デスクヒーターおすすめ最強2機種!!価格と口コミまとめ【パナソニックdc-pkd】【アイリスdeh-45-t】

冬のデスクヒーターは神。冬のデスクの味方デスクヒーター。おすすめの最強2機種を紹介する。パナソニックdc-pkdとアイリスdeh-45-tだ。寒い冬場の作業を乗り切るオススメグッズがこれだ。

デスクヒーターは冬場のデスク作業の神

冬場のデスク作業の敵は寒さ。ストーブやエアコンで部屋を暖めても太ももやひざの寒さには効果がない。自宅でも事務所でもしかりだ。毛布を膝にかけてみたり、分厚いレギンスを履いてみたりと対処法を重ねてきたが、ついに冬場のデスク作業の神アイテムを見つけた。そうデスクヒーター。デスクヒーターって何?という方はこの画像をご覧あれ。

deskheater (1)

デスクがまるでこたつのように変身!これはかなりイイ。デスクにマグネットや両面テープで固定させればそれだけでOK。部屋全体を暖房で温めると頭がぼーっとしたりするが足元だけを暖められるので頭はすっきり、足元ぽかぽか状態になれるぞ!数あるデスクヒーターの中で信頼できるメーカー、人気の機種を2つ紹介する。デスクヒーターの現時点での最強機種がこちらだ。

アイリスオーヤマ【DEH-45-T】デスクヒーターの口コミ

DEH-45-Tの特徴

deskheater2 (1)

アイリスオーヤマは他の機種にない機能が多い。例えば自動OFFタイマー。3時間で自動でOFFされるのでうっかり消し忘れに対応。毎回デスクを離れるたびにスイッチの確認も面倒だ。ユーザーが必要なかゆいところに手の届く機能だ。

他にもずっとつけていると温度が上がりすぎるものも多い。デスクヒーターは特に太ももとの距離が近いからだ。そうなるとスイッチのON、OFFで調整することになるがアイリスオーヤマのDEH-45-Tは表面温度40度で自動で制御される。抵抗付温度ヒューズがついているとのこと。安定のメーカー品なので安心して購入できる良さがある。

さらに後で紹介するパナソニックとの違いは毛布がついているということ。こたつ風になっているので暖かさはこちらが上だ。表面もフリース素材で非常に気持ちがいい。

アイリスオーヤマDEH-45-Tのサイズ

 

deskheater1 (1)

本体の重量は880gと軽いので取り付けれて落ちることはない。設置サイズは標準的なデスクの大きさ。大抵のデスクは対応しているだろう。

残念なポイント

デザインが選べない。色ラインナップは茶色のみ。ほかの色があればデスク周りの色を合わせたりとすっきりさせられるが。ちょっと残念。

アイリスオーヤマデスクヒーターDEH45-Tの口コミ

 

ほかにも楽天市場で口コミが寄せられているが評価数がこちら。

★★★★★ 10件

★★★★☆ 14件

かなりの高評価が集まっている。マグネットの強さなど心配に思われる声もあるが、ヒーターとしての機能は折り紙付きの模様。デスクワーカー、受験生など幅広く使われている。特にこたつと比較してぬむくなるのを防げるという声も上がっている。

他の口コミは下記の楽天市場のリンクからご覧いただける。

アイリスオーヤマ【DEH-45-T】の価格情報

現在の価格は4500円前後だ。Amazonと楽天で若干の違いも出ている。こちらから現在の最安価格のリンクを見られるのでどうぞ。

 

Amazonで購入するならAmazonプライム(初回30日無料)に入っておくと良い。お急ぎ便(最速明日到着)のオプション料金が無料になるからだ。もちろんすぐに退会も可能。➡ Amazonプライム詳細はこちら

パナソニックデスクヒーター【DC-PKD3-C】の口コミ

パナソニックDC-PKD3-Cの特徴

DC-PKD3 shiyou

アイリスオーヤマDEH45-Tとの違いは机に貼り付けるタイプではないということ。立てることができる仕様で省スペースでも安心して設置できる。大きさも高さ48cm、横45cm、奥行き30cmとコンパクトだ。上部のイラストでも分かるが膝下からぽかぽかと温めていくタイプだ。

立てかけるだけなのでどんなデスクにも対応できる。設置が簡単に済ませられるというのもポイントの一つだ。

DC-PKD3 gaikan

電気代が安いというのもポイント。1時間で約4.5円とほかの暖房器具と比べてもランニングコストはイイ。

表面温度が高い設定にできるというのもアイリスオーヤマDEH45-Tの製品との差だ。強にすると約55度と高めに設定できる。アイリスオーヤマDEH45-Tが40度に設定されるのと比較すると高めになっている。膝から少し距離があるのではたして暖かいのかと心配されるかもしれないが、十分なレベルだ。

残念なポイント

色がベージュなので汚れが少し目立つ。足元に設置されているのでそれほど目に入らないが気になる方は気になるだろう。デザインもスタイリッシュとは言えない。

パナソニックDC-PKD3-Cの口コミ

楽天市場での口コミの結果がこちら。少し件数が少ないが参考になる。

★★★★★ 2件

★★★★☆ 4件

さらに詳しい口コミは下部の楽天リンクからご覧いただける。

デスクでの使用だけではなくて鳥かごの周りにおいて温めるという用途で使っている方もいる模様。確かに南国のぽかぽか陽気を再現するのにぴったりの製品かもしれない。足元からぽかぽか自然に温められるおすすめの機種だ。

デスクヒーター【DC-PKD3-C】の価格

現在の価格は1万円前後。現在のAmazon,楽天の最新価格はこちらからご覧いただける。

おすすめデスクヒータ口コミ・価格情報のまとめ

以上おすすめの2機種を紹介した。価格だけ見るとアイリスオーヤマの製品が安くなっている。毛布が付属されていたいたりと、卓上のこたつとして使えるので暖かさで比べるとこちらが上。

自然な温かさを求めるならパナソニックがおすすめだ。手軽に設置できるのでデスクを移動することが多い場合はこちらいいだろう。

寒い冬に部屋でデスクワークはつらい。このアイテムでできるだけ快適な環境で作業を楽しもう!



関連記事

  1. おしゃれなデザインでおすすめのモバイルバッテリー【dodocool10000mAh】

  2. ソニーワイヤレス左右独立型イヤホンWF-1000Xを発表|AirPodsと比較して分かったこと

  3. Microsoft指紋センサー搭載キーボード|日本での発売日・価格は?

  4. pro pen 3d

    Wacom Pro Pen 3Dを発売開始!Pro Pen 2との違い・特徴とは

  5. bamboo slate

    手書きメモのデジタル化が一瞬でできるBamboo SmartPadが便利すぎる!使用シーンで見る実力…

  6. 【完全独立型ワイヤレスイヤホン】おすすめTOPランキング厳選チョイス

  7. osusumemonitors

    【2018年版おすすめモニタ】イラストに絶対おすすめの2機種|液晶ディスプレイの選び方紹介

  8. AmazonディスプレイSALE

    【3月8日まで】ディスプレイ・モニターAmazon年度末SALE!!5-15%OFF




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. xp-pen artist reviw
  2. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー
  3. huawei metabook

最新記事 Choice10

  1. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  2. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…
  3. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー 【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底…
  4. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  5. 【ONE NETBOOK One Mix 実機レビュー】どこよりも早く実機触って…
  6. huawei metabook Huawei MetaBook X Proの発売日・価格情報|iPhone Xの…
  7. SIMフリースマホの定番 ASUS ZenFone 5の評価|5/5Z/5Q徹底…
  8. トラックボールマウス徹底比較レビュー【2018年版】厳選おすすめ5機種
  9. 【ONEーNETBOOK One Mix】筆圧ペン対応の内ポケットに入る7型Wi…
  10. 【BOOX Note徹底検証】ワコムペン搭載の電子ペーパーディスプレイ搭載タブレ…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP