周辺機器ガジェット

Surface Proで使えるワコムペンBamboo Ink|選べるペン先で描き味にこだわる方向け

ワコムからSurface Proでも使えるスタイラスペンが販売される。筆圧4096レベルに対応、摩擦係数の異なるペン先を交換できるとあってイラストにかなり使えそうだ。描き味にこだわる方向けのスタイラスペンに期待。Surface Penと比較してどちらがベストバイか検証する。

Surface Pro対応ワコムペン|Bamboo Ink発売日・価格

ワコムからSurface Proにも対応しているスタイラスペンが販売される。筆圧4096レベルに対応、摩擦係数の異なるペン芯へ切り替え可能というのが大きな特徴。イラスト用途でこだわって選びたい方へおすすめだ。

  • 発売日:2017年8月4日
  • 価 格:9,698円(税込み)

価格も1万円以下に抑えられている。特徴となるポイントを見てみよう。

AES、MPP両方サポート

AES(アクティブ静電結合方式)とMPP(Microsoft Pen Protocol)に対応しており、多くの機種に対応しているのがまずは大きなポイントだ。使える機種の一覧がこちら。(ワコムサポート参照)

[su_spoiler title="Wacom Bamboo Ink 対応機種一覧" style="fancy" icon="folder-1"]

  • ASUS Transformer Pro T304UA/ TransBook T304UA
  • ASUS Transformer 3 T303UA / TransBook 3 Pro T303UA
  • ASUS Transformer Mini T102HA/ TransBook Mini T102HA
  • Dell™ Venue 10 Pro™ 5000 Series (5055)
  • Dell™ XPS 13 2in1
  • Fujitsu LIFEBOOK® P727
  • Fujitsu LIFEBOOK® T937
  • HP EliteBook x360 1030 G2
  • HP Elite x2 1012 G1
  • HP Elite x2 1012 G2
  • HP ENVY 8 Note Tablet
  • HP Pavilion x360 14-ba000
  • HP Pro x2 612 G2
  • HP Spectre x2 12t
  • HP Spectre x360 13-ac000
  • HUAWEI MateBook E
  • Lenovo™ ThinkPad X1 Tablet
  • Lenovo™ ThinkPad Yoga 260
  • Lenovo™ ThinkPad® X1 Yoga™
  • Lenovo™ ThinkPad® P40 Yoga™
  • Lenovo™ ThinkPad® 10 (2nd Gen)
  • Lenovo™ Miix 510
  • Lenovo™ Miix 720
  • Lenovo Yoga 720 (13")
  • Microsoft® Surface® 3
  • Microsoft® Surface® Pro 3
  • Microsoft® Surface® Pro 4
  • Microsoft® Surface® Pro
  • Microsoft® Surface® Book
  • Microsoft® Surface® Laptop
  • Microsoft® Surface® Studio
  • Toshiba dynabook V82/D
  • Toshiba dynabook V72/D, VZ72/D
  • Toshiba dynabook V62/D, VZ62/D
  • Toshiba dynabook V82/B, VZ82/B
  • Toshiba dynabook V72/B, VZ72/B
  • Toshiba dynabook V62/B, VZ62/B
  • Toshiba dynabook V42/B, VZ42/B
  • Toshiba dynaPad N72
  • VAIO® Z (flip)

[/su_spoiler]

上記クリックですべて見ていただけるが、特に注目なのはMicrosoftの最新Surface Proにも対応しているという点だろう。新しく発売されるSurfacce Penも筆圧4096レベルに対応している。ただ発売日が8月15日。ワコムがMicrosoftに先立って販売開始してしまうという面白い状況になっている。

交換可能なペン先3種類

ペンタブ一筋で開発を続けてきたワコムらしく描き味にこだわった方のために交換用のペン先も用意されている。それぞれ摩擦係数が異なる。描き味に直接影響を及ぼす部分なだけにカスタマイズできるのはポイントだ。

Surface Proでイラストを楽しみたい方にとってはMicrosoft製品を購入するか、描き味をカスタマイズできるワコム製を購入するか悩ましいところだ。

ワコムBamboo Ink詳細スペック

詳細スペックも見てみよう。まずはデザインだが、三角形のエルゴノミクスデザインとなっている。筆圧や本体外形などの一覧がこちらだ。

カラーブラック
駆動時間ワコムAESモード利用時:約5ヶ月

MPPモード利用時:約2ヶ月

(単6電池、週5日、1日2時間利用の場合)

筆圧レベル4096
接続Bluetooth®4.0
対応システムワコムAESテクノロジーもしくは Microsoft Pen Protocol (MPP)搭載の、Windows 10 ペン対応デバイス
製品外形寸法147 x 10 mm
質量19g

[s_ad]

Surfacce Pen VS ワコムBamboo Ink

Surface Proユーザーが頭を悩ませるのがこちらだろう。ポイントをいくつかまとめるとこうなる。

Bamboo InkSurface Pen
発売日8月4日8月15日
価格9,698円12,744円
筆圧レベル4096レベル
傾き検知×
ペン先交換×
対応デバイス多数Surface 3以降

それぞれのメリットデメリットをまとめた。ペン先の滑り具合をカスタマイズできるワコムペンは描き味を重視する方向け。またほかにも対応するデバイスを持っているなら両方で使用できるというメリットもある。

価格は若干高いがMicrosoft純正のSurfacce Penは傾き検知にも対応。とはいえイラスト用途で選ぶならワコムペンに軍配が上がるだろう。これらを踏まえればベストな選択ができそうだ。どちらにしてもユーザーにとっては選択肢が増えるのはうれしいこと。

それぞれの現在のAmazon,楽天での最安値はこちらからご覧いただける。上記価格より安くなっている場合が多いので要チェックだ。

 

-周辺機器ガジェット
-,