XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較レビュー

XP-PEN Artist Pro 16 TPはタッチ対応、4K解像度の新型15.6インチ液タブ。XP-PEN Artist Pro 16 TPの検証動画も併せて実際に使ってみての評価をレビュー。

XP-PEN Artist Pro 16TP 液タブレビュー

Artist Pro TP samnail XP-PENから発売された15.6インチ液タブ、XP-PEN Artist Pro16TPを実際に開封して使ってみてのレビュー。まずはスペックをチェック。

XPPENArtist Pro16 TP SPEC

ペンの描画性能を表す筆圧検知や傾き検知などはXP-PENの他の機種と変わらないスペック。現時点での最高スペックともいえる。この製品の特徴はこちらの2点。

  • タッチ機能搭載

Artist Pro16TPはワコム以外のメーカーではほぼ初となるタッチ機能を搭載している。液晶に直接触れて操作できるのでより直感的な操作が可能になった。これはすごい!

  • 解像度 4K (3840*2160) ディスプレイ

XP-PENの16インチサイズ以下の液タブは全てフルHDだった。Artist Pro 16TPではついに4Kに対応した。これまでは16インチ4Kの液タブが欲しい方はワコムCintiq proを買うしかなかったけど、ついに他メーカーにも選択肢が生まれた。ユーザーにとっては嬉しいことだ!

XP-PEN Artist Pro16TPの気になる価格

ということで、XP-PENの中でプロ仕様の液タブ価格がこちら。

  • 111,000円

ただXP-PEN公式ストアでは定期的にセールを開催していて、10万円前後で手に入れられるようだ。

まずは【XP-PEN】 公式ストアでの購入検討をおすすめする。送料無料だし、公式ストア限定で保証が6ヶ月延長されるので選ばない理由がない。欲しい製品があるかどうかチェックしよう!

➡️XP-PEN公式ストアで見る!

現在のAmazonなどでの販売価格はこちらからご覧いただける。

 

Artist Pro 16TPを無印モデルとワコム液タブと比較

XP-PEN Artist Pro 16TPと比較してみる。比較対象は同じサイズの液タブたち。違いを生んでいるスペックを簡単にまとめた表がこちら。

XP-PEN Artist Pro16TP

もしタッチ機能対応の液タブが欲しいのであれば、ワコムとの価格差は約6万円。もちろん液タブにはスペックの数値以外にもペンの描き心地、ドライバの性能など数値化できない要素も多い。これまでずっとワコムペンタブを使ってきたユーザーなら、もうちょっとお金を貯めてCintiqProを選びたいところだ。そうでなければこのコスパの良さはかなり魅力的だ。

もし初めての液タブ購入の初心者、趣味でお絵描きを楽しみたい!というユーザーであれば、無印のXP-PEN Artist Pro16がかなり魅力的だ。すでに当サイトでもレビュー記事を上げているけれど、価格は半値だし豊富なエクスプレスキーも搭載。迷わずこちらがおすすめ。

 

XP-PEN Artist Pro 16TP開封レビュー

ここからは実際に開封して使ってみての感想をレビューする。梱包箱がこちら。

XP-PEN Artist Pro 16 TP Review

Artist Pro 16TPはXP-PEN15.6インチ液タブの中では最も高スペック高価格のフラッグシップモデル。梱包箱にもかなりこだわっている。

梱包内容がこちら。(Artist Pro 16TP本体、PH2ペン、ペンケース(替え芯9本同梱)、2本USB-C to USB-Cケーブル、2 in 1 ケーブル、電源アダプター、 2本指グローブ、クリーニングクロス、クイックガイド)

マニュアルは日本語にも対応している。

XP-PEN Artist Pro 16 TP レビュー

接続方法はいくつかある。

Artist 16Pro TP 接続方法

実際のポートがこちら。他の機種と違って高級感のあるグレードの高いケーブル。随所にフラッグシップモデル感が感じられる質の高さだ。

XP-PEN Artist Pro 16 TP 接続方法

もしパソコンにUSB Type-Cがあればその一本で完結できるシンプルさは魅力的だ。USB-Cの場合は、パソコン側のポートの種類よってはコンセントへの接続は不要。ちなみに検証環境であるMac Mini2018年の場合はコンセントへの接続は不要だった。

XP-PEN Artist Pro 16 TP 本体サイズ

本体もかなり軽くて取り回しがいいので、使う時だけさっと取り出して使う!という運用も問題ない。デスクスペースが限られている方にとっては朗報だ。

付属ペンがこちら。

XP-PEN Artist Pro 16 TP 液タブペン

ペンのスペックは現時点での最高レベル。細めのデザインで、太めのボールペンくらいの太さ。ワコムのプロペンなどは太めのデザインで、ドクターグリップくらいの太さなのでユーザーによっては細く感じるかもしれない。

グリップ部分の素材は少ししっとりしたプラスチック。長時間使用して手汗をかくと滑りやすそうだなと感じた。後付けでゴムグリップなどをつけても良いかもしれない。

そしてなぜかグリップ部分のサイドスイッチは1個のみ。安価なArtist Pro16(無印)モデルのペンは2個だったのになぜだろう、と思わざるをえない仕様。サイドスイッチにこだわりのある方は要注意だ。

XP-PEN Artist Pro 16 TPの描き心地、タッチの使い勝手

実際に描いてみての液晶のサイズ感がこちら。ファンクションキー類は一切ない。タッチモデルなので指で直接操作してね、ということだろう。ちなみにWacom Cintiq Pro16にもない。

XP-PEN Artist Pro 16 TP 描き心地レビュー

実際に描いてみての筆圧感知、ペン反応速度、タッチ機能の感度は動画でご覧いただける。

➡️PentabletClub Youtubeチャンネルで動画を見る!

動画でわかる通り、反応速度や筆圧感知はすごく快適でいい感じだ。XP-PEN Artist Pro 16 TP ペン筆圧チェック

左手でメニュー画面を操作しながら描画できる。例えば色を調整したりペンの太さを変えたり、キャンパスを拡大したりなどなど。

XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ機能レビュー

感度はiPhoneほどのキビキビ感はない。とはいえペンの太さ変更などはストレスなく直感的に操作できた。キャンパスの拡大縮小も2本指でピンチアウト、ピンチインで操作できた。反応速度は動画でご覧いただける。

Mac OSであれば4本指スワイプで画面切り替えも可能。

XP-PEN Artist Pro 16 TP スワイプ

タッチ機能はWacom Cintiq Proと比べても遜色ないレベル。反応速度はiPadほどキビキビ反応はしてくれない。一瞬だけれど指で操作してからワンテンポ置いて反応する感じだ。

この辺りは液タブの性能というよりもMacOSの限界を感じた。タブレット用のOSではない以上タッチ機能の反応速度はそれなりということを踏まえて選ばないとガッカリするかも。

ペン先と描画位置の視差

XP-PEN Artist Pro 16 TP 視差をチェック

XP-PEN Artist Pro 16 TPはフルラミネーションディスプレイで、視差を最小限に抑えている。実際つかてみると確かに大きな視差は感じなかった。15.6インチサイズであればディスプレイガラスも薄めにできるので、視差はより少ない。

レビューまとめ

XP-PEN液タブの他機種との最大の違いはタッチに対応したこと。

タッチ機能はワコムのCintiq Proと比べても遜色ない使い心地だった。この性能で同サイズのワコムCintiq Pro16よりも約35%安く手に入れられるのは大きなポイントだ。

逆に、タッチ機能・4K解像度にこだわらないのであれば、約半値の5万円でArtist Pro 16(無印)をゲットできる。ペンの描画性能に関して全く同じスペックなので、純粋にタッチ機能と解像度が自分に必要かを考えて選べる。

タッチ機能を熱望していたユーザーにとっては、現時点で最も安い値段で手に入れられる液タブだ。自分が欲しい機能を整理してから選べばベストバイができるはず!よく選んで快適な液タブライフを!

まずは【XP-PEN】 公式ストアでの購入検討をおすすめする。送料無料だし、公式ストア限定で保証が6ヶ月延長されるので選ばない理由がない。欲しい製品があるかどうかチェックしよう!

➡️XP-PEN公式ストアで見る!

現在のAmazonなどでの販売価格はこちらからご覧いただける。


関連記事

  1. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと

  2. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外にいいぞ!

  3. xp-pen artist reviw

    【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地レビュー

  4. 【液タブで使えるスタンド】プロがおすすめする決定版BEST4

  5. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー

    HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液タブを徹底比較

  6. HUION GT-220内容物一覧

    HUION液タブGT-220開封レビュー|価格7万円以下に下がり買い時到来

  7. lenovo yoga book

    YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

  8. 【Parblo Mast13】2020年新型13.3インチ新型液タブのスペック・価格

最新記事

  1. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  2. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  3. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  4. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…
  5. XP-PEN Artist Pro 16(2021年モデル) 液タブレビュー|動…
  6. ペンタブで使える最強左手デバイスTourBox Eliteの新世代を発表!
  7. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW XP-PEN Deco Pro SW使用感レビュー|Bluetooth対応でiP…

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP