【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっちが買いか検証

HUAWEI MediaPad T5の価格、スペック、発売日をまとめてご紹介。今売れ筋のMediaPad M5と比較して自分の用途に合ったものを選びたい。複雑な作業をせず簡単なウェブブラウズや動画鑑賞が用途の方にとってはコスパ抜群でおすすめ。

HUAWEI MediaPad T5 発売日・価格情報

HUAWEIから販売されるエントリーモデルの新型タブレットの情報。

  • 発売日:9月21日
  • 価格:LTEモデル 26,800円(税別)
  •   :Wifiモデル 22,800円(税別)

エントリーモデルということで2万円台という手を出しやすい価格帯。スペックをまとめるとこうなる。

HUAWEI MediaPad T5 スペック

MediaPad T5の主なスペック。

  • ディスプレイ:10.1インチ
  • 解像度:1920×1200
  • CPU:Kirin659
  • メモリ:2GB
  • 保存容量:16GB(外部メモリーMicro USB最大256GB対応)
  • 重量:465g、厚さ:7.8mm

数あるタブレットの中でHUAWEI MediaPad T5を選ぶ理由は何か。メーカーホームページでTOPで押されていた機能がこちらだ。

薄くて軽いメタルボディ、そして美しいディスプレイ

まず押されているのが本体重量の軽さとメタルボディの美しさだ。本体厚さは7.8mmと非常に薄い。重量も465gなので楽々持ち運べるサイズ感。それでいて素材がメタルボディなので頑丈な作りになっているので安心感も高い。

そしてディスプレイの美しさもMeidaPad T5の特徴のようだ。ディスプレイ10.1インチ解像度1920×1200アスペクト比が16:10と使いやすいのもポイント。タブレットの主な用途である動画鑑賞やウェブブラウズに十分使用できそうだ。

その他にもデュアルスピーカーを搭載。HUAWEI独自の音響技術であるHistenで360度の臨場感あふれるサウンド環境が整っている。更にブルーライトカットモードもあり長時間動画視聴しても目に優しい機能を搭載。

今いちなウィークポイント:処理性能

CPUはKirin659。HUAWEIのP20liteに搭載されているものと同じで2018年春ごろ発売されているスマホの平均的なレベルと決しえ高くない。さらにメモリが2GBとかなり控えめなのも特徴。重めのゲームは難しいし複数アプリをガシガシ開いての作業も難しそうだ。

このように製品として押し出している機能を見ると主な用途が動画鑑賞、ウェブブラウズのユーザーに対象を絞っている。仕事で文書や画像をガシガシ編集したいという方向けではない。逆にいえばタブレットで複雑な作業をする予定がなくてシンプルにネット検索をしたり、Youtubeで動画を見たりといった用途であれば非常にねらい目のタブレットだ。

そして何よりも大きな特徴は、

Wifiモデル:22,800円という価格の安さ

10.1インチ高解像度のディスプレイを備えていながらこの価格の安さは素晴らしいの一言。しかもHUAWEIメーカー製品という安心感もある。HUAWEIから発売されているタブレットの中でもエントリーモデルでかなり安い方だ。

既に発売されており多くのユーザーに選ばれているHUAWEI MediaPadM5と比較してみよう。

HUAWEI MediaPad T5とM5を比較

売れ筋のHUAWEI MeidaPad T5とM5の主なスペックを比較するとこうなる。(どちらもWifiモデル)

 モデル名 T5 M5
ディスプレイ 10.1インチ 8.4インチ
解像度 1920×1200 2560×1600
CPU Kirin659 Kirin960
メモリ 2GB 4GB
保存容量 16GB 32GB
価格 22,800円 34,800円

新しく発売されるMediaPad T5の強みまずは価格の安さ。1万円以上安くなっている。さらに価格は安いがディスプレイサイズは10.1インチと大サイズ。さらにサウンド性能やブルーライトカットなど動画鑑賞に特化した機能が多数搭載されているのもポイントだ。

MediaPad M5の強みは安定した処理性能。搭載CPUKirin960、メモリ4GBとかなり安定した動作となりそうな高い処理能力が特徴だ。8.4インチと持ち回りの良いサイズ感も特徴。

ということで新しく発売されるMediaPad T5を選ぶべきユーザーは、

  • 用途は簡単なウェブブラウズで複雑な作業はしない
  • 動画鑑賞が主な用途なので大画面が良い
  • とにかく安く手に入れたい

といった方。正直ほとんどのユーザーの用途はこのくらいではないだろうか。コスパの良さは抜群だし割り切って選べばかなり良いチョイスになりそうだ。

ソース:https://consumer.huawei.com/jp/tablets/mediapad-t5/

 


関連記事

  1. BLUEDOT激安1万円7.9インチタブレット|レビュー評価まとめ(BNT-791W)

  2. ASUS ZenPad 3S 8.0

    ASUS ZenPad 3S 8.0のスペック|日本での発売日や価格に期待

  3. Galaxy Tab S3ペン

    【Galaxy Tab S3】日本発売日|スペックはiPad ProのAndroid版か検証

  4. LAVIE Tab E710のスペック・評判を徹底調査|レビュー高評価で期待のタブレット

  5. ドコモ8.0インチタブレットdtab Compact d-42Aを発表|価格は?

  6. BLUEDOT BNT

    BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-801W】

  7. ALLDOCUBEとは

    ALLDOCUBEとはどこの国のメーカー?おすすめタブレットの評判まとめ

  8. ThinkSmart View for Zoom 使い方

    ThinkSmart View for Zoomの使い方|スマートディスプレイとの違いは?

最新記事

  1. 2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!
  2. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇
  3. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) /…
  4. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと
  5. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  6. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判
  7. iPad Pro 2021年モデルの発売日・スペック情報|噂のまとめ

人気の記事 TOP10

PAGE TOP