Web会議の議事録を自動作成|文字起こしAIソフトのおすすめ

ZoomなどWeb会議の議事録をAI化してくれるおすすめのソフトをご紹介。文字起こしソフト導入が無料で手軽に始められる時代がやってきた。リアルタイムで議事録を作成するAIソフトでも月額1,000円台から。リモートワークへの変化はAI化へのチャンスだ!

ZoomなどWeb会議の議事録を自動で文字起こしするメリット

リモートワーク化が進んで会議がWeb上になった会社も多いはず。不便さを感じる部分もあるけれど変化はチャンスでもある。今多くの企業が取り入れているのが自動の文字起こしソフト

文字起こしAIサービスとは、これまで人力で議事録を作成配布していたところを全てAIソフトで自動化できるソフトウェア。導入も非常にシンプル。Web会議ならもともと発言者がマイクを使って発言するのでソフトを導入するだけだからだ。それだけで議事録を取るための人材とコストをカットできる。

リアルタイムで全員に議事録を共有

ソフトによってはリアルタイムで内容を共有できるタイプのものも。長い会議で前半に言ったことを忘れたり、集中力が途切れて聞き逃した部分を各自で確認できる。会議中の認識のズレを毎回他の人に確認するのではなく、各自で調整できるのは大きなメリットだ。

内容の管理・確認が楽

議事録を作成する人によって着眼点が違うので、人によっては欲しかった内容を残していないことも。AI化すれば全てが保存されるので漏れもないし、キーワードで検索できるので管理確認が圧倒的に楽になる。

議事録作成AI化のデメリット

内容全てが保存されるのはいいけれど、要点を項目別にまとめたり、誰がいつまでにするかなどのポイントはやはり人力でまとめる必要がある。会議が長くなればそれだけまとめるのにも時間がかかる。

会議の内容全文をソースとして保存するために使うという認識で導入しよう。

では現時点でおすすめの議事録の音声文字起こしサービスをご紹介する。

おすすめのWeb会議の音声文字起こしソフト

Texta

文字起こしソフト Texta

導入がとてもシンプルで始めやすいのがポイント。全てChromeブラウザ上で動作するのでとりあえず試してみたいユーザーも手軽に始められる。しかも2020年12月まで無料で使用可能。

➡️Texta公式ページで見る。

OS Windows/Mac
リアルタイムの文字起こし あり
Web会議ソフト対応 あり
音声翻訳 あり
スマホ対応 あり

 

AI GIJIROKU

文字起こしAIソフトAI GIJIROKU

AI GIJIROKUは月額払いAI議事録サービス。スタンダードプランが月額で1,500円(月10時間まで)と手頃なので始めやすいサービス。

こちらもChrome上で完結するので始めやすい。ただスマホに対応していないのがウィークポイントだ。

➡️AI GIJIROKU公式ページを見る。

OS Windows/Mac
リアルタイムの文字起こし あり
Web会議ソフト対応 あり
音声翻訳 あり
スマホ対応 なし

 

Rimo Voice

文字起こしアプリ Rimo

Rimo Voiceは会議ごとのスポットでの支払いが可能。30秒で20円の計算なので1時間で2,400円。定額制なら月に10万円。テキストと音声を瞬時につなげて聞きたい部分をピンポイントで探し出せる。

使い方はシンプルで、保存した音声データか動画をRimo Voiceにアップロードするだけだ。なのでリアルタイムでの文字起こしは対応していない。

OS Windows/Mac
リアルタイムの文字起こし なし
Web会議ソフト対応 あり
音声翻訳 なし
スマホ対応 あり

➡️Rimo Voice公式ページを見る。

 

スマート書記

文字起こしサービス スマート書記

スマート初期は法人向けのサービス。月額10万円。PCやiPhoneなどからも収録してリアルタイムで文字起こし記録してくれる。セキュリティ面での信頼性が高くISMSも取得している。

OS Windows/Mac
リアルタイムの文字起こし なし
Web会議ソフト対応 あり
音声翻訳 なし
スマホ対応 あり

➡️スマート書記の公式ページを見る。

 

以上いくつかおすすめの議事録の自動文字起こしAIソフトをご紹介した。導入は思ったより簡単で費用もかからないものも多数ある。導入を検討しているならとりあえずお試し期間を利用して体験してみるのが一番早そうだ。

仕事のリモート化という大きな変化に直面しているけど変化はチャンス。リモート化したことで簡単に導入できるようになったサービスもたくさんある。トライアンドエラーを重ねて作業を見直せば以前より効率よく楽に仕事が進められるはずだ。

 


関連記事

  1. Live2Dの無料版と有料版の違い|Live2Dは初心者におすすめ?に答えるページ

  2. 自分のイラストをトレーディングカードにできる無料Webサービス【カードメーカーORICA】

  3. ZBrush Coreおすすめガイドブックまとめ|チュートリアル・使い方全集

  4. software

    【筆圧8192レベル対応確認済】ペンタブ・液晶ペンタブレットおすすめソフト

  5. クリスタの値段の違いが1分で分かるページ!iPadとPCで損しない選び方

  6. MagicaVoxel 描画画面

    【おすすめ無料3DソフトMagicaVoxel】マイクラ的な3Dドットモデリングソフト

  7. iPad版イラストレーターの使い方|タップのジェスチャーでできること一覧

  8. kindleunlimited

    【kindle unlimited】おすすめのイラスト参考書ランキング

最新記事

  1. 2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!
  2. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇
  3. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) /…
  4. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと
  5. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  6. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判
  7. iPad Pro 2021年モデルの発売日・スペック情報|噂のまとめ

人気の記事 TOP10

PAGE TOP