ASUS ZenPad 3S 8.0のスペック|日本での発売日や価格に期待

ASUSから人気のZenpad 3の後継機、Zenpad 3S8.0のスペックが一部伝えられている。注目のスペック数値を見てみよう。前機種のASUS Zenpad 3とも比較して検証する。日本での発売日・価格にも期待だ。

ASUS Zenpad 3S 8.0のスペック

ASUS ZenPad 3S 8.0

ASUSプレスイベントでZenpad 3S 8.0の展示がされている。その模様を@rquandt氏がTwitterで伝えるているのでご紹介する。背面の画像も紹介されている。

ASUS ZenPad 3S 8.0 外観

液晶は前ZenPad 3S 8.0と同じ7.9インチだ。画面解像度は2K。美しい画面に期待。

スペック仕様表

ASUS ZenPad 3S 8.0 スペック

スペック表もイベントで公開されていた模様だ。前機種と比較した表がこちら。

ZenPad 3 ZenPad 3S
液晶サイズ 7.9インチ 7.9インチ
解像度 2048×1536 2048×1536
CPU Snapdragon 650 Snapdragon 652
メモリ 4GB 4GB
記憶容量 32GB 64GB
バッテリー 4680mAh 4680mAh
OS Android 6.0.1 Android 7.1
カメラ 背面:800万画素

前面:200万画素

背面:1300万画素

前面:500万画素

表で記載されているようにスペックアップしているのはCPU,OS,搭載カメラ能力だ。CPUがSnapdragon 650からSnapdragon652にスペックアップしている。

インカメラはASUSのカメラ技術PixelMaster搭載の500万画素。背面のメインカメラは1300万画素、F値2.0、LEDフラッシュを搭載している。

更にこちらは仕様表に現れない特徴だが、本体厚さ6.9mmのウルトラスリムアルミニウムボディにも期待だ。ダイヤモンドカット加工となっているベゼルデザインんも高級感を醸し出している。仕様スペック自体はハイエンド向けではなく、ミドルハイ仕様。ただデザインに安っぽさはなく洗練されたイメージだ。前機種は本革レザー風の素材だったが今作のデザインの方が今っぽくて良い。

ASUS Zenpad 3Sを待つべきか

前機種と比較すると基本性能はすべて同じだが内部CPUやカメラ性能が若干スペックアップしている。ただ処理速度の変化を肌で感じられるスペックアップかというとそうでもないだろう。他に注目なのはカメラ性能。前機種の搭載カメラの評価があまり高くなかっただけに、解像度を上げカメラ性能をアップしていることは評価できる。

ただ新製品の発売を絶対に待つべきスペックアップかというとそうは感じない。もともとライトユーザー向けの機種。そういったユーザーからすればZenpad 3(前機種)で既に十分使えるレベルなのだ。まだそんなに購入を焦っていない方であれば新製品ZenPad 3Sの販売開始を待つこともできるが、今すぐほしいという方であればわざわざ待つ必要もない。現行品のAsus Zenpad 3購入を検討しても良さそうだ。

Asus Zenpad 3はすでにAmazonでも販売されている。現在の最安値はこちらからご覧いただける。

ASUS Zenpad 3Sを待ちたい方も多いはず。現時点で発売日や価格は発表されてない。発表され次第こちらのページ、そしてTwitterでご紹介していく予定だ。

同じシリーズのASUS ZenPad 3S 10 LTE二も注目だ。ワンサイズ大きいタブレットをお探しの方にお勧めの9.7型縦横比4:3モデルだ。

ASUS ZenPad 3S 10 LTE 詳細スペック

詳細スペックをまずは一覧でチェックしてみよう。参考までにワンサイズ下の7.9インチモデルと比較する。

ZenPad 3 ZenPad 3S 10
液晶サイズ 7.9インチ 9.7インチ
解像度 2048×1536 2048×1536
CPU Snapdragon 650 Snapdragon 650
メモリ 4GB 4GB
記憶容量 32GB 32GB
バッテリー 4680mAh 4680mAh
OS Android 6.0.1 Android 7.1
カメラ 背面:800万画素

前面:200万画素

背面:800万画素

前面:500万画素

9.7インチASUS ZenPad 3S 10の特徴は画面アスペクト比が4:3ということだろう。iPad等で採用されている比率でユーザーによっては魅力的な仕様。特に電子書籍閲覧が主な用途であればかなり使いやすいだろう。また内蔵スロットが32GBのみなのが気になるかもしれないが、microSDスロットを搭載しているので拡張性はある。

ZenPad 3 8.0と比較しているが使い勝手で一番異なるのがホームボタン。8インチはタッチ式だったが9.7インチは物理ボタンとなっている。他にも9.7インチでは指紋認証が廃止されている。こちらも実際使っていくにあたって大きな違いだ。

現在のAmazonでの販売価格は45,000円を切っている。かなりお買い得になっているだけに注目だ。現在の最安値はこちらからご覧いただける。


関連記事

  1. LENOVO 8インチ RAM4G/ROM64G タブレット格安セール byGearBest

  2. Lenovo P8 タブレット 1.4万円|GearBest Tablet SALE情報

  3. BLUEDOT BNT

    BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-801W】

  4. ASUS ZenFone 5日本から購入できるぞ!【4.9万円】詳細スペックをチェック

  5. VANKYOとは

    VANKYOとは|格安タブレットで人気のメーカー|レビューまとめ

  6. iPhone12 mini Pixel 4a スペック比較

    5インチサイズ高性能スマホのおすすめ|iPhone12miniとPixel 4a比較レビュー

  7. シャオミ スマートバンド(xiaomi Mi Band 5)を発売!14日充電不要で最高の睡眠計測|…

  8. 【スマートウォッチ開封レビュー】1.5万円 コスパ最強丸形フォーマルデザイン|X5 Plus Sma…

最新記事

  1. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  2. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  3. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  4. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?
  5. ワコムストアでアウトレットセール開催!最大29%OFFで買えるチャンス
  6. 2021年 Amazonプライムデー 液タブセール 【2021年】Amazonプライムデーで買える液タブ・ペンタブまとめ
  7. HUION MiniKeydial KD 100 Review HUION Mini Keydial KD100実機レビュー|ペンタブ専用の左手…

人気の記事 TOP10

  1. お絵描き配信 オススメの方法
PAGE TOP