2019年度タブレット出荷台数|Appleが10年連続で一位!2020年はどうなる?

2019年度通期タブレット端末の出荷台数が発表されたが10年連続でAppleが一位となった。Huaweも健闘しているが2019年度はあまり振るわなかった。2020年度はどうなるのか。

Appleが10年連続でタブレット出荷台数一位

ICT市場調査コンサルティングのMM総研が国内のタブレット端末出荷台数の調査結果を発表した。結果Appleが10年連続で一位となった。

具体的な台数はAppleが375万台でシェア53.0%。2010年から10年連続で一位を獲得だ。ちなみにAppleが2010年に発売したタブレットはiPad 9.7インチ(第一世代)。発売初日に30万台以上を販売し、日本でも発売日には1200人の行列ができたことを覚えている人も多いはず。

その後2011年にiPad 2(第二世代)、2012年にiPad 9.7インチ(第三世代)、iPad Miniが発売されたが、その後連続でAppleが一位を獲得しているのだ。ちなみにスティーブ・ジョブズは2011年10月に死去。ジョブズの生み出したiPadを毎年更新し、世界中に受け入れられているAppleのストーリーは魅力的だ。

2位のHuaweiは大幅に減少

Appleが前年度を上回った中でHuaweiは大幅減。シェアの半数以上をAppleが占めていることからもiPadの売り上げの順調さがわかる。ただタブレット業界全体では売り上げ台数は下がっている。

2019年度タブレット出荷台数は2013年度以来最少

出荷台数は707万台で前年度の10.4%減。2019年度は2019年4月から2020年3月まで。コロナウイルスの影響も少しは受けているが、大打撃を受けるほどの期間ではない。タブレット自体の需要が下がっていること、Android OSやWindows OSで魅力的な端末がそれほどなかったことが原因かもしれない。

とはいえ2020年度は期待できる。

2020年度は11.7%増との見込み

MM総研では11.7%増の790万台を見込んでいる。というのも2020年度にGIGAスクール構想が進められる模様で、児童生徒に一人一台タブレット端末を配布する方針だからだ。

他にも5G対応が進むことで5G対応タブレットへの買い替えが進むことも考えられる。2020年度前半はコロナウイルスの影響直撃なので11.7%増となったが2021年にはさらに期待できそうだ。

 


関連記事

  1. 【2017年版iPad第五世代を選ぶべき人】iPad Proと比較して出た結論

  2. iphone8

    2017年新発表のiPhone7s,iphone8の噂まとめ|発売日は10月になるのか

  3. Microsoft SQ2搭載Suface Pro Xが登場!iPad Pro12.9(2020)と…

  4. Mac用Magic KeyboardをiPadとMacでシームレスに使いたい! ← 無理です

  5. FaceID vs TouchID

    iPadでFace IDは使わない?iPad Proを2年レビューして使いにくいと感じる理由

  6. 【iPad Pro 12.9 (2018)おすすめケース&レビュー】色々使ってみた結果これがオススメ…

  7. iPad 誤動作防止 グローブ

    【2本指手袋】iPadでのイラストで手が反応する時のおすすめ対処法

  8. iPhoneバッテリーが原因の性能低下を一挙解決?iOSアップデートに期待

最新記事

  1. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  2. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判
  3. iPad Pro 2021年モデルの発売日・スペック情報|噂のまとめ
  4. 液タブレビュー動画を見るのに おすすめのYoutubeチャンネル 最新の液タブレビュー動画が見られるYoutubeチャンネル|まとめ
  5. Pentablet.Club|Youtube始めました。
  6. スマートシューズ おすすめ スマートシューズのおすすめ|各メーカーの価格を比較して分かったこと
  7. CHUWI HiPad Plus  発売日 価格 CHUWI HiPad Plus発売日・価格情報|iPad Pro風デザインのA…

人気の記事 TOP10

  1. スマートシューズ おすすめ
  2. 液タブレビュー動画を見るのに おすすめのYoutubeチャンネル
PAGE TOP