【BOOX Note徹底検証】ワコムペン搭載の電子ペーパーディスプレイ搭載タブレット

BOOX Note発売日・価格が決定!電子ペーパーディスプレイ搭載のAndroidタブレットが遂に登場する。電子ペーパーディスプレイということでモノクロ表示だがワコム製筆圧ペン・タッチ操作に対応していたりと大注目なスペックだ。BOOX Noteの詳細スペックを検証したい方に見ていただきたい情報。

BOOX Note 電子ペーパーディスプレイ搭載Androidタブレットを発売

BOOX Noteは10.3インチの電子ペーパーディスプレイを搭載したAndroidタブレット。E Inkパネルを搭載していることが最大の特徴だ。またOS Android6.0を搭載しており、Google Playストアからアプリもインストールできるので用途も様々。ファイル管理もSONYデジタルペーパーDPT-CP1などよりも簡単にできる。PDF以外のファイルも手軽に扱えるのもうれしい。

BOOX Note 日本での発売日・価格情報

発売日と価格もすでに決定している。

  • 発売日:2018年5月前半
  • 価 格:69,800円(税込み)

購入はAmazonからも可能。注目のスペックと電子ペーパーディスプレイを搭載するBOOX Noteのメリット・デメリットを検証してみよう。

BOOX Note 詳細スペック 注目の電子ペーパーディスプレイ

液晶:電子ペーパーディスプレイ 10.3型

まずは何といっても液晶が最大の特徴。電子ペーパーディスプレイの10.3インチ解像度も1872*1404と十分だ。電子ペーパーディスプレイということで下記のポイントを理解しておくべし。

電子ペーパーなので長時間使用しても目に優しい。電子ペーパーは通常の液晶と異なりバックライトを使用していない。通常の紙を見る際と同じで自然の光を反射させて目にする仕組み。ということで長時間使用した時の目の疲れ方が全然違う。

さらに電子ペーパーディスプレイということでこんなメリットも。

超薄型・超軽量デザイン

電子ペーパーディスプレイなので本体外形をかなりスリムにできる。薄さ6.8mm、重量325gともやはタブレットというよりもノートとそれほど変わらないサイズ感だ。バッテリー消費も少ないので10.3インチという大きめの液晶だがこの薄さを実現している。

この薄さ、軽さの本体にAndroid OSを搭載したタブレットとしての用途を備えており、しかも10.3インチという大きさは大きなメリットだ。

ただ電子ペーパーなのでモノクロ表示。現時点でカラーの電子ペーパーディスプレイ搭載のタブレットは製品化されていない。ということでこんなAndroidタブレットとはいえ動画鑑賞や画像処理には不向き。あくまでモノクロのスケッチ、文書閲覧が用途となる。

筆圧4096レベルワコムペンに対応 + タッチ操作も対応

更に筆圧感知ペンにも対応している。筆圧レベルは4096とかなり高め。ワコムの最新のペンタブレットIntuosと同じレベルだ。ワコムペンタブIntuosはプロ仕様のものではないが立派なデジタルペイント用のガジェット。BOOX Noteもただ単にメモ書き程度の用途ではなくスケッチやデザインをする為のガジェットとして十分使用できるレベルということだ。

タッチにも対応しており他電子ペーパーディスプレイ搭載のSONYやAmazon Kindleデバイスと一線を画す仕様だ。ズーム、移動などより直感的に操作可能で期待できる。

BOOX Noteのその他一押しポイント

その他でメーカーHPで紹介されていたポイントがこちら。

Double window Mode。要はiOSでいうスプリットビュー。タブレットを横にして画面を2分割して使用できる。PDFを閲覧しながらメモを取ったり、2つの本を比較しながら調べたりと電子ペーパーディスプレイデバイスとして用途の幅を広げてくれそうだ。

Dual Speakers Surround Sound搭載。動画鑑賞はしないかと思うが音楽を聴きながら作業できる模様。

BOOX Noteを買うべき人と買うべきではない人

BOOX Noteの注目スペックをご紹介した。電子ペーパーディスプレイのニーズは高い。これまでは画面動作の遅延など反応の遅さで敬遠されていたが、技術も進歩し、ペンでのPDFファイルに書き込み作業はストレスなく進められる。ただ実機レビュー動画を見る限りネット閲覧になると反応の遅さを肌で感じるレベルだった。

電子書籍の閲覧、書き込み、メモの長時間使用にかなりおすすめ

長時間使用しても目に優しいという電子ペーパーディスプレイの良さを存分に味わうことができるだろう。Android OSなのでファイル管理も簡単で操作性も高い。

更にプロのイラストレーターから絶大な信頼を得ているワコム製の筆圧感知ペンが搭載されているのもポイント。本格的な線画スケッチにも使用できる。もちろんメモが用途という方もかなり快適にドローイング可能だ。

動画鑑賞、ネットブラウジングが用途のユーザーは通常のタブレットを購入するべき

モノクロ表示だということと、画面スクロール時の遅延はいまだ存在するということで、動画閲覧やネット閲覧が主な用途という方は通常のタブレットを購入するべきだ。下記のスペック表でも分かるがメモリが2GBだったりとメーカーとしてもタブレット端末としてガシガシ使用するというよりは、単純に電子書籍閲覧やメモ、スケッチなどを想定して設計している。

自分の用途をしっかりと確認して選べばベストバイができる。大衆向けのタブレットではないが一部のユーザーのニーズにがっつりはまっているはず。価格も電子ペーパーディスプレイ搭載のタブレットとしては安い。

最後に製品のスペック表をご紹介。

BOOX Note スペック表

液晶 10.3インチ
解像度 1872*1404
保存容量 32GB
メモリ 2GB
OS Android 6.0
バッテリー 4100mAh
外形サイズ 249.5 * 177.8 * 6.8mm
重量 3

 

 


関連記事

  1. huion-gt-156hd

    【HUION液晶ペンタブレットGT-156HD徹底検証】気になる仕様一覧をメーカーが送ってくれた。あ…

  2. lenovo yoga book

    YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

  3. huion gt-220

    【HUION】GT-220の価格・レビューを専門家が徹底検証!ワコム以外はダメ?

  4. 中古の液タブを買う時の注意点は?価格の変動・最安値をグラフでチェック!

  5. 【開封レビューHUIONペンタブH640P】初の充電不要筆圧8192ペン搭載コンパクトペンタブ

  6. xp-pen artist reviw

    【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地レビュー

  7. サンコーミンタブモバイル13.3型液タブ発売開始!USBから直接給電

  8. Surface 2017年新製品

    Surface2017年新製品の特徴・価格を一覧表で整理|Surface Book vs Surfa…




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  2. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  3. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  4. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  5. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  6. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  7. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  8. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  9. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  10. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP