感じるユーザーも多かった。

そこで今回発売されたのが10.1インチの小型モデル、XP-PEN Artist 10 セカンドだ。今回は実際に使ってみてのレビューでご紹介する。

XP-PEN Artist 10 セカンドのサイズ感

Artsit 10 セカンドの最大の特徴であるサイズをまずはチェックしよう。デスクに置いた時のサイズ感がこちら。

XP-PEN Artist 10 セカンド ディスプレイサイズ

上に置いてあるのはMacのフルサイズのキーボード。比較すると大体のサイズ感を感じていただけると思うけれど、本体サイズは299*173.3mm。レビューしているデスクはものを置ける範囲の奥行きが約35cmとそれほど広くないけれど、キーボードの手前に設置してもまだ余裕のあるサイズだ。デスクが小さくて液タブを置く場所がないしな。。。と思って液タブを諦めていた方にもおすすめ。

ただ当たり前だけれど本体サイズが小さいので描画範囲が小さくなるのは避けられない。実際にクリスタを開いてサイズ感をみてみよう。クリスタを開いてメニュー画面も表示すると実際に使えるのはこのくらい。

XP-PEN Artist 10 セカンド 付属ペン

設定でキャンパスの表示領域を変更できるけれど、デフォルトの場合だと描画できるキャンパスの範囲はA4用紙の四分の一くらいとなった。

XP-PEN Artist 10 セカンド 描画範囲サイズ

これから本格的にデジタルペイントを始めていきたい!と思っている方にとっては正直物足りなさを感じるサイズ感。でも初めての液タブで、デスクも広くないし手軽に始められる液タブが欲しい!と思っているユーザーにはおすすめのスペックだ。

驚きの軽さ

10.1インチサイズということで持ち運んで使用することを考えている方も多いはず。気になる本体の重量がこちら。

XP-PEN Artist 10 セカンド 重量

本体だけなら712gと同サイズのタブレットと大差ないレベルの軽さ。主な用途が外出先という方に是非おすすめしたい。

XP-PEN Artist 10 セカンドの描画性能

XP-PEN Artist 10 セカンドはサイズは可愛い小型モデルだけれど、描画性能は他の製品と引けを取らないスペックとなっている。まずは付属のペンがこちら。

XP-PEN Artist 10 セカンド ペン

付属ペンはXP-PEN新型の技術が搭載されたX3 Eliteペン。スペックを簡単にまとめると、

  • 筆圧8192レベル
  • 傾き検知60度
  • ON荷重3g
  • ペン先沈み込み0.6mm

これまでのペンと大きく違うのがペン先の沈み込みが0.6mmに減少したこと。ペン先の沈み込みが深いとペン芯がぐらついて描き心地に大きく影響してしまう。液タブメーカーの中で定番中の定番、唯一の日本メーカーのワコム製の液タブと、XP-PEN などの国外メーカーの1番の違いがここだった。

ワコムと比べてペン先の沈み込みが深いので、ペン先もぐらつくしペン先をディスプレイに接地させるとグニャッとした感触で描きづらいという感想を持つユーザーが多かった。

XP-PEN 新型ペンのX3 Eliteスタイラスペンはこのポイントが改善されている。さらにメーカーページによるとペンの寿命が2倍に伸びたとのこと。現時点では確認は難しいけれどスペックアップしたことに間違いはなさそうだ。

10.1インチディスプレイの表示性能

液タブのもう一つのチェックポイントはディスプレイ表示性能。まずチェックすべきは解像度だ。

XP-PEN Artist 10 レビュー

Artist 10 セカンドのディスプレイ解像度はフルHD1920*1080色域カバー率はsRGB120%となっている。今は4K解像度の液タブなどもあるけれど、10.1インチサイズであればフルHDが最適解だ。実際見てみると、フルHDとはいえサイズが小さいので画像詳細度は十分だと感じた。

XP-PEN Artist 10 セカンドの描画位置の視差

液タブを始めて使う方が感じるウィークポイントの一つは、ペン先と描画される液晶の間に生まれる若干の視差。原因のひとつはディスプレイガラスの分厚さだ。特にディスプレイサイズが大きくなると強度を高めるためにディスプレイガラスを分厚くする必要があるので視差が大きくなる。

この点XP-PEN Artist 10 セカンドは小型ディスプレイの10.1インチ。ディスプレイガラスを薄くできるので、視差を最小限に抑えられる。実際に使ってみても視差の少なさは肌で感じられるレベルだった。

XP-PEN Artist 10 セカンドの価格

XP-PEN Artist 10 セカンドの価格は液タブラインナップの中では最安値。ディスプレイサイズの大きさと比例して価格も高くなるので、小型モデルはその分安くなる。数年前は液タブは10万円をこえるプロのみが使うガジェットという印象だった。今は初心者の方も手軽に手を出せる価格帯だ。

まずは【XP-PEN 公式ストア】での購入検討をおすすめする。送料無料だし、公式ストア限定で保証が6ヶ月延長されるので選ばない理由がない。欲しい製品があるかどうかチェックしよう!

➡️【XP-PEN 公式ストア】で製品の最新価格を見る!

現在のAmazonでの価格はこちらから。

販売開始価格は25,980円だけれど、定期的にタイムセールも開催されている。

XP-PEN Artist 10 セカンドを選ぶべき人・選ぶべきではない人

XP-PEN Artist 10 セカンドの最大の特徴はそのコンパクトさ。液晶サイズ10.1インチは液タブラインナップの中で最小。その分描画範囲は狭くなるけれど、描画能力に関しては他機種と全く同じスペック数値となっている。

液晶画面の美しさに関しては、フル HD解像度を小さな画面で表示するので、他の15.6インチモデルよりも体幹は美しく見える。なのでコンパクトだけど本格的な描き味を体験できる液タブだ。

選ぶべき人はこんな人

  • デスクが小さくて大きな液タブを置けない人
  • 主な用途は持ち運んで外出先で使いたい人
  • とにかく安く、液タブを試してみたい人

選ぶべきではないのはこんな人

  • 大きな描画範囲で大きな作品を作りたい人
  • 持ち運んで使う機会が全くない人

こんな方はもう少しディスプレイサイズが大きい、15.6インチや22インチのモデルを検討するのがベストな選択だ。

現在の価格はこちらからご覧いただけるので是非チェックを!

まずは【XP-PEN 公式ストア】でチェックを!送料無料だし、公式ストア限定で保証が6ヶ月延長されるので選ばない理由がない。欲しい製品があるかどうかチェックしよう。

➡️【XP-PEN 公式ストア】で製品の最新価格を見る!

 


関連記事

  1. XP-PEN G960実機レビュー|Zoomなどオンライン会議におすすめ

  2. 【BOOX Note徹底検証】ワコムペン搭載の電子ペーパーディスプレイ搭載タブレット

  3. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド

  4. サンコーミンタブモバイル13.3型液タブ発売開始!USBから直接給電

  5. WEB会議・リモートワークにおすすめのペンタブレット3機種|手書きで想いを伝える最強ツール

  6. 【開封レビューHUIONペンタブH640P】初の充電不要筆圧8192ペン搭載コンパクトペンタブ

  7. HUION ペンタブレット HS611 開封レビュー|音楽操作ボタンがついた異色ペンタブレット

  8. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー

    【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底検証

最新記事

  1. XP-PEN ブルートゥースペンタブ Deco MW / Deco LW 比較レ…
  2. Artist 10 レビュー XP-PEN Artist 10 セカンド|実機レビューでサイズ感を徹底検証
  3. Ultenic D5sPRO Ultenic D5sPRO ロボット掃除機|1ヶ月毎日使ってみてのレビュー
  4. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  5. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  6. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  7. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP