ワコム液晶タブレットサイズ|27インチvs13インチ|おすすめはどっち?

液晶タブレットを選ぶ時に初めの選択は液晶のサイズ。これまで液晶タブレットを使ったことのない人は大きさの目安もなかなかつきにくいもの。ワコムの液晶タブレットで13インチと27インチがあるけどおすすめはどっち?それぞれのメリット・デメリットで比較してみよう。

ワコム13インチ液晶タブレットのメリット、デメリット

13インチ液晶タブレットのメリット

価格

液晶タブレットの価格ラインナップの違いは二つ。

  1. 液晶の大きさ
  2. 指で触って反応が出るタッチ機能有無

当然13インチは液晶が27より小さくなるので価格がかなり安くなる。その差10万以上なので当然無視はできない。

持ち運べる絶妙なサイズ

13インチという絶妙なサイズ感もポイント。AppleのipadProが13インチへサイズ展開していったように十分持ち運べる大きさだ。

作業環境にもよるが場所を変えて作業をしたいという方も多いはず。その場合選択肢は13インチのみ。これ以上だと22インチ、27インチ。そうなってくると移動しての利用は実質不可能だ。

ちなみに22インチの大きさのイメージがこんな感じ。(画像クリックで価格情報へリンク)。27インチも実際に使ったことがあるが机に置くとかなりの存在感だ。

ワコム 液晶ペンタブレット 21.5インチ タッチ機能搭載 Cintiq 22HD touch 【新型番】2015年1月モデル DTH-2200/K1

描画精度の差

13インチのほうが書きやすい?

液晶タブレット全体の使用感の問題。それがペン先と描画される位置とのずれ。液晶ガラスを通すので視差が出てくるのはある程度は避けられない。

この点新しいCintiq Pro13インチではペン先と描画位置のギャップ(視差)が改善されている。液タブの弱点だった視差を気にするユーザーが多かっただけに今回の新製品で改善されていることは大きなポイントだ。

13インチのデメリット

デメリットで言うと作業範囲の狭さ。ペイントソフトを使うとペンの種類や色を変更と意外に必要になってくる領域も多いのだ。13インチだとその辺の作業領域に小ささを感じることが多くなってくるだろう。

加えて実際に描画しながらネットで情報収集したり、見本を出したりする機会が多い方は液晶タブレットインチ数が大きい方が断然作業効率が上がる。

 

新製品Cintiq Proの価格情報

cintiq pro gaikan
Cintiq Pro13 (液晶サイズ:13インチ)

¥ 138,000 (税込)

楽天やAmazonで購入を検討している方はこちらからご覧いただける。保証はメーカー1年無償保証が付帯される。ワコムストア購入時と同等だ。

Amazonで購入するならAmazonプライム(初回30日無料)に入っておくと良い。お急ぎ便(最速明日到着)のオプション料金が無料になるからだ。もちろんすぐに退会も可能。➡ Amazonプライム詳細はこちら

27インチタブレットのメリット、デメリット

27インチ液晶タブレットのメリット

作業範囲の広さ

27インチになると13インチの作業範囲で比べると雲泥の差がある。実際に店舗などで見てみるとその大きさは格別だ。普段13インチで作業している人にとっては革命的な大きさ。ウィンドウを2、3個開いてキャンパスで描画ということも余裕でできる。下の写真でわかるが、キャンパスのほかにこれだけ開いても十分作業できるのだ。これは作業効率に直接影響が出てくる。

ワコム 液晶ペンタブレット 27型QHD液晶 Cintiq 27QHD touch DTH-2700/K0

解像度の大きさ

27インチであればWQHDでの描画が可能!なかなかこのサイズの解像度を使う機会もないので実感するのが難しいが、実際使ってみるとその作業効率の高さは感動!。これまでWindowの変更でかかっていた手間が一気に省けるのでかなりの時間と労力の短縮を期待できる。正直一度WQHDの解像度を体験するとフルHDの解像度でも作業がしずらく感じる。

27インチ液晶タブレットのデメリット

作業スペースと価格の問題

デメリットで言うと単純に作業台のスペースが必要になるということ。重量もかなりのものでスタンドを加えると30キロ近く!かなり丈夫なデスクが必要だ。

あと実際問題なのが価格。27インチだと30万円近く必要になる。ただこれから本格的に始めていきたいなら十分検討できる価格だ!

具体的な27インチの価格がこちら

DTK2700(タッチ機能なし) : ¥ 291,600 (税込)
ワコム公式ストアページはこちら!

DTH2700(タッチ機能あり) : ¥ 345,600 (税込)
ワコム公式ストアページはこちら!

お急ぎ便(最速明日到着)のオプション料金が無料 ➡ Amazonプライム詳細はこちら

13インチvs 27インチ|仕様比較表

そもそも用途が違うから比較するものでもないけど。大きさの差もみておこう。

13インチ 27インチ
表示サイズ 13.3型(293.8×165.2mm) 27型(596.7 x 335.6 mm)
価格 107,784円 291,600円
最大表示解像度 1920×1080 2560×1440
最大表示色 1677万色/256階調 10億7,374万色(
応答速度 25ms 12ms
視野角 水平178°/垂直178° 水平178°/垂直178°
外形寸法 375 x 248 x 14 770 x 465 x 54.5
重量 本体約1.2kg/スタンド約0.4Kg 本体約9kg / Stand付き 約25 kg
持ち運べる? 一人で大丈夫 男性二人必須

実際2台とも見て使ったことがある。最大解像度と表示色は、13インチは大きさが小さいので色のきれいさはかなりのものだ。写真を編集するプロが見るとさらに効果を実感できるはずだ。

大きさが違うのは言うまでもないが、27インチは移動、設置に必ず男性2人必要なのでご注意を!

結局自分にはどっちが合っている?

決め手になるのは自分がどんな用途で使うかになるか

こんな方には27インチがおすすめ!

・自宅のみでがっつり作業!

・一度にWindowをいくつも開いて作業がしたい。効率重視!

・シビアなカラー表現が必須な用途。

こんな方には13インチをおすすめ!

・自宅で作業もするけどたまに移動して環境を変えて作業したい!

・デュアルディスプレイだからキャンパスさえ見えればOK。

ワコム液晶タブレットのおすすめ製品の一覧はこちらです。

➡ Amazonでの最安値はこちら!
ワコムストア楽天市場店で最安値はこちら!


コメント




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. amazon fire hd 8

最新記事 Choice10

  1. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっち…
  2. amazon fire hd 8 Amazon Fire HD 8(第8世代)Newモデルを発表|第7世代との違い…
  3. 【Amazonタイムセール祭りピックアップ】Adobe画像編集ソフト、ノートンセ…
  4. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド
  5. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2…
  6. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底…
  7. HUION KAMVAS Pro13 pen HUION遂に!傾き検出搭載液タブを発売決定【KAMVAS Pro13】
  8. LG Display sale お絵描きで使えそうなモニターがセール中【Amazonタイムセール祭り】
  9. Teclast F7 Notebook 【Teclast F7 Notebook レビュー】 激安中華ノートパソコンの実…
  10. 外付けSSDの選び方・おすすめBEST8|2018年に価格が安くなっている理由

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP