【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシュにするガジェット

INFOBARの新作INFOBAR xvが2018年秋にKDDIから発売される。藤澤直人氏デザインの懐かしいデザインが復活!スマホの便利さが生活を複雑にして余裕がなくなってきた気がする今日この頃。INFOBAR xvで生活をよりシンプルにしたい方におすすめ。

INFOBAR xvが2018年秋に発売開始

INFOBARは2003年にauから発売されたデザインケータイ。手にするたびに幸せな気分になれるような「愛しく心地いいコミュニケーションのかたち」がコンセプトだ。何よりも洗練されたデザインが特徴。世界中で美しいデザインが受け入れられ2007年にニューヨーク近代美術館MoMAの永久収蔵品に選定されたほどだ。筆者である私も個人的に大好きで3台連続でINFOBARに機種変したほど。

2018年にINFOBARの新作である「INFOBAR xv」が発売開始される。これは欲しい!と思うユーザーも多いはずなので詳しいスペックとデザインを調べてみた。

INFOBAR xvのデザインと詳細スペック

上部の画像が発売される3種類。形とカラーリングは初代とほぼ同じ。変更されたのは左上に合ったアンテナがカットされたことだ。どうでもいいが私が初代INFOBAR使っていたころ、アンテナ部分のでっぱりが気に入らなくて自分でカットした覚えがある。やっぱりこの形がいいよね。

初代では実現できなかったフレームレステンキーを採用したデザイン。初代INFOBARを使った方ならわかるかもしれないがボタンが端まであるので右下と左下のボタンが片手持ちだと超絶に打ちにくい。今回フレームレステンキーということで打ちにくさに磨きがかかっているはずだ。ただそんなことどうでもいいと思えるほどの美しいデザインで大好きだった。

詳細スペックを見てみよう。

ディスプレイサイズ 3.1インチ
解像度 WVGA
外形サイズ 48×138×14mm
カメラ 800万画素
外部メモリ microSDHC(最大32G)
電池容量 1,500mAh
価格 未定

更にスマホと連携してスマホの音声アシスタントを呼び出すことができる「スマホ音声アシスタント呼び出し機能」が搭載されている。電話で話すスタイルでGoogleアシスタントやSiriを利用できる。スマホとの2台もちも視野に入れて設計されている。

INFOBAR xvに期待すること

INFOBAR xvはスマホではない。あくまで4G LTEケータイだ。タッチパネルにも対応していないので操作はボタンのみ。画面を素早くスクロールしようと思ってもボタンを連打するしかないし複雑なスマホゲームはもちろんできない。

ただ、15年前INFOBARを使っていたころは全く不便には感じていなかった。逆に今スマホがあることで信号待ちの30秒でさえ仕事のための情報収集に使うことになってしまった。別にやらなくても良いスマホゲームに睡眠時間を奪われている。生活をよりスマートにするためのスマートフォンが生活をより複雑にするという矛盾に直面している。

こういったスマホの恩恵に伴って受けている悪影響からちょっと距離を置きたいなと思っている方も多いはずだ。INFOBAR xvで生活をよりシンプルにすればもっと毎日が充実するかもしれない。と思っている方も多いのでは?


関連記事

  1. xiaomi mi6梱包箱

    【xiaomi mi6実機レビュー】スペック・価格を検証|対応バンド一覧

  2. 【HP ZBook x2 G4】ワコムペン採用|本気の絵描き仕様液タブを発表

  3. SIMフリースマホの定番 ASUS ZenFone 5の評価|5/5Z/5Q徹底比較

  4. HUAWEI MediaPad M3 lite 10 wp|レビュー評価のまとめ。おすすめカバーも紹…

  5. iPhone 8ではなくGalaxy Note 8を選ぶ理由| 日本での発売日・価格に期待

  6. 【Lenovo Xiaoxin TB開封レビュー】3万円以下で高性能なタブレットをお探しの方におすす…

  7. ASUS TransBook 3 T305CA 12.6型タブレット発表|iPad Pro対抗機とな…

  8. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカバー情報




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  2. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  3. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  4. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  5. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  6. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  7. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…
  8. raytrektab DG-D10IWP design 【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレット…
  9. 【ワコム液タブ 2018年末特別セール情報】Cintiq Pro13が64,80…
  10. Amazonサイバーマンデーで安く買える液タブ厳選5機種

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP