手書きメモのデジタル化が一瞬でできるBamboo SmartPadが便利すぎる!使用シーンで見る実力

手書きのメモをデジタル化して保存したい。手書きのメモ、スケッチをパソコンで編集したい。こういった要望に応えた手書きメモのデジタル化が一瞬でできるワコムBamboo Smartpadをご紹介する。実際の使用シーンを見て実力を検証。

メモを一瞬でデジタル化|Bambooスマートパッドシリーズ

ワコムから販売されいているBambooスマートパッドシリーズはボールペンで書いた手書きのメモをボタンを押すだけでデジタル化できるデバイス。パソコンかクラウドへ保存して編集ができるようになるガジェットだ。

と説明を書いてもなんだかイメージがわかないだろうと思うので実際の使用シーンでその実力を見てみよう。参照はwacom公式Youtubeの動画。

bambooスマートパッド使用シーン

付属のボールペンでパッドの上の紙にメモ。描画で色は付けられない。単色での線画が下の板で読み取られる。

メモ

描画が終われば本体表面についているボタンを押す。するとペアリングしているデバイスへ転送される。

bamboo folioボタン

転送された様子がこちらだ。デバイスがペアリングができていれば転送はワンタッチ。本体のボタンを押すだけで完了する。
メモをipadへデジタル化

デバイスへ転送した後は他のアプリ上で色を付けることも可能。

デジタルメモ

さらにアプリを通せば手書きの文字をテキストファイルへ変更することもできる。手書きの文章を編集も簡単にできるわけだ。

デジタルメモを送信

 

Bambooスマートパッドでデジタル化することのメリット

こういった用途で使用できる。

  • アイデアのメモ、マインドマップ描画
  • 授業のノート
  • 外出先でのスケッチ

さらに手書きをデジタル化することでこういったメリットがある。

編集が楽にできる

デジタル化しておけば線の引き直しや位置の調整などがアプリ上で簡単にできる。アイデアを書き留めておけばそれを十二分に活用できるのは大きなメリットだ。

保存、共有が楽にできる

劣化することのないデータで保存できる。アプリを介せば複数のデバイスでの共有も一瞬で可能。

より直感的な描画が可能

アイデアのスケッチなどは実際のペンを使って手元に書かれていく方がより直感的に描画できる。アナログの良さとデジタルの良さ、一挙両得なデバイスだ。

 

Bambooスマートパッドのラインナップ

ラインナップは二種類。カバーがついているタイプのBamboo Folioと、カバーなしタイプのBamboo Slateだ。それぞれでA5サイズとA4サイズの2種類。仕様を確認しておこう。

Bamboo Folioの仕様

bamboo folio 外観

製品名 Bamboo Folio small Bamboo Folio Large
タイプ A5対応 A4対応
外形寸法 257*200*19 338*268*19
重量 460g 810g
接続 Bluetooth4.0 Bluetooth4.0
対応用紙 A5以内、厚さ8mm以内 A4以内、厚さ8mm以内
筆圧レベル 1024レベル 1024レベル
バッテリー時間 約8時間 約8時間

 

Bamboo Slateの仕様

bamboo slate

製品名 Bamboo Slate small Bamboo Slate Large
タイプ A5対応 A4対応
外形寸法 249*186*7 330*254*7
重量 264g 472g
接続 Bluetooth4.0 Bluetooth4.0
対応用紙 A5以内、厚さ8mm以内 A4以内、厚さ8mm以内
筆圧レベル 1024レベル 1024レベル
バッテリー時間 約8時間 約8時間

 

Bambooスマートパッドの価格

Bamboo Folio small ¥ 19,224 (税込)
Bamboo Folio Large ¥ 24,840 (税込)
Bamboo Slate small ¥ 16,200 (税込)
Bamboo Slate Large ¥ 19,440 (税込)

上記は公式ワコムストアの価格。Amazonや楽天ではこちらより数千円安くなっている。現在の価格はこちらからご覧いただける。保証はワコムストア購入と同じ1年間無償保証。

 

 

Bamboo FolioとBamboo Slate どちらがおすすめか

2種類の違いはデザイン。カバーがついているかどうかの違いだ。さらに価格もSmallで3000円、Largeサイズで5000円の差がある。ただペン筆圧レベルや製品としての機能などはすべて同じの模様。

デザインなので好みにはなるが、価格を考慮に入れなければやはりカバー付きのBamboo Folioがおすすめ。持ち運ぶことが多くなりそうなデバイスなだけにカバーがついていれば用紙を保護でき安心して使用できる。アナログとデジタルの良さを活かせるBambooスマートパッドのご紹介。


関連記事

  1. ノートパソコン作業スペース

    ペンタブはノートパソコンだと使いにくい?選ぶ時の注意点まとめ

  2. pixivfactory-top

    Pixivファクトリーの評判|このサービスで得する人、損する人

  3. Microsoft指紋センサー搭載キーボード|日本での発売日・価格は?

  4. AmazonディスプレイSALE

    【3月8日まで】ディスプレイ・モニターAmazon年度末SALE!!5-15%OFF

  5. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェック

  6. ひび

    【液タブ|保護フィルム】ワコムが公式におすすめしてるのが評判いい!

  7. airbrass

    ペンタブのペンだけ購入ガイド|ワコム型番別対応ペン一覧

  8. Bamboo Omniに自主回収のお知らせ!ペン入力検知機能に不具合




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  2. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  3. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  4. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  5. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  6. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  7. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  8. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…
  9. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー 【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底…
  10. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP