ソニーワイヤレス左右独立型イヤホンWF-1000Xを発表|AirPodsと比較して分かったこと

ソニーの新型ワイヤスイヤホンWF-1000Xが発表された。AirPodsのライバル機となるスペックだ。AirPodsと比較してどっちが買いか。それぞれのセールスポイント、ウィークポイントを徹底比較してご紹介。ソニーのノイズキャンセリング機能がすごかった。

ソニー新型イヤホン2017年9月1日に3機種発表

9月1日のIFA2017にてソニーから一気に3種類のイヤホンが発表された。1機種目はAirPodsと見かけがほぼ同じの左右独立型ワイヤレスカナル型イヤホンWF-1000X

2機種目はすでに発売されているソニーMDR-1000Xの後継機にあたるWH-1000XM2。使用環境に合わせて自動でノイズキャンセリング方式を切り替える機能を採用している。さらに一度の充電で30時間使用可能となり前機種よりも10時間長くなっている。

そして最後の3機種目は首にかけて使用するネックバンドタイプのWI-1000X。こちらも使用環境に合わせて自動でノイズキャンセリングの方式を変更する機能を採用。さらにスマホと連動すれば来電を振動で知らせる機能も持ち合わせている。

ソニー新型左右独立型イヤホンWF-1000XとApple AirPodsの機能徹底比較

発表された3機種の中でも特に注目を集めているワイヤレスカナル型イヤホンのWF-1000Xに注目しよう。同機能を備えているライバル機種として挙がるのはやはりApple AirPodsだろう。ワイヤレスイヤホンでの注目の仕様を比較してみる。

連続使用可能時間|AirPodsに軍配

使用時間に関してはAirPodsに軍配が上がるようだ。充電が100%の状態で使用しての時間を比較する。AirPodsの使用可能時間は5時間程度なのに対しソニーWF-1000Xは約3時間。この時間をどうみるか。

ソニーWF-1000Xの使用可能時間は3時間。つまり通勤や通学で使用するのなら毎日充電は欠かせない。ただ付属のケースにも充電機能がある。

ケースでの充電時間|こちらもAirPodsに軍配

ソニーWF-1000Xも収納ケースに入れると充電される仕様となっている。収納ケースに入れておけば2度100%まで充電できる。つまり3時間+3時間+3時間の合計9時間だ。AirPodsはこの点ケースに入れての充電を含めると約24時間使用できる。こうしてみるとAirPodsのバッテリー機能の優秀さが目立っている。

携帯性|AirPodsケースの方がコンパクト

充電できる収納ケースはソニーWF-1000Xの方が一回り大きくなっている。バッテリー機能がソニーの方が良ければいいのだが、大きいうえに充電機能も低いという何とも言えない結果だ。
そしてソニーWF-1000Xケースの充電ケーブルだがケース側はMicro USBを採用。一方でAirPodsはLightningケーブルで充電できる。iPhoneユーザーであれば持ち運ぶ充電ケーブルが一本増えるというのは不便でしかない。

ノイズキャンセリング機能|ソニーWF-1000Xが圧倒的に優秀

バッテリーに関してはAirPodsに差を開けられているソニーだがノイズキャンセリング機能は非常に優秀だ。前機種のSense Engineよりもさらにスペックアップしており、使用環境によって自動で方式を調整する機能を備えている。

例えば交通機関に乗っている際はエンジン音をカットするが、人の声は聞き取れるように調整する。ほかにも外で歩行中はクラクションなどの警告音は聞き取れるように調整。さらに警告音がどちらの方向から聞こえてくるのかを利用者に識別させる機能も備わっている。警告音を聞き取れず起こる事故を予防する機能だ。

これらの点でソニーには最新の技術が採用されておりより快適にイヤホンを使用できる。

販売価格|AirPodsが安価

ソニーWF-1000Xの米国での販売価格は199ドル。AirPodsよりも数十ドル高くなっている。

ソニーワイヤレスイヤホンWF-1000X日本での販売価格・発売日に期待

これまでカナル型ワイヤレスイヤホンの選択肢としてまず上がってくるのはAirPodsだった。ソニーから特にノイズキャンセリング機能などの聞こえ方に本格的に力を入れた製品が発売されたことを喜んでいるユーザーも多いはずだ。

日本での発売日や販売価格はいまだ未発表。発売開始されれば注目を集めそうだ。今後新しい情報が入り次第こちらでご紹介して行く予定だ。

ソース:Sony公式サイト


関連記事

  1. Microsoft指紋センサー搭載キーボード|日本での発売日・価格は?

  2. ノートパソコン作業スペース

    ペンタブはノートパソコンだと使いにくい?選ぶ時の注意点まとめ

  3. ひび

    【液タブ|保護フィルム】ワコムが公式におすすめしてるのが評判いい!

  4. Surface Proで使えるワコムペンBamboo Ink|選べるペン先で描き味にこだわる方向け

  5. bamboo slate

    手書きメモのデジタル化が一瞬でできるBamboo SmartPadが便利すぎる!使用シーンで見る実力…

  6. Powermate bluetooth|つまみ型コントローラー徹底検証|購入はあり?【おすすめ左手デ…

  7. ミニPC(小型PC)の選び方|性能・価格を比較してのおすすめ3機種【2017年版】

  8. samusungkeitai

    SamSung今年中に折り曲がる液晶の携帯販売開始か




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. GAOMON PD1560 ペン芯
  2. GT-156 V2 デザイン

最新記事 Choice10

  1. ASUS TransBook Mini T103発売日・価格情報|お手軽価格のS…
  2. 【OnePlus 5T SIMフリースマホセール情報】50台限定499ドル by…
  3. 【msiゲーミングノートパソコン】評判と選び方を検証してのおすすめ
  4. 【ASUS NovaGo】Snapdragon835搭載2in1PCに注目!発売…
  5. asus zenpad 3 8.0 レビュー高評価80%の理由を検証|カバーのお…
  6. HUAWEI MediaPad M3 lite 10 wp|防水機能搭載テレビが…
  7. ノイズキャンセリングヘッドホン開封レビュー|飛行機での使用におすすめ(LiteX…
  8. GT-156 V2 デザイン 【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円…
  9. GAOMON PD1560 ペン芯 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  10. 【acer Spin 5】筆圧1024ペン対応 360°回転2in1PC|Ace…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP