自分のイラストをトレーディングカードにできる無料Webサービス【カードメーカーORICA】

自分で描いたイラストをトレーディングカード風画像にできる無料Webサービス「カードメーカーORICA」を紹介。自分の描いたキャラクター画像がトレーディングカード風、身分証風、賞金首封などのオリジナルカード画像にできる神サービス。

自分で描いたイラストがトレーディングカードになったら。。。

という絵師の妄想を実現をできる無料サービスが話題だ。「カードメーカーORICA」のサービスでしかも無料。

そして作成は簡単でクオリティは高い。属性や、技名、HPなど細かなデザインも簡単に加えられるこだわりのメニューが楽しめるおすすめのWebサービスだ。

テンプレートもすでに数種類用意されている。

現時点では、トレーディングカード風、身分証風、学生証風、免許書風、カルタ風の数種類。今後も要望に応じてアップデートされていくようだ。今後のバリエーションの充実度にも期待!

実際にやってみた。

自分の描いたイラストをトレーディングカード風にする方法

方法は非常にシンプル。ページを開けばすぐに編集画面になるので、まずはカードの名前を入力して自分で描いたイラストをアップロードしよう。

自分の画像を選択してトリミングする。今回はイラスト屋で適当に拾った画像だけど、もちろん自分で描いた画像を使用できる。

するとこんな感じでカードの中央に配置される。

上の画像ですでに編集を加えているけど、このサービスの面白いポイントはカードの中の文字を自由に編集できること。ある程度のテンプレートがあるのでそれに沿って入力するだけでOKだ。

例えばトレーディングカード風であれば、技の名前や必要なコストの数、レア度などを入力できる。

もちろん背景も変更可能。

2分くらいいじって完成したのがこちら。

この作業を全てインターネットのブラウザ上で完結できる神サービスだ。

作った後はそのままTwitterなどのSNSで発信もできるし、完成品は商用・非商用を問わずフリー素材で使用できるのもうれしいポイントだ。友達と共有したり実際に印刷して飾ったりと楽しみ方は様々。

すごく簡単な操作で、しかも数分で自分の作品が商品化された様子を楽しめる。しかも無料だし言うことなし!

株式会社LIBREのWebサービス、「カードメーカーORICA」をご紹介した。他にも「似顔絵メーカー」や海外の方の名前をいい感じの漢字に変換してくれる「KanjiName」など面白いサービスもたくさん公開されているので是非ご覧あれ。


関連記事

  1. MagicaVoxel 描画画面

    【おすすめ無料3DソフトMagicaVoxel】マイクラ的な3Dドットモデリングソフト

  2. zbrush1

    ZbrushCore最安価格情報|安くお得に購入する方法|Zbrushとの違いも表で確認

  3. Qbell アイリス 使い方

    Qbell『アイリス』音声でショートカットを操れる!?お絵描き専用音声認識ソフトとは

  4. keyboard shortcut

    Photoshop CC ショートカットキー一覧【Mac,Win】効率数倍アップ間違いなし

  5. pixivとは?作品投稿のやり方を0から説明|退会方法は簡単?

  6. software

    【筆圧8192レベル対応確認済】ペンタブ・液晶ペンタブレットおすすめソフト

  7. easeus

    【無料で使える復元ソフト EaseUS】評判の良さをレビューして徹底検証

  8. クリスタの値段の違いが1分で分かるページ!iPadとPCで損しない選び方

最新記事

  1. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  2. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  3. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  4. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  5. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?
  6. ワコムストアでアウトレットセール開催!最大29%OFFで買えるチャンス
  7. 2021年 Amazonプライムデー 液タブセール 【2021年】Amazonプライムデーで買える液タブ・ペンタブまとめ

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP