左手デバイス決定版|液タブでのイラストにおすすめ10選

左手デバイスは液タブの必需品。デジタルイラスト作業を効率よく快適にする左手デバイス10選を紹介する記事。”左手デバイス”とは何か、液タブでの作業向け左手デバイス購入時のチェックすべきポイントなども併せてご紹介。

左手デバイスとは?液タブで使うメリット

左手デバイスとは、PCオンラインゲームやデジタルイラスト作業の際のコマンド入力のレスポンスや正確性、効率を格段にUPさせるアイテム。以下がそのメリットだ。

  • 複雑なキー入力が不要で簡単にコマンド入力ができる。
  • 素早いコマンド入力
  • キーボードの代わりになるので省スペース化
  • 左手だけでコマンド入力できる、右手はフリー
  • 液タブのボタンでは割当て切れないコマンドを割り当てられる

左手デバイスがあれば複雑なキーボードショートカットが不要になる。液タブでイラスト作業する際には作業スペースを確保する必要もあるため、液タブユーザーには特にメリットが大きい

他にも作画中に手を止めることなくすぐにコマンド入力ができるなど、左手デバイスは知る人ぞ知る超便利アイテム。

液タブイラスト作業向け左手デバイスのおすすめの選び方

ここからは、液タブイラスト向け左手デバイスの編集部おすすめの選び方をご紹介。

対応端末&OS

まず最初にチェックすべきポイントは、対応している端末だ。同じメーカーであれば大抵問題にはならない。ただ自分が気に入った左手デバイスが自分の液タブに対応しているかどうか、対応するソフトウェアのバージョンも含めてしっかりチェックしておこう。

ちなみにPCと連携して使用する際にはOSが対応しているかも忘れずにチェックだ。

キーレイアウト

左手デバイスには大きく分けて”ショートカットキータイプ””キーボードタイプ”の2種類がある。液タブイラスト向け左手デバイスとしてはショートカットキータイプのほぼ一択という感じ。複雑な操作を必要としないためそのまま作画にも集中できる。

もちろん、キーボード入力に既にかなり慣れている人であればキーボードタイプの方がすぐに慣れて使いやすいかもしれない。複雑なコマンド入力が苦にならないという方は試してみてもいいかも。

接続方法

接続方法は有線と無線の2種類。無線の方が作業空間がスッキリして集中しやすい。ただしもちろんバッテリーの充電や電池交換が必要。無線接続では稀に遅延が生じてしまうこともある。一方で有線ではコードを収める場所が必要になるがバッテリーの心配なく使い続けられる。無線のような遅延はない。

液タブイラスト用であれば多少の遅延は許容できるのでやはり無線がおすすめ

液タブイラスト作業向けおすすめ左手デバイス10選

ここからは編集部が厳選した液タブイラスト作業向けおすすめ左手デバイスをご紹介。機能はもちろん、価格やデザインにも拘ったおすすめラインナップ。お気に入りが見つかること間違いなし。

おすすめ左手デバイス BRAIN MAGIC 左手デバイス Orbital2 (オービタルツー)

こちらのBRAIN MAGIC 左手デバイス Orbital2 (オービタルツー)直感的な操作ができる左手デバイス。独自の本体下部にはLEDのグロウリングが付いており、どのソフトの設定が今認識されているかを一眼で確認できるようになっている。ジョイスティック操作に慣れている人はかなり使いやすい。

価格 35,200円
対応OS Windows8.1 64bit / macOS X 10.10 Yosemite
キーレイアウト ジョイスティック
接続方法 有線(マイクロUSB)
その他 グロウリング付き

➡️【公式サイトオービタル2】で価格を見る!

 

おすすめ左手デバイス ワコム ワイヤレスキーリモート ExpressKey Remote ACK411050

最初に紹介するのはこちらのワコム ワイヤレスキーリモートExpressKey Remote ACK411050。液タブの有名メーカーワコムが販売している液タブ作業との相性抜群の左手デバイス

液タブの作業中、傾いている画面においても滑り落ちないよう背面にラバー加工がされている。この辺りも液タブでのイラスト作業を知り尽くしたメーカーの親切設計。

価格 9,900円
対応OS Windows 7・8・8.1、Mac OS X 10.8~10.10
対応機種 Cintiq Pro/Cintiq Companion/Cintiq/Intuos Proシリーズ
キーレイアウト 18ボタン、ホイール
接続方法 無線(稼働時間160時間)
その他 背面防滑ラバー加工

 

おすすめ左手デバイス セルシス CLIP STUDIO TABMATE

「たくさんコマンドをカスタムして使いたい!」という方におすすめなのがCLIP STUDIO TABMATE。割り当てられるコマンドが200以上とかなり豊富で、ショートカットキータイプの左デバイスとしては飛び抜けている。値段も4千円台とハイコスパ。

価格 4,218円
対応OS Windows 7・8/8.1・10、Mac OS 10.10~10.14
キーレイアウト 12ボタン、方向キー、ホイール
接続方法 無線
その他 ペイントソフトCLIP STUDIO PAINT DEBUT付属

 

おすすめ左手デバイス XP-Pen 液タブ用 ワイヤレス  左手デバイス AC19 Shortcut Remote

こちらのXP-Pen 液タブ用 ワイヤレス  左手デバイス AC19 Shortcut Remoteはホイール中央にあるK10ボタンを使ってホイールの機能を5種類まで切り替えることができる。左手で持ちながら操作というより置いて操作するイメージ。こちらも裏面には滑り止め加工付き。

価格 3,999円
対応OS Windows、Mac
キーレイアウト 9ボタン、ホイール
接続方法 無線
その他 K10ボタン搭載

 

おすすめ左手デバイス サンワサプライ プログラマブルテンキー  NT-19UH2BKN

汎用性の高いキーボードタイプが欲しいならこちらのサンワサプライ プログラマブルテンキー  NT-19UH2BKNがおすすめ。こちらはwindow系のテンキーだが液ダブでのイラスト作業でも大活躍できるシロモノ。すべてのキーにショートカットを割り当てることができる。

さらにデスクトップPCのキーボードを完全再現し打ち心地にまでこだわっている。マニアックなアイテムよりも実用性重視の方は一度試してみて欲しい。

価格 3,627円
対応機種 Windows
キーレイアウト 23キー
接続方法 無線
その他 ピッチ19mm/メンブレン方式

 

おすすめ左手デバイス ビット・トレード・ワン Rev-O-mate

シンプルかつコンパクトなデザインが好きな人にはこちらビット・トレード・ワン Rev-O-mateがおすすめ。押し込み式スイッチが搭載されたダイアルキーとその周りにレイアウトされているボタンで計11種類のショートカットキーを割り当てることができる。

価格 12,173円
対応機種 Windows 10・8.1・8・7、Mac
キーレイアウト 10キー、ジョグダイアルキー
接続方法 有線
その他 LEDイルミネーション搭載

 

おすすめ左手デバイス Razer Tartarus V2 メカメンブレン  RZ07-02270100-R3M1

こちらはゲーミングデバイスメーカーとして有名なRazer社から発売されているRazer Tartarus V2 メカメンブレン  RZ07-02270100-R3M1。クイックレスポンスが求められるeスポーツなどの分野でも愛用者が多い。

一般的にゲーミングデバイスは素早い入力ができるように応答性やキーレイアウトに非常にこだわって作られてる。液タブのイラスト作成など利用でも十分なスペックだ。

価格 11,880円
対応OS Windows、Mac
キーレイアウト 32キー(ホイールキー、ジョイスティック×2)
接続方法 USB
その他 Razer Chroma バックライト、フルアンチゴースト機能搭載

 

おすすめ左手デバイス 任天堂スイッチ Joy-Con (L)  Switch

実は左手デバイスとして意外と便利なのが任天堂スイッチJoy-Con (L) グレー Switch。ゲームコントローラーとして研究され尽くしたフィット感。ちょっと残念ポイントなのは各キーにショートカットを設定するための別売アプリを購入する必要があるということ。

とはいえ既にコントローラーを持っている人であれば一度試してみる価値あり。

価格 6,800円
対応機種 Windows
キーレイアウト 5キー、ジョイスティック
接続方法 無線
その他 JoytoKey(別売)ソフトが必要

 

おすすめ左手デバイス iClever テンキー Bluetooth ICーKP08

こちらのiClever テンキー Bluetooth ICーKP08はWindowsにもMacにも対応しているテンキー。搭載されているファンクションキー機能を使うことで左手デバイスとして応用できる。携帯性に優れてコスパも高い。アイソレーション式なのでブラインドタッチもしやすい。

テンキー操作が慣れている人には特におすすめ

価格 2,399円
対応OS Windows、Mac
キーレイアウト 22キー
接続方法 無線
その他 購入後18ヶ月の補償付き

 

おすすめ左手デバイス TourBox Tech『TourBox(ツアーボックス)』

左手デバイスのすべての要素を満載した見た目のこちらはTourBox Tech『TourBox(ツアーボックス)』画像や動画編集に特化した左手デバイスで、多く繰り返される反復作業がかなり楽になる。ホイールとダイヤル両方とも備わっているので、微調整が求められる作業にもぴったり。

価格 19,600円
対応機種 Windows、Mac
キーレイアウト 12キー、ホイール、ダイヤル
接続方法 無線
その他 専用アプリあり
TourBox ツアーボックス + 専用キャリーケース付き
TourBox

 

液タブイラスト作業向けおすすめ左手デバイス10選まとめ

今回は液タブイラスト作業向けおすすめ左手デバイス10選を紹介した。

・既にワコム系液タブでイラストを描いていいる方

ワコム ワイヤレスキーリモート Express Key Remote ACK411050。同じワコム系で相性ぴったり。

 

「最小限のコンパクトスペースで、最小限の動きで作業がしたい!」という方。

ビット・トレード・ワン Rev-O-mateがおすすめ。小さくても11キー&ダイヤルキー搭載。

 

・たくさんのコマンドを割り当てるよりも直感的な操作を求める方

TourBox Tech『TourBox(ツアーボックス)』がおすすめ。複雑なショートカットキーも簡単操作にできる。

TourBox ツアーボックス + 専用キャリーケース付き
TourBox

 

この記事を参考に、自分の液タブ作業にぴったりの左手デバイスを手に入れて欲しい。


関連記事

  1. Lenovo Smart Clock Essential スペックをSmart Clockと比較|ど…

  2. 液晶タブレット(液タブ)専用手袋つけたらかなり調子いいぞ!

  3. スマートシューズ おすすめ

    スマートシューズのおすすめ|各メーカーの価格を比較して分かったこと

  4. Powermate bluetooth|つまみ型コントローラー徹底検証|購入はあり?【おすすめ左手デ…

  5. Lepow Z1|15.6インチモバイルモニター が$149.99(15,700円)でTikTeck…

  6. Spinido ノートパソコンスタンド

    【ノートパソコンスタンドおすすめ BEST9】姿勢改善・折りたたみで持ち運べるタイプ等用途別で紹介

  7. 2021年おすすめのネックスピーカー|音漏れが少ない厳選4機種

  8. ワコム技術を活かした2画面電子ペーパー楽譜専用液タブ2017年9月に販売開始

最新記事

  1. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  2. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  3. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  4. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  5. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  6. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  7. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?

人気の記事 TOP10

  1. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー
PAGE TOP