PowerPointで使えるワコムペンタブレットはどれ?徹底検証結果発表!

仕事などでPowerPoint使っている人に最近選ばれているワコムペンタブレット。使ってみたいけどこれまで一度もペンタブを使ったことがないという人のための情報のまとめ。PowerPointで使えるペンタブはどれかを徹底比較検証。実際に使いだすまでの手順もあわせてご紹介。

PowerPointでペンタブを使うメリット、デメリット

ペンタブとはペンでマウスの代わりに操作できるアイテム。マウスだと細かい操作や、直感的な操作はどうしても難しくなるがペンなら普段鉛筆で線を引くように操作できるのでPowerPointを仕事で使っている人に多く選ばれている。実際に使ってみてどんなメリット、デメリットがあるのかをご紹介!

ペンタブを使うメリット

  • 文字が書きやすい!

PowerPointで説明をするときにちょっとした説明などをメモ書きしたい時がある。そういう時ペンだとどうしてもいびつな形になってしまうがペンならスムーズにきれいな字を書くことができる。しっかりとした文字をかけると説明に説得力を加えることができる。単純なことだがこういったことがプレゼンに大きな影響がでるものだ。

  • 直感的に線を引ける!

表を説明するときにポイントとなる部分や動きを線で表現するのがカギになるが、マウスだとちょっともたもたする感は否めない。ペンならきれいに線が引けるだけではなく、自分が強調したいタイミングで強調したい部分をしっかりとピックアップができる。単純にきれいに書けるだけではなく自分の思いをすぐに直感的に伝えられるのもポイントだ。

ペンタブを使うデメリット

  • 操作に慣れるまでちょっと時間がかかる。

ペンタブは目線は液晶、手元はペンとタブレットになるので操作に慣れるまで少し時間が必要になる。マウスと要は同じになるわけだがはじめは少し戸惑うことがある・ただテレビで蛭子さんも数分でマスターしていた。不器用な人でもすぐに使えるようにはなるでしょう。

intuos

 

PowerPointで使えるワコムのペンタブはどれ?比較検証

今市場で出ているペンタブで広く使われているのは株式会社ワコムのペンタブレットの一択となっている。中国の格安メーカーからも出てはいるが質の差は歴然。日本だけではなく世界的に見てもほとんどのシェアをワコムが握っている。そんなワコム社の中でPowerPointで使うのにおすすめなペンタブを比較検討してみよう。

CTL-490 IntuosDraw

特徴:ペンタブのシリーズの中で価格が一番お手頃。だが筆圧などの機能はほかのものと全く同じ。大きさも大体B5くらいのサイズなので持ち運びにも便利だ。

もう一つの特徴がタッチ機能がない。ということ。もし指で触っての操作をしない場合は逆に誤動作を生むためなしのほうがいい。

 

CTH-490 IntuosArt、IntuosComic

特徴:上で紹介したIntuosDrawとの違いは3点。

  1. 手で触って反応があるタッチ機能が搭載されている。
  2. 付属されているソフトウェアがことなる。
  3. 価格が数千円高い。

ただ違いの2つ目に関してはソフトウェアなのであまり関係のないところ。ペンタブはお絵かきで使われることが多いのでペイントソフトが付属されている。PowerPointで使うことが決まっているならあまり気にしなくていいポイントだ。

ポイントはやはり指で触って反応があるタッチ機能の有無になる。普段ノートパソコンのトラックパッドを使っている人にとってはなじみのある動作になるが、普段マウスのみ使用の場合はあまり魅力を感じない。逆に思わぬところで指が板に触れて動いてしまうこともあるのでPowerPointで使うにはあまり必要ではない機能。

まとめ:PowerPointで使うならこのIntuosDrawがオススメ

 

➡ Amazonでの最安値はこちら!

ワコムストア楽天市場店で最安値はこちら!

 

 

PowerPointでペンタブを使いだすにはどうすればいい?

セットアップはパソコンにドライバをインストールするだけ。そのあとはUSBを接続するだけで反応が出るのでいたってシンプルだ。特別な設定なども一切必要ない。マウスでできていたことがすべてペンでできるようになる。

特に特筆するべきことがないほど簡単なので買えばすぐ使えると考えていい。

会社でのプレゼンなどでぜひ利用してほしい。しっかり準備して使いこなせばプレゼンの説得力を高めて他と差別化を進めることができそうだ。


関連記事

  1. Windows10対応ワコム液晶タブレットを一覧でチェック

  2. GAOMON ペンタブ 箱

    【開封レビュー】GAOMONペンタブM106K|28個のショートカットキーが特徴

  3. プロペン2の性能・形状を前機種ペンと徹底比較|筆圧8192レベルの描き味

  4. 液晶タブレットとペンタブレットの違いとは?

  5. ワコムCintiq Pro13,16インチ新型液タブは買い?【4K接続レビューのまとめ】

  6. Windows10対応のワコムペンタブレット一覧

  7. HUION g10t

    【HUION売れ筋ペンタブ】仕様一覧にしてまとめました【H610,1060Plus,H420,WH1…

  8. Cintiq Pro 16が3月4日にFCCを通過|2017年春発売は間違いなさそうだ!




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

最新記事 Choice10

  1. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカ…
  2. Acer12型2in1PC Switch3を発表|筆圧1024ペン付属のSurf…
  3. iPhone Xの価格=日本人の給料19日分は妥当なのか (The real c…
  4. iPhone Xの新機能をiPhone 7/7 Plus/8/8 Plusと比較…
  5. 【HP x2 210 G2】10.1型2in1タブレットレビューまとめ|売れ筋だ…
  6. ASUS TransBook 3 T305CA 12.6型タブレット発表|iPa…
  7. 【ドスパラraytrektab DG-D08IWP開封レビュー評価】絵師に大好評…
  8. iPhone X 発売日・価格が決定!新機能をまとめてサクッと知りたい方へ
  9. Xiaomi 2017年新スマホ Mi Note 3の価格・発売日発表|iPho…
  10. Xiaomi2017年最新スマホ Mi MIX2 発売日・価格決定|意外な安さに…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP