AirPods Maxはダサいのか|ARでいろんな角度から見てみた画像集

AirPods MaxがAppleから12月8日に発売された。AirPods Maxのデザインを見て、ダサいんじゃない?との声も上がっているけど実際どう?ARで色々な角度から写真撮影してチェックしてみよう。一眼でApple製品とわかるデザインは好みが別れそうだ。

AirPods Maxはダサいのか

AirPods MaxはAppleから発売された最新のオーバーヘッド型のヘッドホン。まだ実機レビューはあがっていないけれど、ファーストインプレッションで多く見られる感想が、ダサくない?というもの。GoogleでAirPods Maxと入力すると、ダサいというキーワードが第二検索ワードに出てくるほどだ。

ということでAirPods Maxのデザイン詳細をチェックしてみよう。

AirPods MaxのデザインをARでチェック

AppleホームページでAR対応のiPhoneかiPadであれば色々な角度からチェックできる。デザインの詳細を見てみよう。

画像のカラーはシルバー。他にもスペースグレイ、グリーン、スカイブルー、ピンクの5色展開。全体的に丸みを帯びたデザインでスッキリした印象。

右側のヘッドホンにDigital Crownが配置されている。Apple Watchについているダイヤル式のボタンで、曲のスキップや音量調整、Siriの起動が可能。他にもこんな操作が可能。

  • 一回押して再生、一時停止、電話に応答
  • 二回押して次の曲にスキップ
  • 三回押して前の曲にスキップ
  • 長押しでSiriを起動

もう一つ右側に見えるのはノイズコントロールボタン。押すとアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードが切り替えられる。

下部は左側から見た画像。手前に見える穴はマイクのようだ。AirPods Maxには合計9つのマイクがついている。アクティブノイズキャンセリングのための8つのマイクと、音声を拾う3つのマイク(2つはノイキャンと共用)だ。

イヤークッションと本体はマグネットで装着する仕組み。Apple Storeに交換用のイヤークッションも販売していて自由に交換可能。画像はシルバーのイヤーチップだけれど他の色にして自分でデザインできる。

上から見るとチョコパイが2つ重なっているように見えるデザイン。

ヘッドホンの頭にあたるヘッドバンド部分は、キャノピーと言われる素材らしい。メッシュ素材になっていて弾力があるタイプ。重さを分散して頭部にあたる圧力が減る仕様。メッシュ素材なので汚れた時の掃除も楽そう。

ヘッドバンドとイヤホン部分はシルバーの伸縮アームでつながっている。スムーズに伸びて決めた位置に止まる。素材はステンレスだ。

以上色々な角度からの画像と共にスペックをご紹介した。

AirPods Maxはダサい?

画像をいくつか見たけれどどうだろうか。すごくシンプルなデザインで無駄なボタンも一切ない。カラーリングも単色で無駄なラインもなし。Appleらしい無機質なデザインで、シンプルなファッションが好きな人に好まれそう。

全体的に丸みを帯びたデザインで他社にはあまり見られない形状なので、確かに好みは別れそうだ。近未来感があるので、外で使っていると一眼でApple製品だ!というのがバレそう、というかそれが狙いにも思えるデザインだ。

よく言われることだけれど、これからスタバのテラス席でAirPods Maxをつけて仕事したり勉強したりする人であふれそうだ。あるあるすぎてこの現象がダサいと言われる風潮にあるので、AirPods Maxはやっぱりダサいのかもしれない。


関連記事

  1. iOS11 スプリットビュー 画面設定

    iOS11でスプリットビューができない?! ←30秒で解決|方法を画像説明。

  2. Apple TV 第5世代の発売日2017年9月22日に決定|価格とスペック情報更新済み

  3. Apple Pencil 液タブのプロがレビュー|ペアリングから充電までの使い方ガイド

  4. iPhone Xの新機能をiPhone 7/7 Plus/8/8 Plusと比較|一覧表で整理して分…

  5. app sale

    App Storeの人気ペイントアプリ最大95%OFF120円均一セール中!

  6. 2018年新型iPad(第6世代) 329ドルで販売開始!Apple Pencil対応で液タブ化?

  7. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ

  8. CLIP STUDIO PAINT EX for iPadの基本的な使い方チェック&レビュー

最新記事

  1. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  2. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  3. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  4. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  5. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  6. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  7. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?

人気の記事 TOP10

  1. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー
PAGE TOP