ミニPC(小型PC)の選び方|性能・価格を比較してのおすすめ3機種【2017年版】

ミニPC(小型PC)の選び方。2017年に販売されているミニPCの価格・性能を徹底比較しておすすめの3機種を厳選してご紹介する。ファンレスタイプやゲームで使える機能搭載のタイプなど様々だが徹底比較の結果がこちら。

ミニPC(小型PC)の選び方

ミニPCの選び方を見てみよう。その前にそもそもミニPC(小型PC)とは?ミニPCの特徴をピックアップしてご紹介する。

使い方はデスクトップPCと同じ

基本的に使い方はデスクトップPCと同じとなる。小型の箱にモニター、マウス、キーボード、スピーカーなどを接続してパソコンとして使用する。もちろん映像ポートがいくつかあればデュアルディスプレイなどで使用もできる。デスクトップPCと異なるのは拡張性。ミニPCの場合CPUやメモリの変更くらいは可能だが、ビデオカードの拡張などは難しい。拡張の便利さではノートパソコンと同等レベルだ。

コンパクトサイズ

本体のサイズ感は20cm四方でデスクにおいても全くスペースを取らない。コンパクトさが最大の特徴。現在多く売り出されているデスクトップPCのサイズは、通常タワー型、スリム型、ミニPCというすみわけだ。デスク周りをすっきりおしゃれに見せたい方にとってタワー型、スリム型のデスクトップPCは存在感がありすぎる。

ミニPCであればディスプレイの背面に装着することもできる。実質デスクの上にあるものはディスプレイのみに絞れるのでインテリアの邪魔にもならないのだ。さらにコンパクトだがライトユーザーであれば性能は十分。PC性能については次に取り上げる。

PC性能はピンキリ

性能は通常のデスクトップパソコンと同じようにピンキリだ。非常に安価で購入できるロースペックのものから動画編集でも十分使用できるハイスペックまで様々。現時点でミニPCのスタンダードはノートパソコン程度。使用しているパーツなどがサイズ的にノートパソコンのものだからだ。

スペックで選ぶならある程度の選択肢の幅があるので、自分の用途に合わせてスペックをチョイスできるはずだ。選択肢の幅でいうとノートパソコンと同等。ただ価格がノートパソコンよりもかなり安く手にできる。そう、ミニPCの魅力の一つが価格の安さだ。

価格の安さ

単純にディスプレイやキーボードが付属していないのでその分価格は安くなる。ただミニパソコンを選ぶ時に安さだけにひかれて購入するのは非常に危険。格安ミニPCの場合上記でも触れているがパソコンのパーツではなくタブレットのものを使用しているものもある。自分がどういった作業をしたいかを想定して必要スペックを決めてから選択するのがベター。中華メーカーからも格安で販売されているがどんなパーツを使っているのか疑わしいものも多い。やはり日本のメーカー品が安心だ。

これらのミニPCの特徴を踏まえて自分の用途に合わせて選べばベストな選択ができそうだ。こういった需要がある方にとってミニPCはベストな選択だ。

  • デスクスペースをすっきりさせたい
  • ライトユーザーなので価格をとにかく抑えて揃えたい

おすすめミニPC(小型PC)おすすめ3機種

正直なところミニPCの選択肢はデスクトップやノートパソコンほど多くはない。すべてのメーカーが出しているわけではないからだ。その中でもメーカー的に安定しており、ネットサーフィンや文書作成などのライトユーザーが安定して使用できる3機種をご紹介。

おすすめ01 マウス LUV MACHINES mini|コスパ抜群

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューターから販売されているミニPCだ。CMでもよく目にする日本のメーカー。個人、法人ともに利用できる安定したメーカーでコスパの良さが最大の特徴だ。おすすめなのはCPU Core i3、SSD搭載モデル。快適な動作のためにHDではなくSSDを選ぶべきだ。詳細スペックがこちら。

マウスコンピューター CPU Core i3 6100U
 LM-mini85S-S1 メモリ 4GB
保存容量 120GB/SSD
インターフェイス USB3.0*4

USB2.0*2

映像ポート HDMI/D-Sub
ネットワーク 有線LAN

Wifi対応

重量 660g
本体サイズ 195*151*26
価格 62、424円

現在のAmazonでの最安値はこちらからご覧いただける。

上記以外にもCPUスペックを落としたモデルであればさらに安い価格で購入できる。エントリーモデルであれば4万円を切る機種(CPU:Celeron3855U、メモリ:4G、保存容量:SSD64GB)も発売されている。

おすすめ02 Lenovo ThinkCentre M710q Tiny|安心メーカー品


いわずと知れたパソコンメーカーLenovoから発売されている製品。価格帯はこちらでご紹介しているマウスコンピューターと比較すると高め。安心メーカー品を選びたいならLenovo ThinkCentreがおすすめだ。

Lenovo CPU Core i3 7100U
メモリ 4GB
保存容量 120GB/SSD
インターフェイス USB3.0*6
映像ポート DisPort*2/VGA
ネットワーク 有線LAN

Wifi対応

重量 1320g
本体サイズ 182*179*34.5
価格 76,032円

Amazonでの価格がこちら。

こちらも様々あるスペックからカスタマイズして購入可能だ。CPU:Core i7、メモリー8GBなどデスクトップ顔負けの性能までカスタマイズも可能だ。

おすすめ03 Apple Macmini|最も安くMacOSを導入

最後にご紹介するのはApple のMacmini。ここ数年間新型が発表されていないのがネックだが、性能自体は今でも十分使用できるレベルだ。そしてMacOSながら価格の安さが一定にユーザーに人気を集めている模様。確かに今回ご紹介したWindows OSのミニPCとほぼ同じスペック(注:ROMはHD)だが価格は一番安くなっている。詳細スペックがこちら。

APPLE CPU Core i5
メモリ 4GB
保存容量 500GB/HD
インターフェイス USB3.0*4

SDXCカードスロット

映像ポート HDMI/DVI

Thunderbolt2*2

ネットワーク 有線LAN

Wifi対応

重量 1190g
本体サイズ 197*197*36
価格 52,000円

このスペックながら5万円台。MacOSであることを考えるとコスパが良い。なるべく安くMacを導入したい問う方にお勧めの選択肢だ。現在のAmazonの最安値価格がこちら。

以上ミニPCの選び方、そしてライトユーザーにお勧めの機種3種類をご紹介した。自分の用途に合ったパソコンを見つけるための参考にしていただければ幸いだ。


関連記事

  1. Amazon Prime Day本日18時から|注目はAnkerモバイルバッテリー

  2. 液タブの持ち運びにベストなカバンはどれ?ワコム液タブが入る最強カバンの選び方

  3. ワコムiPad Pro対応の筆圧2048スタイラスペン|Bamboo Sketchの実力

  4. wacom-link図式

    Wacom Linkの発売日・価格最新情報|Cintiq ProをMini Displayport・…

  5. CLIP STUDIO TABMATE|専用左手デバイス2017年冬に販売開始

  6. ワコム技術を活かした2画面電子ペーパー楽譜専用液タブ2017年9月に販売開始

  7. bamboo slate

    手書きメモのデジタル化が一瞬でできるBamboo SmartPadが便利すぎる!使用シーンで見る実力…

  8. 液晶タブレットを快適に使えるパソコンおすすめTOP3




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

最新記事 Choice10

  1. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカ…
  2. Acer12型2in1PC Switch3を発表|筆圧1024ペン付属のSurf…
  3. iPhone Xの価格=日本人の給料19日分は妥当なのか (The real c…
  4. iPhone Xの新機能をiPhone 7/7 Plus/8/8 Plusと比較…
  5. 【HP x2 210 G2】10.1型2in1タブレットレビューまとめ|売れ筋だ…
  6. ASUS TransBook 3 T305CA 12.6型タブレット発表|iPa…
  7. 【ドスパラraytrektab DG-D08IWP開封レビュー評価】絵師に大好評…
  8. iPhone X 発売日・価格が決定!新機能をまとめてサクッと知りたい方へ
  9. Xiaomi 2017年新スマホ Mi Note 3の価格・発売日発表|iPho…
  10. Xiaomi2017年最新スマホ Mi MIX2 発売日・価格決定|意外な安さに…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP