【開封レビュー】GAOMONペンタブM10K|電池不要ペン対応モデル

GAOMONから販売されている電池不要ペン対応のペンタブの開封レビュー。ワコム以外で電池レスペンは珍しい。実際に開封、使用してみてのレビューをご紹介する。

GAOMONペンタブ M10K

gaomon m10k konpou

ご紹介するのはGAOMONから出されている格安のペンタブレットM10Kだ。GAOMONはペンタブレットを販売する中国のメーカー。比較的新しいメーカーだが出される製品はどれも安定しており上質だ。現在のAmazonでの最安値がこちら。

注目の特徴がこちら。

  • 電池不要ペン
  • 筆圧:2048レベル
  • エクスプレスキー:10個
  • 価格:10,099円

では実際に実機をGAOMON様よりご提供いただけたので開封してのレビューをご紹介していこう。

GAOMONペンタブ M10K 開封レビュー

m10k

開封していくが梱包品がこちら。いたってシンプル。梱包品がこちら。

  • ペンタブ本体
  • USB接続ケーブル
  • 電池不要ペン、ペンケース
  • ペン替え芯、芯抜きホルダー、ペン芯ケース
  • マニュアル

特徴が梱包箱裏側に列挙されている。

gaomon m10k hako

実際に使ってみてのレビューを注目の仕様数値も合わせてみてみよう。

付属ペン|筆圧2048レベル、電池レスペン

gaomon m10k pen

この機種の最大の特徴が電池不要のペン。ワコム以外で電池レスのペンはあまり多くない。筆圧は現在のスタンダードの2048レベルペン先は細めの設計。実際に描いてみてペン先の沈み込みは浅めだ。これまでワコムのペンタブを使っていた方もスムーズに移行できそうだ。

gaomon m10k hukuro

ペン関係で特徴的なのが付属のペンケース。これだけかわいらしいペンケースがついているのは珍しい。パッケージのデザインともに全体的にかわいらしくて女性に喜ばれそうだ。

ペンタブ本体 ファンクションキー10個

gaomon m10k express key

ファンクションキーは10個。押すとカチッと音がして押した感触を強く感じるタイプ。更に中央部に指を滑らして数値へ上下できるタッチホイールが装着されている。感度は非常に良い。

パソコンとの接続部分がこちらでUSBケーブルで接続する。

gaomon m10k botan

GAOMON ペンタブ実際使ってみての感覚レビュー

gaomon tsukai

サイズ感は上部の写真の通り。ワコムでいうとMediumサイズだ。腕を使って大きく描くタイプの方にも対応できる大きさだ。大きすぎると感じてもプロパティ設定画面でペン反応範囲を調整できるので問題ない。大は小を兼ねるのだ。

実際にPhotoshopで筆圧感知の様子を見てみる。

gaomon kakiaji

筆圧感度は2048レベルだが非常に良い。ペンの滑り具合、摩擦係数は若干高め。つるつる滑る過ぎることはない。ペン先が板に触れた瞬間はカチカチと音がして感触は硬めだ。

ペン描画の遅延などは一切感じない。ペン遅延に関してはパソコン性能とソフトウェアにもよってくるが、Corei3の貧弱なノートパソコンでも問題なかった。

描き心地レビューまとめ

実際に使ってみて描き心地はなかなか上質でおすすめだ。ワコム以外のペンタブのレベルは非常に上がっている。様々なワコム以外のメーカーからペンタブが出ているが正直なところ大差はない。変わってくるのは若干のデザインとペンの描き心地。

今回レビューしたGAOMON M10Kも本格的なデジタルペイントで十分使用できるレベルだった。なによりも、1万円台で購入できるのは非常にコスパが良い。特徴なのは電池レスのペンだ。現在のAmazondでの最安値はこちらからご覧いただける。

以上GAOMONから販売されている筆圧2048レベル電池不要ペンのレビュー。まだ実際に使ってのレビューがないので参考にしていただければ幸いだ。


関連記事

  1. デジタルイラスト完全ガイド|初心者が始めるまでの3ステップ詳しく紹介

  2. 【おすすめの液タブBEST3】安い価格で賢く選ぶための情報まとめ

  3. 液タブとは|ペンタブとどっちが良い?迷っている方に見て欲しい情報

  4. PowerPointで使えるワコムペンタブレットはどれ?徹底検証結果発表!

  5. GAOMON ペンタブ 箱

    【開封レビュー】GAOMONペンタブM106K|28個のショートカットキーが特徴

  6. IntuosとIntuos Proの違いとは?価格と仕様を検証しての選び方ガイド

  7. intuos-pro

    【Wacom Intuos Pro】仕様と価格徹底検証!2017年新製品ペンタブの実力

  8. HUION g10t

    【HUION売れ筋ペンタブ】仕様一覧にしてまとめました【H610,1060Plus,H420,WH1…




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. HUION H610 Pro review 【HUIONペンタブH610PRO開封レビュー】ショートカットキー24個が特徴
  2. 【Amazonプライムデー2018】お買い得なタブレットまとめ(Huawei,K…
  3. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  4. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  5. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  6. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  7. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  8. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  9. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  10. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP