【スマートウォッチ開封レビュー】1.5万円 コスパ最強丸形フォーマルデザイン|X5 Plus Smartwatch

Android OSのスマートウォッチを開封レビュー。所謂スマートウォッチっぽさがなくフォーマルシーンでも使えそうなデザインが特徴。スマホと連動して使用してみての使用感をレビュー。価格1.5万円ながら使い勝手の良さが好印象。TOMTOP期間限定のクーポン情報も。

Android OS スマートウォッチ X5 Plus

今回ご紹介するスマートウォッチがこちら。

特徴をまとめるとこうなる。

  • OS Android 5.1 / ROM1GB、RAM8GB
  • SIMスロット搭載しており単体でスマホとして使用可能
  • Bluetoothでスマホと連動しての使用も可能
  • フォーマルシーンにも対応できるデザイン性
  • 価格約1.5万円のコスパの良さ

個人的に一番心が引かれたのがデザイン。デザインが角ばっていかにも電子ガジェット感が強いデザインが多い中で、丸型、革風バンドとスーツにつけても違和感なく使用できるのが好印象だ。

実際に1週間ほど使用してみてのレビューをご紹介する。

スマートウォッチ X5 Plus 開封レビュー

梱包物はいたってシンプルで、本体、充電機、充電ケーブル、マニュアル、SIM装着時使用のドライバー、ネジ。充電はこういった形で背面に磁石でひっつけてするようになっている。

本体のサイズ感がこちら。

本体右側のボタンは上から、1.戻る 2.決定 3.メニュー 機能。押すとカチッと押した感触の強いタイプのボタンだった。

マニュアルは英語と中国語のみだ。

本体裏側に読取センサー、スピーカーが装着されている。背面の4か所のねじを外してSIMカードを装着するようになる模様だ。

X5 Plus 実際に使用してみての使用感レビュー

実際に装着するとなかなか存在感のあるサイズだ。女性の方にとっては大きすぎるサイズ。スタンダードなG-shockぐらいの大きさ、厚さだ。

ベルトは硬めの皮風のデザイン。もちろん本革ではないが安っぽさもなくスーツでつけても全く違和感のないデザイン。見た目はシンプルで余計な装飾がなく使い勝手がかなりよさそうだ。

スマートウォッチとしての動作|よかった点

今回の使用シーンは、普段使っているスマホとBluetoothで接続して通知用のスマートウォッチとしての仕様だ。

画面は非常に美しく、文字もはっきりと確認できる。解像度も400*400だが十分なレベル。明るさは室内であれば十分。ただ外の太陽光下では見にくく感じる場面もあった。

スマホと連動するには、スマホ側に専用のアプリをインストールするようになる。そのアプリ上でワンタッチでBluetooth接続ができるので接続へのアクセスはかなり良い。

スマホへの来電、メールなどをスマートウォッチからの着信音とバイブで確認できる。スマートウォッチからの音量も十分な大きさで音質も驚くほど良い。

さらにメールの内容をスマートウォッチの画面で確認できるのが非常に便利だった。特にメールに関しては無駄な広告メールを毎回スマホを開いて確認する必要がなくなったので時間を有効に使えるようになった。

もちろん時計としての役割も果たしてくれる。時計のスキンは多く準備されている。自分で写真を取り込むことも可能なようなのでカスタマイズは無限にできそうだ。ただ既存のスキンもなかなか良くて気に入っている。

スマートウォッチとしての動作|残念な点

ただ時計を開くために毎回スマートウォッチのボタンを押す必要があるのでそれが少し手間。Apple watchのように角度センサーで開いてくれると更に便利だったのだが。

Bluetooth接続だが、スマホをリュックに入れて使用していたのだが時折急に切れる場面があった。接続が切れるとスマートウォッチ上で通知があるので切れたまま気づかないということはないのだが、もう一度スマホのアプリを開いて接続する必要がある。

SIMカードを装着しての使用はAmazonでのレビューによると通話は可能。ただデータ通信に関してはできない模様だ。

X5 Plus レビューまとめ

1週間ほど使用してみてスマートウォッチの便利さに感動している。外出先での着信を逃すことはなくなったし、無駄な情報をスマホを開いて確認するという手間が省けるのもうれしい。

X5 PlusはスマホとBluetoothで連動して通知用の用途としては十分にその機能を果たしてくれている。そしてシンプルでフォーマルなデザインにも満足。一見スマートウォッチとわからないくらいなのでスーツでも違和感なく使用できるのは大きなポイントだ。

SIMカードを装着しての使用はしていないが、データ通信ができず通話専用のガジェットとなりそう。ただ通話用のスマホを2台持ちする必要のある方にとっては魅力的だろう。

総合して考えるとコスパが良いのは確か。この機能、デザインで1.5万円という価格は非常に安く感じる。Apple watchのように様々なアプリを入れて楽しむ拡張性はないが、通知用のスマートウォッチとしては非常にオススメできる。

X5 Plusを最安値価格で購入する方法

現在Amazonでは 15,900円となっている。

ただ最安値で購入するならTOMTOPでの購入がおすすめ。日本でも利用者の多い海外ECサイトだ。こちらでは更に数千円安くなっている。そしてさらに12$OFFのクーポン券(2017年8月31日まで)もTOMTOPからご提供いただけたのでご紹介しておく。

最安値で購入するならこれらの情報も必見だ。

 

X5 Plusの詳細スペック

液晶サイズ 1.39インチ
液晶タイプ OLED
画面解像度 400*400
OS Android5.1
CPU MTK6580 Quad Core 1.3GHz
本体重量 255g
バッテリー 450mAh
Network 3G WCDMA/2G GSM
対応 Wifi,BlueTooth,GPS


関連記事

  1. 【ドスパラraytrektab DG-D08IWP開封レビュー評価】絵師に大好評な理由

  2. Huawei MateBook E 発売日決定!MatePen筆圧2048対応ペンに隠された機能が意…

  3. ASUS ZenFone 5日本から購入できるぞ!【4.9万円】詳細スペックをチェック

  4. 【HP ZBook x2 G4】ワコムペン採用|本気の絵描き仕様液タブを発表

  5. Lenovo TAB4 10.1型を選ぶ理由|防水防塵フルセグ対応!おすすめケース情報も

  6. xiaomi mi6梱包箱

    【xiaomi mi6実機レビュー】スペック・価格を検証|対応バンド一覧

  7. LENOVO 8インチ RAM4G/ROM64G タブレット格安セール byGearBest

  8. ソフトバンクMediaPad M3 Lite sを発売!Lenovo TAB4と【徹底比較】




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. HUION H610 Pro review 【HUIONペンタブH610PRO開封レビュー】ショートカットキー24個が特徴
  2. 【Amazonプライムデー2018】お買い得なタブレットまとめ(Huawei,K…
  3. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  4. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  5. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  6. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  7. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  8. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  9. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  10. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP