Powermate bluetooth|つまみ型コントローラー徹底検証|購入はあり?【おすすめ左手デバイス】

Powermate bluetoothはつまみ型のおすすめ左手デバイス。イラストで筆やブラシの太さを直感的に変えられるアイテムだ。Powermate bluetoothのレビューを見て購入がありかを検討。今思うとSurfaceStudio先取りのデバイスだ。

Powermate bluetooth|つまみ型コントローラー

Powermate bluetoothは自分の好きなショートカットを割り当てられる入力デバイス。特徴はつまみ型ということだ。

画像がこちら。

Powermate bluetooth (2)

アルミ削り出してデザイン、さわり心地はいい。そのまま回してと、押し込んで回す二種類の動作といういたってシンプルな入力デバイスだ。だが指で物理的に回転させて調整できるのは大きい。直感的に調整できるからだ。

ちなみにUSBで接続のタイプがこちら。

Powermate bluetooth USB (2)

使い方はどちらも同じとなる。USBタイプの方がダイヤルの径が小さい。

 

Powermateの使い方

Powermate1 (1)

Powermateはデジタルペイントに欠かせない調整を直感的にするためのデバイスだ。例えばこういった数値を調整するのに役立つ。

  • ペンブラシサイズ
  • 画像透明度
  • 画面の回転
  • キャンパスの移動

特にブラシサイズはペイントをしていると頻繁に変えることになる。マウスやペンで毎回調整する手間を一気に省けるというわけだ。これは便利だ!さらに実際に指でダイヤルを回す感覚を感じながらの調整なのでより直感的に調整ができる。

レビューを見ると分かるが一度使いだすとない状態に戻るのが難しい模様。自宅、職場とすべての環境でそろえているユーザーが多い。

Microsoft SurfaceStudioにも同様の機能が搭載されている!

7

実はこれとほぼ同じ機能がMicrosoftの最新製品SurfaceStudioに搭載されているのだ。こちらは画面の上に置くとその場所、ソフトに合わせてダイヤルの機能が変更されるようなので自由度は大きそうだが基本的な用途は同じだ。最新機種にも注目されている左手デバイス。ぜひ手に入れてほしい。

 

USBとBluetoothどちらが買いか

Amazonのレビューを見るとBluetoothのタイプは動作が遅れるという評価がおおい。レスポンスを重視する方はUSBタイプのものをおすすめする。

さらに画像でも分かるがBluetoothのタイプは径が大きくなっている。デザインとしてはスタイリッシュだが回転させるために指を移動させる距離大きくなる。一日に何度も利用することを考えるとこの差は大きい。

ということで、おすすめはUSBのタイプだ。

それぞのおおよその価格がこちら。USBタイプは少し前に発売された製品だが今のOSでももちろん対応して使える。

  • Powermate bluetoothタイプ:15,000円
  • Powermate USBタイプ:5,000円

ただAmazonや楽天ではさらに価格が安くなっていることも多い。最新の価格はこちらからご覧あれ。

 

 


関連記事

  1. CLIP STUDIO TABMATE|専用左手デバイス2017年冬に販売開始

  2. 液タブの持ち運びにベストなカバンはどれ?ワコム液タブが入る最強カバンの選び方

  3. 電子メモパッド開封レビュー|ブギーボードの半額で電池交換可のainol製LCD Writing Ta…

  4. ノイズキャンセリングヘッドホン開封レビュー|飛行機での使用におすすめ(LiteXim QW-07)

  5. Su-pen(スーペン)VS Bamboo Omniどっちが買い?徹底比較検証してみた

  6. Bamboo Omniに自主回収のお知らせ!ペン入力検知機能に不具合

  7. Surface Proで使えるワコムペンBamboo Ink|選べるペン先で描き味にこだわる方向け

  8. ひび

    【液タブ|保護フィルム】ワコムが公式におすすめしてるのが評判いい!




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. GAOMON PD1560 ペン芯
  2. GT-156 V2 デザイン

最新記事 Choice10

  1. ASUS TransBook Mini T103発売日・価格情報|お手軽価格のS…
  2. 【OnePlus 5T SIMフリースマホセール情報】50台限定499ドル by…
  3. 【msiゲーミングノートパソコン】評判と選び方を検証してのおすすめ
  4. 【ASUS NovaGo】Snapdragon835搭載2in1PCに注目!発売…
  5. asus zenpad 3 8.0 レビュー高評価80%の理由を検証|カバーのお…
  6. HUAWEI MediaPad M3 lite 10 wp|防水機能搭載テレビが…
  7. ノイズキャンセリングヘッドホン開封レビュー|飛行機での使用におすすめ(LiteX…
  8. GT-156 V2 デザイン 【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円…
  9. GAOMON PD1560 ペン芯 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  10. 【acer Spin 5】筆圧1024ペン対応 360°回転2in1PC|Ace…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP