【ONEーNETBOOK One Mix】筆圧ペン対応の内ポケットに入る7型Winパソコン登場

ONE NETBOOKから7インチのコンバーチブル2in1PCが発売される。7インチにWin10搭載、筆圧2048レベルペン付属、360度折り返してタブレットのようにも使える。内ポケットに忍ばせられるWinOSノートパソコンというロマンあふれる製品の詳細をご紹介する。ONE NETBOOKがどんなメーカーなのかも説明。

ONE NETBOOKからOne Mix 7インチWinOS搭載ノートパソコンを発表

ONE NETBOOKは中国深センの新しいメーカー。そこから液晶7インチ、メモリ8GBを載せながらも重量約515gのノートパソコン、「One Mix」が発売される。上部画像でサイズ感を感じていただけるはずだ。内ポケットに入れて持ち運べるフルWinOSノートパソコン。

そしてガジェット好きならすぐに分かるが、GPD Pocketとほぼ同じスペック、サイズの製品だ。一部で非常に大きな話題となった。Amazonでもすでに販売されている。

ただOne Mixがさらに注目を集めると予想される。早速スペックの注目すべきポイントを見てみよう。

ONE NETBOOK One Mixの注目スペック

まずはONE NETBOOK One Mixが大きな注目を浴びることになった最大の理由がこちら。

筆圧2048レベルペン対応

なんとこのサイズ感の小型ノートパソコンながら筆圧感知ペンに対応しているのだ。しかも筆圧2048レベル。安価なタブレットでたまに筆圧ペンが付属している製品もあるが大抵筆圧は1024レベル程度。現在の筆圧ペンの最高スペックは8192レベルだが実は2年ほど前までは2048レベルが最高スペック。プロの漫画家もディズニーのイラストレーターもみんな2048レベルのペンで作品を生み出していたのだ。

決して低くなくプロが仕事で使っていた筆圧レベルペンに対応するというオーバースペックにも思えるペンに対応している小型ノートパソコンは間違いなくこのOne Mixのみだ。画像を見たところペングリップ部分にショートカットキーも配されており本輝度を感じる。

筆圧がすごいのはわかったが7インチのサイズ感で何が書けるんだ、と思われるかもしれない。その通り。後で見るが搭載CPUを見ても重いイラストソフトやPhotoshopは快適に動くスペックでもない。ただロマンあふれる製品であることに間違いはない。

無理やり用途を考えると、7インチと片手で持てるサイズなので何かをさっとメモしたり、資料に書き込んだり、簡単なデザインスケッチを描いたりといったことは可能。ビジネスシーンで活躍してくれる、はずだ。

内ポケットに収められるサイズ感

こちらも最大の特徴。男性であればスーツの内ポケットに収められるサイズとなっている。重量も約515gと楽々持ち運べる。素材はアルミ合金。デザインも余計なロゴなど一切省かれているのも好印象だ。

360度回転ヒンジでタブレットタイプで使用も可能

GPD Pocketと比較して大きく異なる仕様がこちら。画像のようにキーボードとのヒンジが360度回転するのでタブレットモードとして使用できる。もちろんテントモードで立てて使用も可能。画像を見ると程よいサイズ感でPDFファイルにメモを描き加えたりできそうだ。

メモリ8GB、保存容量128GB搭載

このように処理性能もなかなか良い。残念なのがCPUがIntel Atom x5-Z8350だということ。GPD PocketがIntel Atom x7-Z8700だったのでできれば同じかそれ以上のスペックが欲しかった。ただメモリは8GBなので十分だ。

豊富なインターフェイス

通常のタブレットではなく小型ノートパソコンならではのポイントがインターフェイス。

  • USB3.0
  • USB-TYPE C
  • Micro HDMI
  • Micro USB
  • Micro SDカードスロット(最大128GB)

他液晶に出力することも可能だ。出先のプレゼンの時に内ポケットからOne Mixを取り出して液晶に接続すればとりあえずの話題になりそうで良い。

ONE NETBOOK One Mixの価格・発売日

注目のスペックをまとめてご紹介した。価格は現地中国のジンドンモールで2999人民元。日本円で約51,000円といったところだ。ジンドンモールでは既にプレオーダーが始まっており、26.18元の仮押さえ金が必要。5月10日の時点で既に約700件の予約が入っている。

ONE NETBOOK One Mix 購入方法

今後海外ECサイトのGearBestで販売される。PayPalが使えたり、日本に専用倉庫を備えていたりと日本での利用者も多いサイトだ。既にプレオーダーが始まっており、6月10日にプレセールが終了するとのこと。

価格は現時点で53、906円。ただ定期的にセールが開催されているので価格は下記のリンクからチェックして頂きたい。

よく似たタイプのGPD PocketはGearBestでもかなりのスピードで売れたとのことだ。気になる方は速めにチェックを!

➡ ONE NETBOOK One Mix 販売ページ【GearBest公式サイト】

ロマンあふれる製品なだけにGPD Pocketと同じく発売されれば大きな話題となりそうだ。レビューがそろい次第こちらでもまたご紹介する予定。最新情報はTwitterから更新情報を発信しているので下部からFollowを。

ONE NETBOOKとはどんなメーカー

最後になったが新鋭メーカーONE NETBOOKについてご紹介。ONE NETBOOKは中国深センのメーカー。(中国語名:深圳壹号本科技有限公司)パソコンおよびソフトウェアの研究開発、生産、販売を全て行っている。ただ製品デザインを見ると他中華メーカーと同じに見えるものも多い。(ペンや本体のデザイン、素材など)新しいメーカーで現時点で販売している製品このOne Mix一点のみだ。

スマホのサイズにノートパソコンの性能を詰め込み、主にビジネスマンが仕事での出張など外出先でガシガシ使える高い性能を目指している。現時点で同じタイプのパソコンはほぼないが発展していく可能性を感じ取り製品化を進めた模様。

既にメーカーHPはあるがプライバシーポリシーや法律情報などのリンクはあるが内容がまだなかったりと本当にできたばかりのメーカーといった印象。ということでアフターサービスがどうかやこれからのアップデートがどうなるのかなどはすべて不明だ。

ただガジェット好きの心の琴線に触れる製品を販売してくれそうなメーカーなだけに今後に期待したい。


関連記事

  1. Galaxy Note8 日本発売日はiPhone 7sよりも先の9月か|スペック情報を整理

  2. HUAWEI P10LITE

    HUAWEI P10実機レビュー|スペックをiPhoneと比較|価格・発売日最新情報

  3. BLUEDOT激安1万円7.9インチタブレット|レビュー評価まとめ(BNT-791W)

  4. xiaomi mi6梱包箱

    【xiaomi mi6実機レビュー】スペック・価格を検証|対応バンド一覧

  5. Chuwi Lapbook ロゴ

    Chuwi実機レビュー|タブレット・ノートPCの実力をまとめて検証

  6. Galaxy Tab S3ペン

    【Galaxy Tab S3】日本発売日|スペックはiPad ProのAndroid版か検証

  7. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシュにするガジェット

  8. ビジネスで使えるスマートウォッチのおすすめ【2020年版】

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2020年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【2020年おすすめモバイルモニターの選び方】タッチパネル対応編
  2. 【Zoomの賢い使い方】ホストがパスワード付きのミーティングをする方法
  3. HUION Kamvas Pro 22 実機レビューでスペックと価格をチェック
  4. おすすめロータイプゲーミングデスク|安いコスパ最強のベスト5【2020年版】
  5. 恵安(KEIAN)タブレットの評判をまとめて見る|KI-R10S、KIC104P…
  6. HUION Kamvas Pro 16開封レビュー|ワコムの4分の1の価格で買え…
  7. HUION 24インチ 液タブ HUION KAMVAS Pro24 液タブの実機レビューで分かったこと
  8. 【2020年おすすめの一体型PC】ゲーミングPCとして使える機種も紹介
  9. HUAWEI MatePad ProとiPad Pro 11インチを比較!ハイス…
  10. 【爆売れ確定】Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの価格…

人気の記事 TOP5

  1. HUION 24インチ 液タブ
PAGE TOP