Wacom Cintiq Pro 32 価格・スペック徹底検証!ワコム史上最大サイズ液タブの実力

WacomからCintiq Pro 32(DTH-3220)が発売されたので価格・スペックを検証。ワコム史上最大31.5インチ4Kディスプレイの実力、ペン描画能力をチェック。間違いなく現時点で最大・最強の液タブだ!買えないけど知っておきたい最新液タブ事情。

Wacom Cintiq Pro 32(DTH-3220)発売価格

ワコムから2018年11月2日に発売開始されたワコム史上最大サイズの液タブ、それがWacom Cintiq Pro 32だ。液晶解像度、ペン描画能力、すべての点で間違いなく最強の液タブ。現在の価格がこちら。

価格帯を見ればわかる通り完全プロ仕様の最強液タブだ。ワコム史上最大サイズということで価格帯も過去最高となっている。購入検討できるユーザーは限られそうだが最新液タブのスペックをチェックしてみよう。

ワコム Cintiq Pro 32 スペック情報

Cintiq Pro 32のスペックを検証していくが画像をパッとみて驚くのがペンとディスプレイサイズの差。ペンちっさ!縮尺ミス?と思えるほどの大きさだ。ディスプレイのスペック表がこちら。

液晶サイズ 31.5インチ
縦横比 16:9
最大表示解像度 3840 x 2160 (4K)
液晶方式 IPS方式
画素ピッチ 0.18175 (H) x 0.18175 (V) mm
最大表示色 10億7,374万色
最大輝度 310cd/m2
視野角 水平128°/垂直128°
色域 Adobe RGBカバー率 98%

最大の特徴が液晶サイズ。31.5インチということでかなり迫力のあるサイズ感だ。これだけのサイズ感なので解像度4Kも最大限活かせそうだ。最大表示色はCintiq27インチと同じく10億7,374万色、Adobe RGBカバー率は98%。

その他気になるのはペン先と描画位置の視差だが、紹介動画ではガラスの厚さを抑えて視差を軽減しているとのこと。この辺りはワコムの威信をかけた最高スペック製品なだけに期待してよさそうだ。

Cintiq Pro 32 ペン描画能力|Pro Pen2搭載

読取方式 電磁誘導方式
読取分解能 最高0.005mm
読取可能高さ 5mm
傾き検出レベル ±60レベル
傾き検知角度 60度
筆圧レベル 8192レベル

ペンの実力は前機種と大きな変化点はなさそうだ。筆圧レベルや読取分解能などはすでに最高スペックに達しているようだ。ただワコムのHPでは新ペンセンサーによるペンの筆圧、精度、傾き検知と括弧書きで強調されている、

マルチタッチ機能にも対応。静電結合方式のマルチタッチ機能でペンで書きながら左手で操作も可能だ。

インターフェイス

インターフェース
  • USB 3.0ポート x 4
  • USB Type-Cポート x 1
  • HDMI 2.0ポート x 1
  • DisplayPort x 1
  • USB-A ポート x2

梱包物一覧

  • Wacom Cintiq Pro本体
  • Wacom Pro Pen 2
  • ペンスタンド(標準芯6本、フェルト芯4本、芯抜き)
  • カラーリング
  • ペンホルダー
  • ACアダプタ(1.8m)
  • 電源ケーブル(1.8m)
  • ExpressKey™ Remote
    (充電用マイクロUSBケーブル(30cm)、ワイヤレスレシーバ)
  • USB Type-Cケーブル(1.8m)
  • DisplayPortケーブル(3.0m)
  • HDMI 2.0ケーブル(3.0m)
  • USBケーブル(3.0m)
  • DisplayPort – Mini DisplayPort変換アダプタ
  • クイックスタートガイド
  • 保証書
  • レギュレーションシート
  • クリーニングクロス

ExpressKey Remoteが付属されている。このサイズ感になると左手デバイスは必須だ。さらに上部画像でも分かるが折り畳みスタンドが内蔵されている。(5度、20度)

ワコム Cintiq Pro 32 まとめ

ということでWacom Cintiq Pro 32のスペック、価格情報をご紹介した。ちなみに上部画像は本体の裏側だ。かなり大きいサイズなので Wacom Flex Arm(ACK62803K) がワコムストアで販売されている。

スペック表、価格を見てわかる通り完全なプロ仕様。間違いなく現時点で最強の液晶ペンタブレットだ。他メーカーでは真似できない完成度の製品だ。

現在のワコムストアでの価格、さらに詳しいスペック数値はこちらからご覧いただける。

【ワコム公式ストア】Cintiq Pro 32の価格をチェック!


関連記事

  1. Cintiq ProとMobileStudio Proの違い|分かりにくいワコムのラインナップを一覧…

  2. 【おすすめの液タブBEST3】安い価格で賢く選ぶための情報まとめ

  3. 液タブ徹底調査|おすすめランキングTOP7 値段と仕様を今すぐ見る!

  4. Cintiq Pro 16が3月4日にFCCを通過|2017年春発売は間違いなさそうだ!

  5. cintiq set いくら安い

    ワコムストア限定|液タブとペイントソフトのセットはいくらお得?買い?

  6. Cintiq 16のおすすめフィルム|高評価なペーパーライクフィルム3選

  7. PowerPointで使えるワコムペンタブレットはどれ?徹底検証結果発表!

  8. Windows10対応ワコム液晶タブレットを一覧でチェック

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【比較】iPad Pro 12.9 (2020年)とSurface Pro 7の…
  2. XP-PEN G960実機レビュー|Zoomなどオンライン会議におすすめ
  3. ワコムストアアウトレットセール 27インチ液タブが15.4万円は安すぎ|ワコムストアアウトレットセール開催中
  4. 2020年iPhone対応USBメモリのおすすめBEST5
  5. 【iPad Pro 新型(2020年)】スペック・価格を旧iPad Pro(20…
  6. 無料とは思えない高機能イラストソフト|絶対おすすめ10選
  7. 2020年Mac miniを選んで得する人|同じ価格、スペックで買えるMacBo…
  8. ビジネスで使えるスマートウォッチのおすすめ【2020年版】
  9. Amazon Echo Show 8でできる5つのこと|レビュー評価のまとめ
  10. Cintiq 16のおすすめフィルム|高評価なペーパーライクフィルム3選

人気の記事 TOP5

PAGE TOP