液タブ徹底調査|おすすめランキングTOP7 値段と仕様を今すぐ見る!

液タブを買おうかと思って迷っている方にぜひ参考にしてもらいたいおすすめランキング情報!今売れ筋のワコム液タブ製品の値段、仕様を徹底比較。自分の用途に合った製品を見つけるためのおすすめランキング情報まとめページ。最安価格もあわせてチェックを!

 

1位 ワコムCintiq13HD(DTK1301.DTK1300)

 

画面サイズ 13.3型(293.8×165.2mm)
 最大解像度 フルHD(1920×1080ドット)
最大表示色 1677万色/256階調
 読取精度  ±0.5mm

 まず第一位は売れ筋No1のCitnqi13インチタッチ機能なしタイプ。人気の理由は対応力の高さだ。ワコムの液タブの中で唯一何とか持ち運べるサイズで解像度、筆圧レベルなどでもほかに引けを取らない性能で、初めての方もプロの方も満足して使える液タブ。

実際使ってみるとほかのインチ数が大きい液タブよりもペン先と描画位置が近くで書きやすいという感想も多く寄せられている。仕様上は読み取り範囲は同じですが画面液晶ガラスの厚さが異なる。実際13HDのほうが近く感じるのは確か。性能、価格ともに液タブ製品の中でバランスがとれておりおススメの製品。

 

2位 ワコムCintiq22HD(DTK2200)

 

画面サイズ 21.5型(475.2×267.3mm)
 最大解像度 フルHD(1920×1080ドット)
最大表示色 1677万色/256階調
 読取精度  ±0.5mm

 第二位はCintiq13インチのワンサイズ上の22インチ、タッチ機能なしタイプ。このサイズになると持ち運びは不可能。作業部屋でがっつりと書きたい方に愛されている製品だ。大きな違いはやっぱり表示範囲の大きさ。大型21.5インチで十分な大きさがある

毎日作業をしたい方にとっては少しでも画面の動きを減らすことが作業効率の高さにつながる。表示解像度は13インチのものと同じになるが実際に作業を進めるにあたって大きく見えるかどうかはとても大事。ペンの動きも13インチのものほどシビアではないので余裕をもって作業できるので、腕の疲れ方が違う。

 

3位 ワコムCintiqCompanion2(DTHW1310)

 

画面サイズ 13.3型(293.8×165.2mm)
最大解像度 WQHD(2560 x 1440ドット)
最大表示色 1677万色/256階調
 読取精度  ±0.5mm

 3位はCintiq13と同じサイズで、OSが搭載されているタイプの製品。パソコンに接続すると液タブ、単体ではWindowsOSのタブレットとして使える製品。外で作業する方には特におすすめ。

そして実はこれから液タブを始めてみようと考えている人にもおすすめ。液タブを導入するためにはパソコンが必須なので、もしパソコンを持っていない人なら液タブに加えてパソコン本体も購入する必要がある。ただCintiqCompanionならパソコンを購入する必要がないので、本体価格は高くなっているけどトータルで考えると安くなる場合もあるだろう。

ほかにも違う点は最大解像度。WQHDとかなりのハイスペックなのでパソコンと接続するときにかなりの高さまで対応できる。持ち運べるタブレットでこの解像度を載せているモンスター機種だ。

 

4位 ワコムCintiqCompanionHybrid(DTHA1300)

 

 画面サイズ 13.3型(293.8×165.2mm)
 最大解像度 フルHD(1920×1080ドット)
最大表示色 1677万色/256階調
 読取精度  ±0.5mm

 4位でおすすめなのがはやり13インチのサイズですがHybridがつくタイプ。こちらは少し前に発売されたものですが価格の割にスペックがかなり高くておすすめ。製造はもうしていないようなので今ある在庫のみ!

こちらはパソコンとつないで液タブとして、単体ならAndroidのタブレットとして使えるタイプ。正直OSAndroidって微妙ですがパソコンと接続すればDTH13HDと変わらないスペックなわけなので問題ない。価格面でかなり安くておすすめ

 

5位 ワコムCitnqi13HD Touch(DTH1300)

 

画面サイズ 13.3型(293.8×165.2mm)
 最大解像度   フルHD(1920×1080ドット)
最大表示色 1677万色/256階調
 読取精度  ±0.5mm

 5位はDTK1300のタッチ機能がついているタイプの製品。タッチがついているか以外はすべて同じ仕様の製品。指で画面を回転させたりズームさせたりできるのでさらに効率が高くなる。価格が少し上がるが、さらに効率と作業性を重視する方に選ばれている製品だ

6位 ワコムCintiq27HD(DTH2700)

画面サイズ 27型(596.7 x 335.6 mm)/WQHD
最大解像度 WQHD(2560 x 1440ドット)
最大表示色 10億7,374万色
 読取精度  ±0.5mm

 6位は現在ワコムで出されている中で最大サイズの液晶タブレット。画面解像度、画面サイズともに最大スペックの製品だ。もちろん持ち運びは完全に不可能。というか一人で設置も難しいんではないかと思うほどの大きさになっている。

素人が初めて買う際に手が出せる価格ではありませんが、間違いなく最上位機種WQHD表示でもはっきりと細かい部分まで調整できるサイズでかなり余裕のある作業場所を確保できる。仕様を見ると最大表示色が10億?!とかなり高くなっている。実際見ると正直ほかの機種と何が違うのかはよくわかりませんでした。写真の編集なんかをすると違いが出てくるのかもしれません。

 

7位 ワコムCintiq22HD(DTH2200)

 

画面サイズ 21.5型(475.2×267.3mm)
 最大解像度 フルHD(1920×1080ドット)
最大表示色 1677万色/256階調
 読取精度  ±0.5mm

7位はCintiq22インチのタッチ機能があるタイプ。余裕のある作業領域に加えて手で触っても操作ができるスペックの高い製品。作業時間が長かったり効率をさらに上げたい方に選ばれている液タブだ。

 

まとめ

こんな感じでワコムの液タブをランキング形式でご紹介した。いろいろと出ているので自分に合った製品を見つけることができるはずだ。液タブは価格も少し上がるので慎重に選びたい。

リンクで紹介している価格はワコム公式ストアでの販売価格。いろいろと見たけどやっぱり公式ワコムストアが保証などを含めて一番安心だ。


関連記事

  1. ワコム液晶タブレットサイズ|27インチvs13インチ|おすすめはどっち?

  2. mobilestudiopro-twitter

    ワコムMobileStudio Proの口コミ・評判のまとめ|安く買う方法も!

  3. UGEE液タブ22インチ=5.3万円|15.6インチ=3.5万円!送料込【GEARBEST SALE…

  4. GT-156 V2 デザイン

    【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円!

  5. 海外液タブをAmazonより安い値段で購入する方法|TomTopの販売価格を比較検証

  6. intuos-pro

    【Wacom Intuos Pro】仕様と価格徹底検証!2017年新製品ペンタブの実力

  7. Windows10対応のワコムペンタブレット一覧

  8. 【HUION液タブGT-221開封レビュー】待望の筆圧8192対応の最高スペック機種徹底検証




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. GAOMON PD1560 ペン芯
  2. GT-156 V2 デザイン

最新記事 Choice10

  1. ASUS TransBook Mini T103発売日・価格情報|お手軽価格のS…
  2. 【OnePlus 5T SIMフリースマホセール情報】50台限定499ドル by…
  3. 【msiゲーミングノートパソコン】評判と選び方を検証してのおすすめ
  4. 【ASUS NovaGo】Snapdragon835搭載2in1PCに注目!発売…
  5. asus zenpad 3 8.0 レビュー高評価80%の理由を検証|カバーのお…
  6. HUAWEI MediaPad M3 lite 10 wp|防水機能搭載テレビが…
  7. ノイズキャンセリングヘッドホン開封レビュー|飛行機での使用におすすめ(LiteX…
  8. GT-156 V2 デザイン 【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円…
  9. GAOMON PD1560 ペン芯 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  10. 【acer Spin 5】筆圧1024ペン対応 360°回転2in1PC|Ace…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP