【GAOMON 液タブPD1560徹底検証】3.8万円業界最安15.6型液タブの実力

GAOMONの液タブPD1560は価格が3.8万円という安さで話題!GAOMONのペンタブを数機種使ってきたライターが買いかどうかスペック詳細を徹底検証する。15.6インチ液タブの中で最安だが本当に使えるレベルかレビューも合わせて検証。

GAOMON 液タブPD1560発売開始!価格は業界最安値

これまでペンタブレットを数種類発売しているメーカーGAOMON。まだ日本ではそれほどメジャーなメーカーではないけれど、実際にペンタブを使ってみるときちんとしたつくりで安っぽさや造りの甘さは全く感じない

HUIONとほぼ同じレベルで、ワコム以外のペンタブメーカーの中で高いレベルの製品を販売している。1年間の保証がついており、日本語でのサポートが受けられるのも特徴だ。

そんなGAOMONから液晶15.6インチの液タブが発売開始!上部画像のPD1560だ。まず注目なのはその安さ。現在のAmazonでの価格がこちら。

 

現時点で約38,000円と、液タブ15.6インチの中では最安値だ。ちなみにワコムCintiq Pro16は約17万、HUION15.6インチで約7万円なので価格設定の点で大きくリードしている。

こちらの機器を実際に開封して使ってみてのレビュー記事も投稿している。実際の描き味やサイズ感などを詳しく伝えているので是非ご覧あれ。

ここではメーカー公式HPから液タブで気になるポイントをピックアップして詳しく見てみよう。

GAOMON 液タブPD1560 詳細スペック検証

GAOMON 液タブペン|筆圧8192レベル

まずはデジタルペイントの基本となるペンに注目。筆圧レベルは現時点で最高水準の筆圧8192レベル。この価格でこちらの技術を採用しているのはすごい!まだ筆圧8192レベルに対応している15.6インチの液タブは多くないのでうれしいポイントだ。

ペンのサイドにショートカットキーが2つ付属。ただペンは充電式。他中華メーカーと同じくUSBケーブルをペンテール側に接続して充電するようになる。重さが気になるかもしれないけれど最近のものは電池不要のものと同じ軽さとなっている。

液晶15.6インチIPS|フルHD解像度

液晶サイズ 15.6インチ
解像度 1920×1080
縦横比 16:9
液晶形式 IPS
視野角 178度

続いては液晶だけどこちらも非常に優秀。まず解像度はフルHD、液晶形式もIPSなので角度による見え方の変化もない。また縦横比が16:9と今一般的に売られているノートパソコンと同じなのもポイントだ。デジタルペイントをするならこのくらいの縦横比が一番使いやすい。

GAOMON 液タブ

そして液晶左側にファンクションキーが10個ついている。ペイントソフトのショートカットキーをこちらに割り当てることができる。その左手に見えるボタンはおそらくOSDメニューキーだ。なので液晶本体側である程度の画面の明るさや色温度を調整できるはず。こちらは15.6インチサイズの液タブでは珍しい。非常に優秀なポイント。

本体サイズ、スタンド

GAOMON 液タブ スタンド

スタンドの画像がこちら。見ると他中華メーカーと同じデザイン。おそらくこういった形で角度を調整できるはずだ。ちなみのこちらはHUION GT-220のスタンド画像。

HUION GT-220スタンド

実際に使用したが鉄製のスタンドでずっしりしている。かなりしっかりしたつくりなので多少のことでぐらつくことはないだろう。本体のサイズ感がこちら。

GAOMON 液タブ 液晶サイズ

ちなみに重量はモニターが1.525kg、スタンドが0.485kg。合わせて約2kg。外形サイズが452.4 x 252 x 19.5mmなので持ち運んで外出先で作業することも可能。付属品としてポーチもついてくるのでメーカーとしても持ち運んでの使用を想定して作られている模様。

GAOMON PD1560|対応ソフトウェア

GAOMON 液タブ 対応ソフト

対応ソフトウェアについてメーカーHPではPS,SAI,AI,CDRとなっている。代表的なペイントソフトはすべて利用できることが確認済みの模様。もちろんWindows OS、Mac OSにも対応したドライバーがインターネットからダウンロードできる。

万が一のサポート体制|日本語対応可

サポートも大切な部分。中華タブレットだがGAOMONの場合は1年間の無償保証がついている。さらに日本語でのサポートも可能だ。実際にGAOMONの担当の方に確認を取ったが、日本語での問い合わせの方法は2つ。メールでservice@gaomon.netへ問い合わせるか、公式ホームページのオンラインチャットで問い合わせることが可能とのことだ。

GAOMON PD1560スペック検証まとめ|買い?

簡単にGAOMONから発売されているPD1560のスペックを検証した。冒頭で書いたように価格が4万円を切るという格安設定ながらも、スペックは非常にしっかりとしていてスキのない印象。特に注目なのはペンの筆圧レベルが8192レベルだということ。そして液晶もしっかりとフルHD解像度、IPS液晶だということ。

実際にレビューもいくつか上がってきているけど、問題なく使用できておりなかなか好評な模様。この評判にもうなづけるスペックだと感じだ。ペンが充電式ということが若干残念だけど、それを補っても余りある機能を搭載している。ワコム以外の液タブの中でも非常に安い部類に入るだけにかなりねらい目の製品だと感じだ。現在のAmazonでの価格はこちらからご覧いただける。

 

今後のGAOMON製品にも期待だ。新しい製品の情報が入り次第引き続きこちらのページでご紹介していく。Twitterでも配信しているのですぐに情報が欲しいという方はこちらからFollowを。

更に面白い取り組みだが、現在GAOMONでは全額払い戻しキャンペーンを行っているとのことだ。上記のAmazonGAOMON公式ストアから購入し、下記の条件を満たせば全額払い戻される。

  • 1GAOMON 公式ストア 2017101から1130までPD1560を購入する。
  • 2 レビュー動画を Youtubeにアップロードする      
  • 320171231日までにこの動画で20,000以上のビューと3,000個の好きを得る(データは実際のものでなければならない)

先着3名までで、上記条件を満たしてservice@gaomon.netに送ると良いとのこと。Youtuberの方なら可能な数値かもしれない。とにかくただで手に入れられるチャンス。


関連記事

  1. XP-PEN液タブArtist12 開封レビュー|初心者へおすすめ最安モデルだが描画能力は良い!

  2. 【Wacom Oneと中華液タブ徹底比較】4万円台で買えるワコム13.3型液タブの実力

  3. HUION MiniKeydial KD 100 Review

    HUION Mini Keydial KD100実機レビュー|ペンタブ専用の左手デバイス設定方法

  4. Blender 液タブ おすすめ

    Blenderにおすすめの液タブ|3DCGソフトに使えるコスパ抜群の3台

  5. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) / Kamvas Pr…

  6. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ

    【2021年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較

  7. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16 Proどっちが買い…

  8. GT-156 V2 デザイン

    【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円!

最新記事

  1. XP-PEN ブルートゥースペンタブ Deco MW / Deco LW 比較レ…
  2. Artist 10 レビュー XP-PEN Artist 10 セカンド|実機レビューでサイズ感を徹底検証
  3. Ultenic D5sPRO Ultenic D5sPRO ロボット掃除機|1ヶ月毎日使ってみてのレビュー
  4. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  5. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  6. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  7. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP