HUAWEI P10実機レビュー|スペックをiPhoneと比較|価格・発売日最新情報

HUAWEIのスマートフォンP9は日本でも大ヒットだったが、2017年にHUAWEIの最新機種、P10を発表した。HUAWEI P10の実機を触ってきたのでレビューする。もってみてのサイズ感、デザインを評価。処理能力スペックをiPhoneと比較。発売日も発表され次第ご紹介する。

HUAWEI P10、P10 Plusの発売日・価格

HUAWEI P10だが世界では順次発売開始されている。中国やオーストラリア、北欧等では2017年3月に発売開始している。価格はヨーロッパで649ユーロ。(約77,000円)

日本での発売日・価格決定:2017年6月9日|Amazonで販売開始

日本での発売日が決定した。2017年6月9日から販売開始される。そして日本での販売価格も決定している。

日本での販売価格
P10 65,800円
P10 Plus 72,800円

そしてすでに正規代理店からAmazonで販売中。現在の最安値はこちらからご覧いただける。上記の価格よりも数千円安くなっている模様だ。

HUAWEI P10 Plusの最新販売価格がこちら。

HUAWEI P10実機レビュー・スペック

今回HUAWEI P10を中国の店舗で見る機会があったので実際に触っての感触と特徴的なスペックを合わせてご紹介する。

デュアルカメラ  ライカブランド1200万カラー画素

HUAWE P10カメラ HUAWEI P10の特徴はやはり搭載されているカメラだろう。写真で見るとわかる通りデュアルカメラ。それぞれ20メガ、12メガのフルカラーレンズとなっている。さらにライカブランドとして従来の2倍の明るさを撮影できるf1/9レンズを搭載している。デュアルカメラを活かしてぼかし効果の調整など幅広い撮影が可能。

Android 7.0 Nougat/メモリ4G

HUAWE P10 画面

OSは最新のAndroid 7.0 Nougatを搭載している。さらにHUAWEIがスマートフォン向けに開発したEMUI5.1を搭載している。メモリ管理用の新アルゴリズムのUltra Memoryを導入。使用履歴を学習し、アプリで必要なRAM容量の最適化、空きRAMの最大化する。これにより、頻繁に起動するアプリをより快適に使用できるだろう。

プロセッサはオクタコアのKirin 960。新型チップセットを搭載しており、ベンチマークスコアは132,289だ。こちらをAppleに搭載されているチップセットと比較してみよう。

チップセット Antutuスコア 搭載デバイス
Apple A10 170,124 iPhone7,Plus
Apple A9X 165,000 iPad Pro
Kirin 960 132,289 Huawei P10
Apple A9 132,657 iPhone6s,SE

Apple A9とほぼ同等のスコアだ。

急速充電機能|SuperCharge

HUAWEI SuperCharge機能を搭載し、5分間充電で90分の動画視聴が可能。

HUAWEI P10レビュー

サイズ感|手で持つとこんな感じ

サイズ 145.3×69.3×6.98mm
重量 約145g

重量は非常に軽く薄さも約7mm。本体裏側に非常に薄くだが切り込みが入っており滑りづらい素材となっている。ただ大きさ的には両手で操作するサイズだ。本体表側の中央下部に物理ホームボタンが付属している。本体下部にある物理ボタンを押すためにはやはり両手で操作するようになるだろう。

本体の造り、デザインは非常に上質。価格帯も高いがそれに見合う造りだ。一昔前の中華製の携帯電話にあったような造りの甘さは全くない。デザインや手で持った質感で失望することはなさそうだ。

カメラの実力

カメラも実際に撮影したがさすがのデュアルカメラだけあって様々な撮影モードがあり興味深い。自撮りに特化しており、前面カメラにもf/1.9対応。さらに人の顔を認識すると自動で広角撮影モードに切り替わる。考えると前面カメラの用途は自撮りのみだろう。自撮り好きな若者に好まれそうな機能だ。

最後にHUAWEI P10のスペック数値を見てみよう。

HUAWEI P10スペック表

  • OS : Android 7.0 Nougat
  • 価格 : 649ユーロ
  • チップセット : Kirin 960オクタコア
  • GPU : Mail G-71 M78
  • 画面サイズ : 5.1インチ
  • 解像度 : フルHD 1920*1080
  • メモリ : 4GB
  • ストレージ : 64G
  • メインカメラ : 1200万画素ライカブランド
  • フロントカメラ : 800万画素
  • 外部メモリ : 最大256G Micro SDカード
  • 外部ポート : USB Type-C

現時点で日本での販売日、販売価格も決定し、Amazonで販売中だ。現在の最安値はこちらからご覧いただける。

HUAWEI P10 Plusの最新販売価格がこちら。


関連記事

  1. XIAOMI Wifi 中継器|コンセントの電線経由でWifi電波を補強する注目ガジェット

  2. 【HP ZBook x2 G4】ワコムペン採用|本気の絵描き仕様液タブを発表

  3. Lenovo Tab4 8 梱包物

    Lenovo TAB4 8 Plus 開封レビュー|Lenovo最新型タブレットの実力を詳しく検証

  4. Huawei MediaPad T3 7インチタブレット日本発売日は7月7日|格安1.2万円サクッと…

  5. Honor Pad2 起動画面

    【Huawei Honor Pad 2開封レビュー】Media Pad T2では物足りない方向けSI…

  6. Galaxy Note8 日本発売日はiPhone 7sよりも先の9月か|スペック情報を整理

  7. huawei metabook

    Huawei MetaBook X Proの発売日・価格情報|iPhone Xのようなベゼルレス液晶…

  8. 【ASUS NovaGo】Snapdragon835搭載2in1PCに注目!発売日・価格にも期待




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Surface Pro X とSurface Pro 7の違い|選んで得する人と…
  2. artisul d16pro review 【ARTISUL 液タブD16Pro/ペンタブM0610Pro 実機レビュー】筆…
  3. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  4. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  5. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  6. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  7. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  8. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  9. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  10. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…

人気の記事 TOP5

  1. artisul d16pro review

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP