NEC LAVIE Tab E 8型、10型|タブレット初心者向けの安心メーカー品

NECから驚き格安価格のAndroid搭載タブレットが販売される。NECパーソナルコンピュータ製品ながら8型モデルのTE508/HAWで23,800円と格安。NEC製品というだけでかなり安心感があるが気になるのは仕様数値。NECのAndroidタブレットが買いかどうかを検証する。

NEC LAVIE Tab E 8型、10型モデル 8月3日販売開始

NECパーソナルコンピュータからLAVIE Tab Eシリーズの新製品が8月3日に販売される。NECということで安定を求めるユーザーにとっては大きな魅力だ。

8インチ、10インチサイズのAndroidタブレットは今各メーカーが売り出している激戦区。ASUSから販売されているZenPad,HUAWEIのMediaPad,Lenovo YOGA Tablet等当サイトでも紹介してきた製品が競合している。実際8インチのタブレットを筆者も使用しているが楽に持ち運べるうえに電子書籍も読める程よいサイズ感だ。

そんな激戦区にNECからも格安タブレットが販売される。数あるメーカーの中で今回販売されたNEC LAVIE Tabを選ぶ理由を考える。

NEC LAVIE Tab Eを選ぶ理由

NEC製という安定感

8インチサイズのタブレットを各メーカーが販売しているが正直なところ大差はない。とはいってもどこのメーカーにするかは大切な要素。特にあまり電子ガジェットをあまり購入することのない方にとっては知られていないメーカー品を買うのはリスクが大きい。

そんな方にとって日本のメーカーであるNEC製というだけでかなりの安心感がある。

NECの手厚いサポート

中華メーカーからもタブレットが販売されているがサポートは基本的に期待できない。初期不良品で返品などはAmazonで可能な模様。ただ使い方のサポートやFAQなどは手薄。これまでタブレットを使用したことがない方はサポートの手厚いNEC製のものがおすすめだ。

NEC製ながら8型が2万円台というお得感

価格帯2万円台という格安。一流メーカーながらこの価格帯なのはうれしいポイントだろう。同じ価格帯でNECと中華メーカーであればNECを選ぶ方が多いはずだ。

NEC LAVIE Tab Eの残念なポイント

8型液晶|解像度は割り切って選ぶ必要あり

8型の解像度が1280*800。8インチでこれだけの解像度があれば十分ではあるが他同価格帯のタブレットと比べると心もとない。液晶解像度は割り切って選ぶ必要がありそうだ。

SIM対応なし

残念ながらSIM対応はしていない。外出先でのネット接続はデサリングかWIFIのみとなる。この点も割り切ってのの利用となる。

これらのメリット、デメリットを抑えて選べばベストな選択ができそうだ。NECの安定感やサポートなどを合わせて考えると初めてのタブレット購入、あまり電子機器になれていない方向けの製品だ。

最後に製品の詳細仕様数値を見てみよう。

NEC LAVIE Tab E 10.1型モデル TE510/HAW

OS Android 7.1
CPU Qualcomm APQ8053(Snapdragon 625)
RAM 3GB
保存容量 16GB
液晶 10.1インチIPS
解像度 1920*1200
バッテリー 7,000mAh
サイズ 246.8 × 172.5 × 7.2 mm
重量 485 g

NEC LAVIE Tab E 8型モデル TE508/HAW

OS Android 7.1
CPU Qualcomm APQ8017(Snapdragon 425)
RAM 2GB
保存容量 16GB
液晶 8インチIPS
解像度 1280*800
バッテリー 4,850mAh
サイズ 210.9 × 124.2 × 8.4 mm
重量 340 g

ソース: LAVIE NEC Direct

 

 


関連記事

  1. SONYデジタルペーパー【DPT-RP1】読みやすさと書きやすさを追求した13.3型電子ペーパー

  2. BLUEDOT激安1万円7.9インチタブレット|レビュー評価まとめ(BNT-791W)

  3. LAVIE Tab E710のスペック・評判を徹底調査|レビュー高評価で期待のタブレット

  4. Galaxy S9 desighn

    【Galaxy S9/S9Plus 価格情報更新】デュアル口径レンズ高性能カメラに期待

  5. Honor Pad2 起動画面

    【Huawei Honor Pad 2開封レビュー】Media Pad T2では物足りない方向けSI…

  6. Galaxy Note8 日本発売日はiPhone 7sよりも先の9月か|スペック情報を整理

  7. Xiaomi最新スマホ MIX2 ディスプレイ占有率95%詳細スペック検証|iPhone 8対抗機と…

  8. GPD Pocket 価格・スペックを検証|内ポケットに収まるWinPCは男のロマンだ!

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2020年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Live2Dの無料版と有料版の違い|Live2Dは初心者におすすめ?に答えるペー…
  2. HUION ペンタブレット HS611 開封レビュー|音楽操作ボタンがついた異色…
  3. 【比較】Surface Go 2とiPad miniはどっちが買い?二台持ちのメ…
  4. AirPods Studio(Appleヘッドホン)の発売日・価格最新情報
  5. 【2020年版】iPhone対応スマートリングのおすすめベスト4|Suicaも使…
  6. Lenovo Yoga Smart Tab レビュー評価をまとめて大人気の理由を…
  7. おすすめヘッドセット2020年版|最高のノイズキャンセリングで会議を快適に!
  8. Chuwi Aerobook CHUWI AeroBook 30%OFF!HUAWEI,LENOVOタブレット…
  9. 【悲報?朗報?】MacBookProの充電を左側USB-Cですると右側の場合より…
  10. Zoomホワイトボードに手書きで書き込む方法|WEB会議におすすめのペンタブ

人気の記事 TOP5

  1. Chuwi Aerobook
PAGE TOP