Surface Proで使えるワコムペンBamboo Ink|選べるペン先で描き味にこだわる方向け

ワコムからSurface Proでも使えるスタイラスペンが販売される。筆圧4096レベルに対応、摩擦係数の異なるペン先を交換できるとあってイラストにかなり使えそうだ。描き味にこだわる方向けのスタイラスペンに期待。Surface Penと比較してどちらがベストバイか検証する。

Surface Pro対応ワコムペン|Bamboo Ink発売日・価格

ワコムからSurface Proにも対応しているスタイラスペンが販売される。筆圧4096レベルに対応、摩擦係数の異なるペン芯へ切り替え可能というのが大きな特徴。イラスト用途でこだわって選びたい方へおすすめだ。

  • 発売日:2017年8月4日
  • 価 格:9,698円(税込み)

価格も1万円以下に抑えられている。特徴となるポイントを見てみよう。

AES、MPP両方サポート

AES(アクティブ静電結合方式)とMPP(Microsoft Pen Protocol)に対応しており、多くの機種に対応しているのがまずは大きなポイントだ。使える機種の一覧がこちら。(ワコムサポート参照)

Wacom Bamboo Ink 対応機種一覧

上記クリックですべて見ていただけるが、特に注目なのはMicrosoftの最新Surface Proにも対応しているという点だろう。新しく発売されるSurfacce Penも筆圧4096レベルに対応している。ただ発売日が8月15日。ワコムがMicrosoftに先立って販売開始してしまうという面白い状況になっている。

交換可能なペン先3種類

ペンタブ一筋で開発を続けてきたワコムらしく描き味にこだわった方のために交換用のペン先も用意されている。それぞれ摩擦係数が異なる。描き味に直接影響を及ぼす部分なだけにカスタマイズできるのはポイントだ。

Surface Proでイラストを楽しみたい方にとってはMicrosoft製品を購入するか、描き味をカスタマイズできるワコム製を購入するか悩ましいところだ。

ワコムBamboo Ink詳細スペック

詳細スペックも見てみよう。まずはデザインだが、三角形のエルゴノミクスデザインとなっている。筆圧や本体外形などの一覧がこちらだ。

カラー ブラック
駆動時間 ワコムAESモード利用時:約5ヶ月

MPPモード利用時:約2ヶ月

(単6電池、週5日、1日2時間利用の場合)

筆圧レベル 4096
接続 Bluetooth®4.0
対応システム ワコムAESテクノロジーもしくは Microsoft Pen Protocol (MPP)搭載の、Windows 10 ペン対応デバイス
製品外形寸法 147 x 10 mm
質量 19g

Surfacce Pen VS ワコムBamboo Ink

Surface Proユーザーが頭を悩ませるのがこちらだろう。ポイントをいくつかまとめるとこうなる。

Bamboo Ink Surface Pen
発売日 8月4日 8月15日
価格 9,698円 12,744円
筆圧レベル 4096レベル
傾き検知 ×
ペン先交換 ×
対応デバイス 多数 Surface 3以降

それぞれのメリットデメリットをまとめた。ペン先の滑り具合をカスタマイズできるワコムペンは描き味を重視する方向け。またほかにも対応するデバイスを持っているなら両方で使用できるというメリットもある。

価格は若干高いがMicrosoft純正のSurfacce Penは傾き検知にも対応。とはいえイラスト用途で選ぶならワコムペンに軍配が上がるだろう。これらを踏まえればベストな選択ができそうだ。どちらにしてもユーザーにとっては選択肢が増えるのはうれしいこと。

それぞれの現在のAmazon,楽天での最安値はこちらからご覧いただける。上記価格より安くなっている場合が多いので要チェックだ。

 


関連記事

  1. 液タブにおすすめの机|ベストな奥行き・高さは?値段別選び方

  2. pixivfactory-top

    Pixivファクトリーの評判|このサービスで得する人、損する人

  3. ペン先極細

    【2017年版】ペン先極細スタイラスペンおすすめランキング

  4. ワコムiPad Pro対応の筆圧2048スタイラスペン|Bamboo Sketchの実力

  5. 液タブの持ち運びにベストなカバンはどれ?ワコム液タブが入る最強カバンの選び方

  6. ひび

    【液タブ|保護フィルム】ワコムが公式におすすめしてるのが評判いい!

  7. bamboo slate

    手書きメモのデジタル化が一瞬でできるBamboo SmartPadが便利すぎる!使用シーンで見る実力…

  8. Powermate bluetooth|つまみ型コントローラー徹底検証|購入はあり?【おすすめ左手デ…




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

最新記事 Choice10

  1. iOS11 スプリットビュー 画面設定 iOS11でスプリットビューができない?! ←30秒で解決|方法を画像説明。
  2. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカ…
  3. Acer12型2in1PC Switch3を発表|筆圧1024ペン付属のSurf…
  4. iPhone Xの価格=日本人の給料19日分は妥当なのか (The real c…
  5. iPhone Xの新機能をiPhone 7/7 Plus/8/8 Plusと比較…
  6. 【HP x2 210 G2】10.1型2in1タブレットレビューまとめ|売れ筋だ…
  7. ASUS TransBook 3 T305CA 12.6型タブレット発表|iPa…
  8. 【ドスパラraytrektab DG-D08IWP開封レビュー評価】絵師に大好評…
  9. iPhone X 発売日・価格が決定!新機能をまとめてサクッと知りたい方へ
  10. Xiaomi 2017年新スマホ Mi Note 3の価格・発売日発表|iPho…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP