【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレットが7万円!

Raytrektab 10インチ(raytrektab DG-D10IWP)がついに発売される。windowsタブレットとして人気を集めたRaytrektab 8の後継機だ。前機種との違いやスペックアップ点をチェックしてお絵描きで使えるのかを検証する。Raytrektab 10搭載のワコムペン詳細スペックもチェック。

Raytrektab 10インチ Windowsタブレットの発売日・価格

raytrektab DG-D10IWP design

発売日と販売価格はドスパラのページですでに発表済みだ。

前機種の8インチモデルは国産メーカーのワコム製デジタイザーペンが使用できるタブレットということで大人気となっただけに10インチモデルも大きな注目を集めている。スペック詳細をチェックしてみよう。

Raytrektab 10注目スペック・特徴

液晶:10インチ

raytrektab DG-D10IWP

液晶サイズ:10インチ、解像度:1920×1200(WUXGA)

前機種との一番の違いは液晶サイズが10インチにサイズアップしたこと。135×217mmなので実際のサイズを測ってみてイメージしてみてもよさそうだ。作業領域の広さは直接作業効率につながる部分なのでお絵描きを楽しみたい方にとっては嬉しいポイントだ。

Apple iPadのスタンダードサイズが9.7インチだ。自分も長年9.7インチのタブレットを使っているが持ち運びもできるし8インチよりは作業領域が広くて使いやすいオススメのサイズ感だ。

ペン:筆圧4096レベル

raytrektab DG-D10IWP pen

Raytrektabの最大の魅力がワコム製の筆圧ペンが付属しているということ。描画能力も高くて筆圧感知4096レベルとプロでも十分使用できる能力を備えている。現在ワコムの最高スペックの液タブでは筆圧8192レベルとなっているが正直なところ4096レベルで十分。

ペン重量は約5g。一般のペンタブレットに付属しているペンと比べても半分以下の重さ。逆に軽すぎないかと心配になるレベルの重量だ。Wacom Feel Technorogyのバッテリーレスペンということで電池切れを心配する必要もない。この点Apple Pencilよりも優秀。

処理性能:CPU インテル Celeron N4100搭載

raytrektab DG-D10IWP interface

CPUにインテルCeleron N4100(コードネームGemini Lake)を搭載。主に格安ノートパソコン(5万円程度)で使用されているCPUだ。性能的にはネットサーフィンや簡単な画像編集程度であれば問題なく使用できるレベルとなっている。

メモリに8GBストレージはSSD128GB搭載。お絵描きが用途なのでメモリは8GBぐらいあった方がよさそうだ。性能が順当にスペックアップしてサクサク作業を進められる。

指紋認証センサー搭載

raytrektab DG-D10IWP kakaku

細かな点だが指紋認証センサーも搭載している。この辺りも安いとはいえしっかりとした設計で交換が持てるポイントだ。

OS:Windows10 Home

OSにWindows10 Homeを搭載。普段使っているOSをそのまま使用できる。さらにCLIP STUDIO PAINT DEBUTがバンドルしている。まさにお絵描きタブレットとして特化しておりRaytrektab10だけを購入すればそれだけで成立するようになっているのは大きな魅力だ。

スペックまとめ

スペックとの特徴的な部分をご紹介した。同じくWindowsOSで筆圧ペンを搭載しているタブレットというとMicrosoftのSurfaceが挙がってくる。ただ価格は優に10万をこえる。この点Raytrektab 10はSurfaceほどの処理能力は備えていないが、初級、中級者が快適に使える環境のWindowsタブレットを7万円台で購入できるコスパの良さが特徴だ。

ただ搭載ペンはワコム製のデジタイザーペン。筆圧感知やペン遅延などワコム技術が搭載されているので描き心地には期待できる。さらに定番のペイントソフトCLIP STUDIO PAINT DEBUTが付属していることも含めてお絵描きタブレットに特化したタブレットだ。

Raytrektab 10はどんな人が買うべきタブレットか

Raytrektab 10の最大の特徴はお絵描きタブレットとして特化した機能とサービス。

  • ワコム製筆圧対応ペン搭載
  • CLIP STUDIO PAINT DEBUT ペイントソフト搭載
  • 10インチで広々描画スペースを確保

と他タブレットと差別化できるお絵描きのための機能とサービス満載だ。これはうまく設計されているなと個人的にも感じた。さらにもう一つ忘れてはいけないポイントが、

  • 日本製メーカーのサポートと安心感

これも結構大きなポイント。日本メーカーの保証と安心感は大きなメリットだ。筆圧ペン技術も日本メーカーワコムのものなので安心だ。日本製だから絶対に大丈夫と手放しには言えないが良くも悪くも要求の高い日本ユーザーを想定して設計されている。

ということで、Raytrektab 10は

  • タブレットでお絵描きを楽しみたい
  • ただコスパ重視でできるだけ安く手に入れたい
  • でも日本メーカー製の安心できて分かりやすい製品が良

というユーザーが選べば幸せになれるタブレットだ。

単純にWindowsOS搭載の日本製タブレットとしてもコスパの良さが際立っている。処理性能がそれほど高いわけではないので重めのゲームは難しいが普段使いには十分なスペックを備えている。この機種もかなりのユーザーに選ばれそうだ!

発売はドスパラのページから。現在の価格はこちらからご覧いただける。【ドスパラ】Raytrektab 10 販売ページへ


関連記事

  1. 【7,700円スマホセール】5.5インチ3面ベゼルレス流行取り入れまくりスマホLEAGOO KIIC…

  2. 【Xiaomi Mi Pad 3をiPad Miniと徹底比較】価格とスペックを見て買いか検討

  3. Galaxy Tab S3ペン

    【Galaxy Tab S3】日本発売日|スペックはiPad ProのAndroid版か検証

  4. huawei metabook

    Huawei MetaBook X Proの発売日・価格情報|iPhone Xのようなベゼルレス液晶…

  5. asus zenpad 3 8.0 レビュー高評価80%の理由を検証|カバーのおすすめも

  6. GPD Pocket 価格・スペックを検証|内ポケットに収まるWinPCは男のロマンだ!

  7. Acer12型2in1PC Switch3を発表|筆圧1024ペン付属のSurface Proタイプ…

  8. transbook mini t103

    ASUS TransBook Mini T103HAF|お絵かきでの使用は可能か検証




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Amazon 2020年ウィンタークーポンセール開催!最大50%OFFのおすすめ…
  2. 2020年版おすすめモニター|仕事の長時間使用におすすめディスプレイ
  3. HUION HS610 レビュー 【HUIONペンタブ・液タブが試し書きできる店舗一覧】
  4. iPhone 9の価格情報|発売日はいつ?Appleらしくないコスパ最高の理由
  5. EIZO 2020年新型モニター 超おすすめのフレームレスモニターを検証【EIZO FlexScan EV2460…
  6. 2020年版ドッキングステーションのおすすめ|Surface,Macで失敗しない…
  7. LAVIE Tab E710のスペック・評判を徹底調査|レビュー高評価で期待のタ…
  8. 【Bnt-1013w】Bluedot 2020年新型10.1インチタブレット評判…
  9. 【iPad Pro 12.9 (2018)おすすめケース&レビュー】色々使ってみ…
  10. 【Wacom Oneと中華液タブ徹底比較】4万円台で買えるワコム13.3型液タブ…

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムや海外製液タブ新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP