2019年度タブレット出荷台数|Appleが10年連続で一位!2020年はどうなる?

2019年度通期タブレット端末の出荷台数が発表されたが10年連続でAppleが一位となった。Huaweも健闘しているが2019年度はあまり振るわなかった。2020年度はどうなるのか。

Appleが10年連続でタブレット出荷台数一位

ICT市場調査コンサルティングのMM総研が国内のタブレット端末出荷台数の調査結果を発表した。結果Appleが10年連続で一位となった。

具体的な台数はAppleが375万台でシェア53.0%。2010年から10年連続で一位を獲得だ。ちなみにAppleが2010年に発売したタブレットはiPad 9.7インチ(第一世代)。発売初日に30万台以上を販売し、日本でも発売日には1200人の行列ができたことを覚えている人も多いはず。

その後2011年にiPad 2(第二世代)、2012年にiPad 9.7インチ(第三世代)、iPad Miniが発売されたが、その後連続でAppleが一位を獲得しているのだ。ちなみにスティーブ・ジョブズは2011年10月に死去。ジョブズの生み出したiPadを毎年更新し、世界中に受け入れられているAppleのストーリーは魅力的だ。

2位のHuaweiは大幅に減少

Appleが前年度を上回った中でHuaweiは大幅減。シェアの半数以上をAppleが占めていることからもiPadの売り上げの順調さがわかる。ただタブレット業界全体では売り上げ台数は下がっている。

2019年度タブレット出荷台数は2013年度以来最少

出荷台数は707万台で前年度の10.4%減。2019年度は2019年4月から2020年3月まで。コロナウイルスの影響も少しは受けているが、大打撃を受けるほどの期間ではない。タブレット自体の需要が下がっていること、Android OSやWindows OSで魅力的な端末がそれほどなかったことが原因かもしれない。

とはいえ2020年度は期待できる。

2020年度は11.7%増との見込み

MM総研では11.7%増の790万台を見込んでいる。というのも2020年度にGIGAスクール構想が進められる模様で、児童生徒に一人一台タブレット端末を配布する方針だからだ。

他にも5G対応が進むことで5G対応タブレットへの買い替えが進むことも考えられる。2020年度前半はコロナウイルスの影響直撃なので11.7%増となったが2021年にはさらに期待できそうだ。

 


関連記事

  1. 【2022年版】iPhone対応スマートリングのおすすめベスト4|Suicaも使える?

  2. app sale

    App Storeの人気ペイントアプリ最大95%OFF120円均一セール中!

  3. 2020年下半期にiPhoneを買い換えるとしたら何がいいのか考える記事

  4. SonarPenレビューのまとめ|iPhoneで使える筆圧感知スタイラスペンの実力

  5. Apple2017年9月にARグラス発表の可能性|iPhone 8と連動しての使用か

  6. 【iPhone X】電池残量表示するための最短手順|ホーム画面へ戻る、電源を切る、Siri起動方法な…

  7. ProMotionディスプレイとは

    ProMotionディスプレイとは|iPadに必須と感じる人と感じない人

  8. 【比較】iPad Pro 12.9 (2020年)とSurface Pro 7の違いをまとめて分かっ…

最新記事

  1. Ultenic D5sPRO Ultenic D5sPRO ロボット掃除機|1ヶ月毎日使ってみてのレビュー
  2. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  3. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  4. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  5. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…
  6. XP-PEN Artist Pro 16(2021年モデル) 液タブレビュー|動…
  7. ペンタブで使える最強左手デバイスTourBox Eliteの新世代を発表!

人気の記事 TOP10

  1. Ultenic D5sPRO
PAGE TOP