2019年度タブレット出荷台数|Appleが10年連続で一位!2020年はどうなる?

2019年度通期タブレット端末の出荷台数が発表されたが10年連続でAppleが一位となった。Huaweも健闘しているが2019年度はあまり振るわなかった。2020年度はどうなるのか。

Appleが10年連続でタブレット出荷台数一位

ICT市場調査コンサルティングのMM総研が国内のタブレット端末出荷台数の調査結果を発表した。結果Appleが10年連続で一位となった。

具体的な台数はAppleが375万台でシェア53.0%。2010年から10年連続で一位を獲得だ。ちなみにAppleが2010年に発売したタブレットはiPad 9.7インチ(第一世代)。発売初日に30万台以上を販売し、日本でも発売日には1200人の行列ができたことを覚えている人も多いはず。

その後2011年にiPad 2(第二世代)、2012年にiPad 9.7インチ(第三世代)、iPad Miniが発売されたが、その後連続でAppleが一位を獲得しているのだ。ちなみにスティーブ・ジョブズは2011年10月に死去。ジョブズの生み出したiPadを毎年更新し、世界中に受け入れられているAppleのストーリーは魅力的だ。

2位のHuaweiは大幅に減少

Appleが前年度を上回った中でHuaweiは大幅減。シェアの半数以上をAppleが占めていることからもiPadの売り上げの順調さがわかる。ただタブレット業界全体では売り上げ台数は下がっている。

2019年度タブレット出荷台数は2013年度以来最少

出荷台数は707万台で前年度の10.4%減。2019年度は2019年4月から2020年3月まで。コロナウイルスの影響も少しは受けているが、大打撃を受けるほどの期間ではない。タブレット自体の需要が下がっていること、Android OSやWindows OSで魅力的な端末がそれほどなかったことが原因かもしれない。

とはいえ2020年度は期待できる。

2020年度は11.7%増との見込み

MM総研では11.7%増の790万台を見込んでいる。というのも2020年度にGIGAスクール構想が進められる模様で、児童生徒に一人一台タブレット端末を配布する方針だからだ。

他にも5G対応が進むことで5G対応タブレットへの買い替えが進むことも考えられる。2020年度前半はコロナウイルスの影響直撃なので11.7%増となったが2021年にはさらに期待できそうだ。

 


関連記事

  1. wwdc 2018

    【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Mojaveを徹底検証

  2. 【iPad mini4 vs iPad 2017春モデル】徹底比較!どっちが買いか考える

  3. AirPods Pro ノイズ

    AirPods Proでノイズが入る?購入1年以内ならこんな記事読まないでAppleサポートへGo!…

  4. 2018年新型iPad(第6世代) 329ドルで販売開始!Apple Pencil対応で液タブ化?

  5. FaceID vs TouchID

    iPadでFace IDは使わない?iPad Proを2年レビューして使いにくいと感じる理由

  6. iPad 誤動作防止 グローブ

    【2本指手袋】iPadでのイラストで手が反応する時のおすすめ対処法

  7. iPad OSでSplit View(画面分割)ができない ← 1分で解決する画像説明集

  8. 【比較】iPad Pro 12.9 (2020年)とSurface Pro 7の違いをまとめて分かっ…

最新記事

  1. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  2. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  3. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  4. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  5. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?
  6. ワコムストアでアウトレットセール開催!最大29%OFFで買えるチャンス
  7. 2021年 Amazonプライムデー 液タブセール 【2021年】Amazonプライムデーで買える液タブ・ペンタブまとめ

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP