ソニー Xperia XZ2 Premiumの注目スペックまとめ|日本での発売日・価格情報

ソニー Xperia XZ2 Premiumを発表。2018年ソニーのフラグシップスマートフォンだ。日本での発売日・価格情報もご紹介。デュアルカメラに4K液晶という最強感の漂うスマホなだけに注目だ。ソニー Xperia XZ2 Premiumの前機種と比較して処理性能、デザインを検証する。iPhone以外のプレミアムなスマホをお探しの方におすすめだ。

ソニー Xperia XZ2 Premiumを発表 日本での発売日・価格情報

ソニーから4月16日に発表されたニューモデルフラグシップモデルスマホ。Xperia XZ2 Premiumについて取り上げる。製品名で分かる通りXperia XZ Premiumの後継モデルだ。SONY XZ2シリーズでの最上位という位置づけとなっている。

日本での発売日・価格情報

グローバル市場では2018年夏に発売予定。前機種のXperia XZ Premiumは日本NTTドコモから発売されたことから今作も国内で発売されるはずだ。情報が更新され次第こちらのページとPentablet.ClubのTwitterで発表していく予定だ。

ソニー Xperia XZ2 Premium詳細スペック

ソニーのホームページで「スマホの枠を超えた」と紹介されているのが背面デュアルカメラの性能。

デュアルカメラ搭載 1920万×1220万

最大の特徴は搭載ので湯あるカメラ。超暗所撮影に特化しており静止画でISO 51200、動画でISO 12800という好感度カメラだ。

上部のホームページの説明ではISOに関してはプロ用のカメラに相当すると説明されている。デュアルカメラの詳細は1920万画素1/2.3型(F値1.8)カラーセンサー1220万画素1/2.3型(F値1.6)モノクロセンサーを搭載。カラーセンサーの色情報とモノクロセンサーの収集した輝度情報を合成する。

またこの2つのセンサーで収集した情報をリアルタイムで合成する画像融合処理プロセッサーAUBEを搭載しており、ライブでISO12800での画面を確認しながら撮影できる。表によると人間の自覚はISO1600相当。人の目では見えない暗さの環境でも鮮明な映像が撮影できる。しかもスマホでだ。

メーカーホームページで推しているのは暗所撮影能力の高さ。スマホだが高級コンデジかそれ以上のプロ用のカメラとして使えるのは大きな魅力だ。

ディスプレイ 4K表示へ進化

ディスプレイサイズ 5.8インチ
解像度 4K 2160*3840
素材 Gorilla Glass 5
縦横比 16:9

ディスプレイ解像度は4K(2160*3840)に進化。RGBW方式のディスプレイで最大輝度が前機種から30%向上している。4K HDRの撮影と再生が可能だ。フルHD程度の解像度のスマホが多い中でプレミアム感のある仕様数値だ。

処理速度 Snapdragon 845

プロセッサはSnapdragon 845、メモリ6GB、ストレージは64GBを搭載。OSはAndroid 8.0 Oreoだ。画像合成処理プロセッサはAUBEを搭載。最新スマホにふさわしい処理性能を備えている。重めのゲームもサクサク動いてくれる。

ソニー Xperia XZ2 Premiumを前機種と比較

前機種からの変更点、進歩したポイントをチェックしておこう。

Xperia XZ2 Premium 前機種
OS
Android 8.0 Oreo
デザイン
カーブガラスボディ ガラスボディ
サイズ
158×80×11.9 mm 145×67×8.0mm
重量
236g 195g
プロセッサ
Snapdragon 845 Snapdragon 835
ディスプレイ
5.8インチ
4K HDR(2,160×3,840ピクセル)
Gorilla Glass 5
5.5インチ
4K HDR(2,160×3,840ピクセル)
Gorilla Glass 5
バッテリー
3540mAh 3230mAh
メモリ
6GB 4GB
ストレージ
64GB 64GB

錐体デザインも変化しており、より手にフィットする湾曲したカーブガラスボディを採用している。サイズが大きくなったぶん重量が41g重くなっている。それに伴いバッテリー容量も若干大きくなっているようだ。

さらにシリーズ初でワイヤレス充電に対応。別売だがワイヤレス充電気を購入すれば台に置くだけで充電できる。カメラ機能も劇的に進歩していることを考えると前機種を使っていた方も買いかえを検討してよいレベルのスペックアップだ。

ソニー Xperia XZ2 Premium 情報のまとめ

前機種から約1年経過して発表されたXperia Premiumの新モデル。HUAWEIやSamsung Galaxyなど各メーカーの最新スマホはすべてカメラ機能をプッシュしている。カメラを専門で扱っているソニーとしてもカメラ機能に注力して開発している。超暗所撮影はインスタなどの自撮りが主な用途のユーザーに喜ばれそうだ。

デザインもアルミフレームの曲面ガラスで今っぽさが漂っている。ただベゼルレスデザインではないのが残念。個人的にはベゼルレスデザインの機能性にあまり魅力を感じないので気にはならないが。

iPhone一辺倒になっている日本の市場で他の人とは違う高スペックスマホをお探しの方にお勧めしたいプレミアムスマホだ。日本での発売日・価格情報は今後Twitterで最新情報を発信していく予定なので是非Followを。


関連記事

  1. Xiaomi2017年最新スマホ Mi MIX2 発売日・価格決定|意外な安さに会場が沸き立つ

  2. 【Lenovo Xiaoxin TB開封レビュー】3万円以下で高性能なタブレットをお探しの方におすす…

  3. 【amazonタブレットnewモデル】fire 7インチとfire hd 8徹底比較してどっちが買い…

  4. HUAWEI MediaPad M3 lite 10 wp|レビュー評価のまとめ。おすすめカバーも紹…

  5. Galaxy Tab S3ペン

    【Galaxy Tab S3】日本発売日|スペックはiPad ProのAndroid版か検証

  6. 【スマートウォッチ開封レビュー】1.5万円 コスパ最強丸形フォーマルデザイン|X5 Plus Sma…

  7. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカバー情報

  8. BLUEDOT BNT

    BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-801W】




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  2. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  3. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  4. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  5. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  6. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  7. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  8. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  9. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…
  10. raytrektab DG-D10IWP design 【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレット…

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP