自分のイラストをトレーディングカードにできる無料Webサービス【カードメーカーORICA】

自分で描いたイラストをトレーディングカード風画像にできる無料Webサービス「カードメーカーORICA」を紹介。自分の描いたキャラクター画像がトレーディングカード風、身分証風、賞金首封などのオリジナルカード画像にできる神サービス。

自分で描いたイラストがトレーディングカードになったら。。。

という絵師の妄想を実現をできる無料サービスが話題だ。「カードメーカーORICA」のサービスでしかも無料。

そして作成は簡単でクオリティは高い。属性や、技名、HPなど細かなデザインも簡単に加えられるこだわりのメニューが楽しめるおすすめのWebサービスだ。

テンプレートもすでに数種類用意されている。

現時点では、トレーディングカード風、身分証風、学生証風、免許書風、カルタ風の数種類。今後も要望に応じてアップデートされていくようだ。今後のバリエーションの充実度にも期待!

実際にやってみた。

自分の描いたイラストをトレーディングカード風にする方法

方法は非常にシンプル。ページを開けばすぐに編集画面になるので、まずはカードの名前を入力して自分で描いたイラストをアップロードしよう。

自分の画像を選択してトリミングする。今回はイラスト屋で適当に拾った画像だけど、もちろん自分で描いた画像を使用できる。

するとこんな感じでカードの中央に配置される。

上の画像ですでに編集を加えているけど、このサービスの面白いポイントはカードの中の文字を自由に編集できること。ある程度のテンプレートがあるのでそれに沿って入力するだけでOKだ。

例えばトレーディングカード風であれば、技の名前や必要なコストの数、レア度などを入力できる。

もちろん背景も変更可能。

2分くらいいじって完成したのがこちら。

この作業を全てインターネットのブラウザ上で完結できる神サービスだ。

作った後はそのままTwitterなどのSNSで発信もできるし、完成品は商用・非商用を問わずフリー素材で使用できるのもうれしいポイントだ。友達と共有したり実際に印刷して飾ったりと楽しみ方は様々。

すごく簡単な操作で、しかも数分で自分の作品が商品化された様子を楽しめる。しかも無料だし言うことなし!

株式会社LIBREのWebサービス、「カードメーカーORICA」をご紹介した。他にも「似顔絵メーカー」や海外の方の名前をいい感じの漢字に変換してくれる「KanjiName」など面白いサービスもたくさん公開されているので是非ご覧あれ。


関連記事

  1. MagicaVoxel 描画画面

    【おすすめ無料3DソフトMagicaVoxel】マイクラ的な3Dドットモデリングソフト

  2. iPad版イラストレーターの使い方|タップのジェスチャーでできること一覧

  3. pixivとは?作品投稿のやり方を0から説明|退会方法は簡単?

  4. pixelmator logo

    Pixelmator for iOSが80%OFFで販売中!買うなら今がチャンス

  5. iPad版「Adobe Illustrator」アプリ値段は月額1,080円|使い方は簡単?

  6. paper engine

    Wallpaper Engine日本語対応|壁紙を動画にできるソフトの使い方

  7. software

    【筆圧8192レベル対応確認済】ペンタブ・液晶ペンタブレットおすすめソフト

  8. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ

最新記事

  1. Ultenic D5sPRO Ultenic D5sPRO ロボット掃除機|1ヶ月毎日使ってみてのレビュー
  2. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  3. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  4. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  5. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…
  6. XP-PEN Artist Pro 16(2021年モデル) 液タブレビュー|動…
  7. ペンタブで使える最強左手デバイスTourBox Eliteの新世代を発表!

人気の記事 TOP10

  1. Ultenic D5sPRO
PAGE TOP