ProMotionディスプレイとは|iPadに必須と感じる人と感じない人

iPad Proに搭載されているProMotionディスプレイとは。iPad ProとiPadAir4の違いでカギになるのがProMotionディスプレイ。ProMotionディスプレイの恩恵を受けるユーザーとそうでもないユーザーを見極めて選びたい。ProMotionディスプレイが必要な人とそうでない人の違いとは。

ProMotionディスプレイとは|iPadに必須なのか

ProMotionディスプレイとは
ProMotionディスプレイとはProMotionテクノロジーに対応したディスプレイのことで2017年のiPad Proで初めて搭載された。2021年に発売されたiPhone13にも搭載されている。

特徴がこちら。

  • リフレッシュレートが60Hzから最大120Hzに

リフレッシュレートとは1秒間にディスプレイが何回更新されるのかを示す値。イメージとしてはパラパラ漫画の枚数。同じ5秒間で300枚の紙をパラパラした見え方と、600枚の紙をパラパラしたのでは見え方が違う。

リフレッシュレートの数字が高ければそれだけ画面はスムーズにぬるぬると動くのだ。

ProMotionディスプレイ搭載のiPadのメリット

ゲームの動きが滑らかに

ディスプレイが滑らかになって恩恵を感じるのはシューティングゲームをしたとき。今話題のフォートナイトはiOS版が120Hzに対応しているので、索敵するときや画面を動かしたときのゲーム体験が変わってくる。激しい動きを繰り返すゲームをしたい方にとっては大切な要素だ。

イラストの描画が滑らかに

主な用途がApplePencilを使ってのイラストならProMotionディスプレイかどうかはとても大切。曲線を描画するときの動き方が目に見えて違うので、ぜひ120HzリフレッシュレートのiPadを選びたい。

スポーツ観戦に

特にサッカーや野球、ゴルフなど球技でのリフレッシュレートの差は歴然。

ということでProMotionディスプレイのメリットを大きく感じられる用途は、激しい動きを見るゲームや、スポート観戦のとき、イラストなどで滑らかな曲線を描画するとき。

でも!

Youtubeが主な動画鑑賞方法の方はご注意を!Youtubeは元々120Hzのリフレッシュレートに対応していない。YoutubeをProMotionディスプレイで見てもリフレッシュレートが上がるわけではない。

逆にそれ以外の用途であれば?

ProMotionディスプレイが非搭載のiPad Air(第4世代)は買いか

iPad Air リフレッシュレート

2020年10月に発売開始されるApple iPad Air 4はProMotionディスプレイが非搭載。iPad Pro11インチとの大きな差の一つだ。なので自分がiPadを使って何をしたいかで選べばベストバイができる。

もし主な用途がApplePencilでのイラストなど上部で上げているものであればiPad Proを選んだ方が幸せになれる。

逆にそれ以外の文書作成や雑誌閲覧、ネットサーフィンなど高いリレフレッシュレートを必要としない作業であればProMotionディスプレイ搭載かどうかはそれほど大切な要素にはならない。iPadAir4は非常に魅力的な選択肢だ。

自分の用途を見極めて、不必要にハイスペックな製品を買わないように要チェックだ。

 


関連記事

  1. 【iPad Pro 12.9 (2018)おすすめケース&レビュー】色々使ってみた結果これがオススメ…

  2. Bamboo Tip gaikan

    【Bamboo Tip】iOS/Android対応だがペアリング不要!ワコム極細スタイラスペンがすご…

  3. AirPods Pro 交換

    新型AirPodsが2021年前半に発売か|”うどん”部分のない安いモデルの可能性大

  4. 【AirPodsとbeats x 比較】両方使ってみてのレビュー|おすすめカバーも紹介

  5. iPad 第6世代とiPhone X新カラーモデルを発表か【2018年3月Appleイベント情報】

  6. Apple Pencil グリップ おすすめ

    Apple Pencil おすすめのグリップ決定版!お絵描きで使うなら絶対必要な理由

  7. 【iPad mini4 vs iPad 2017春モデル】徹底比較!どっちが買いか考える

  8. Mac用Magic KeyboardをiPadとMacでシームレスに使いたい! ← 無理です

最新記事

  1. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  2. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  3. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  4. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  5. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  6. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  7. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?

人気の記事 TOP10

  1. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー
PAGE TOP