iPhone Xの価格=日本人の給料19日分は妥当なのか (The real cost of an iPhone調べ)

iPhone Xの価格が999ドルと発表された。英国のThe real cost of an iPhoneというサイトで各国のiPhoneを購入するための価格帯を検索できる。日本の場合は最低賃金の給料の19日分。携帯電話1台にこれだけの時間をかける価値があるのか。iPhone XまでのiPhoneの価格の推移も一覧で紹介。iPhone Xは10年前のちょうど2倍の価格だ。

iPhone Xの価格=日本人の給料19日分|安い?高い?

英国のサイト、「The real cost of an iPhone」で各国の最低賃金で働いた場合iPhone購入のために何日必要なのかを検索できる。(1日8時間労働)ちなみに日本の結果がこちら。

iPhoneX 999ドルを購入するためには最低賃金の場合152時間必要。1日8時間労働で19日分だ。もちろんそれぞれ職種で賃金は異なるのであくまで参考価格。ちなみ他の国で調べるとこういった結果だった。

国名 必要時間 必要日数(1日8時間労働)
アメリカ 137時間 17.2日
オーストラリア 73時間 9.2日
イギリス 98時間 12.3日
中国 1148時間 143.5日

各国の貧富の差の大きさにもよるが、中国の場合は約半年をかけて購入する高級品になっている。もちろん富裕層にとっては難しい価格ではないはずだ。だが少し前に中国の若者がiPhoneを購入するために自分の臓器を販売したというショッキングなニュースが流れていた。現行iPhoneは臓器を販売しても購入できなくなったというブラックジョークが中国で流れている。

日本の場合で19日間。この数値をどう受け取るかは読者次第。ただ興味深いデータではある。iPhone の価格の推移も見てみよう。

iPhone 歴代の価格推移

iPhone発売年 シリーズ名 販売開始価格(ドル)
2007 iPhone 499
2008 iPhone 3G 599
2009 iPhone 3GS 599
2010 iPhone 4 649
2011 iPhone 4S 649
2012 iPhone 5 649
2013 iPhone 5S 649
2013 iPhone 6 649
2013 iPhone 6 Plus 749
2015 iPhone 6s 649
2015 iPhone 6s Plus 749
2016 iPhone 7 649
2016 iPhone 7 Plus 769
2017 iPhone 8 699
2017 iPhone 8 Plus 799
2017 iPhone X 999

今からちょうど10年前にあたる初代iPhoneの価格は499ドルだった。10年たってちょうど2倍の999ドル。狙ったわけではないかと思われるがきりは非常に良いわけだ。ただユーザーにとって喜ばしいニュースではない。

こうして一覧表で見ると、通常サイズが649ドル、Plusサイズが約749ドルという時期がしばらく続いていた模様。ここにきて一気に値上げした印象だ。この価格の価値がiPhone Xには果たしてあるのか。最新iPhoneの詳細スペックはこちらの記事で詳しく説明しているのでご覧あれ。

10周年に発表されたプレミアムモデルといえるiPhone X。価格帯もそれにふさわしく過去最高となった。ここまで上がってくると高性能なノートパソコンが余裕で購入できるだけに検討する要素も増えてくるはずだ。

ただ、

さすがAppleというべきか、iPhone X 欲しい!と思わせる新機能満載だ。発売日はまだ少し先これから少しお金を貯めて購入を真剣に検討するか。。。

 


関連記事

  1. 【2017年版iPad第五世代を選ぶべき人】iPad Proと比較して出た結論

  2. iphone8 デザイン

    iPhone8発売時期は2017年9月ごろが濃厚|入荷はさらに遅れる可能性大

  3. iPhone X 発売日・価格が決定!新機能をまとめてサクッと知りたい方へ

  4. apple pencil2

    新Apple Pencil2?2017年3月に発売|筆圧レベルがアップする?

  5. iphone8

    2017年新発表のiPhone7s,iphone8の噂まとめ|発売日は10月になるのか

  6. app sale

    App Storeの人気ペイントアプリ最大95%OFF120円均一セール中!

  7. iPhone 8 Pro発売日間近か|HomePodファームウェアで新機能・デザインが明らかに

  8. Apple Pencil 液タブのプロがレビュー|ペアリングから充電までの使い方ガイド




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  2. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  3. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  4. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  5. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  6. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  7. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  8. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  9. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  10. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…

人気の記事 TOP5

  1. 登録されている記事はございません。

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP