Apple TV 第5世代の発売日2017年9月22日に決定|価格とスペック情報更新済み

Apple TV 第5世代の発売日・価格に注目する。Appleのスペシャルイベントが9月12日に開催された。その際に新Apple TV 第5世代が発表された。発売日や価格、詳細スペックについてイベントで紹介されているので最新情報をご紹介する。新しいAppleTVの仕様をざっくり知りたい方に見ていただきたい情報。

ちなみに同時に発表されたiPhone X にも期待だ。顔認証やベゼルレスデザインなど変更点も多い。新しいiPhoneの機能をサクッとまとめて読んでいただける記事がこちら。

Apple TV 第5世代の発売日・価格に期待

Apple2017年のスペシャルイベントが9月12日に開催されるのは濃厚。その際に発表されるであろう新製品に注目が集まっている。新型iPhone 8やApple watchのうわさが絶えないが、もう一つ実現濃厚なのがApple TV 第5世代だ。

Apple TV 第5世代が9月に発表される可能性高

既にHomePodのファームウェアが発表されており、その中で記載されているコードネームで様々な新製品の噂が濃厚であることが証明されている。その中の一つがApple TVだ。コードネームとして「J105」が発見されている。さらにtvOS 11 Beta7からもHDRに対応している新型Apple TVに関する記載もあるとのこと。

➡ 発売日9月22日に決定。

Apple TV 第5世代のスペックアップに期待

  • 4K対応は濃厚な模様

逆にここが進歩しなければ意味がない。既にGoogle ChromeCast Ultraが4Kに対応している。それに伴いGoogle Playムービーも4K解像度に対応している。Apple TVも当然解像度のレベルを上げてくるだろう。4Kテレビの価格が落ち着いてきたこともあり、4K動画対応の必要性も高まっている。

➡ 4K解像度を実現。Apple スペシャルイベントではHDRとの美しさの違いをスライドで紹介されていた。

  • CPUも進歩しA10チップ搭載か

CPUの進歩もほぼ確定だろう。これまで販売されてきたApple TVの流れでいうと最新のチップではなくA10世代のチップになる可能性が高い。ただそれでも処理速度は十分だ。

➡ 予想通りA10チップを搭載。パフォーマンスが2倍に向上した。

このCPUの進歩に伴いApple TVでできるゲームの幅も広がりそうだ。Apple TVをゲーム機として認識しているユーザーは非常に少ないのが現状。ただ機器としての能力は十分ゲームでの動作もカバーしている。いまだユーザーを突き動かすコンテンツが生まれていないが、スペシャルイベントで大々的に取り上げれば人気に火が付く可能性も高い。

➡ That Game Companyから「Sky」というゲームが発表された。先立ってApple TVのみでできるゲームの模様。

Apple TV 4K販売価格決定

アメリカでの販売価格が決定された。

  • 通常モデル 32GB 149ドル
  • 4Kモデル 32GB 179ドル
  • 4Kモデル 64GB  199ドル

以上Apple TV 第5世代のスペックについて9月13日に発表された詳細スペックについてご紹介した。新しいApple TVにも注目だ。

同じ日に発表された新しいiPhoneの機能をサクッとまとめて読んでいただける記事がこちら。

Apple TV のこれまでの進歩

これまでのApple TVの進歩についても少し見てみよう。特に現行機種である第4世代と一つ前の第3世代でどんな違いがあるのかを確認。自分の用途に合ったスペックのものを選ぶために比較してみよう。

Apple TV 第3世代から第4世代になっての新機能

  • TV OSを搭載しApp Store利用ができる

これが最大の違いだ。第4世代にはA8チップが搭載されAppleのtv OSを搭載した。そして他のiOSデバイスと同様にApple Storeからアプリのインストールが可能に。2016年10月のイベントでは既にアプリ数は8000を超えたと紹介されていた。

これにより話題のNETFLIXやYoutubeなどを利用してより手軽に動画を楽しめるようになった。他にゲームアプリももちろん無数に利用できる。とはいってもアプリの数はまだまだ少ないのが現状だ。

  • Siriでの操作が可能になる

リモコンも大幅に進歩した。最大の特徴はSiriによる音声操作。天気の確認や映画の検索などができるようになった。他にもリモコンにガラス製のTouchサーフェスを搭載。iOSでおなじみのスワイプ操作にも対応した。

  • リモコンに加速度センサー、ジャイロスコープを搭載

こちらの機能は主にゲームで使用する。Wiiと同じように腕を振って遊ぶアプリで使用できる。他にも他社製のゲームコントローラーにも対応している。このように第4世代からゲーム機としての用途を推しているようだ。ただ現時点でそれほど広く使われていない。

こうして第3世代からのスペックの流れを見るとゲーム機としての機能を押していきたいようだ。ただそこまで普及していないのはなぜか。

一番の理由は魅力的なコンテンツがないということだ。任天堂スイッチはゼルダの伝説やスプラトゥーン2のようなコンテンツによって爆発的な人気を博している。Apple TV OSで世界中のユーザーをうならせるコンテンツが発表されることに期待したい。現にハードとしての機能は十分なのだ。


関連記事

  1. iPhone X 発売日・価格が決定!新機能をまとめてサクッと知りたい方へ

  2. Mac電源アダプタを横向きへ|コレを待ってた!変換プラグTen One Design Blockhe…

  3. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ

  4. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェック

  5. Amazonブラックフライデー|Apple製品のまとめ【最大54%OFF】

  6. Apple Pencil グリップ おすすめ

    Apple Pencil おすすめのグリップ決定版!お絵描きで使うなら絶対必要な理由

  7. 【AirPodsとbeats x 比較】両方使ってみてのレビュー|おすすめカバーも紹介

  8. Apple StoreでワコムペンタブIntuos Proを販売

最新記事

  1. XP-PEN ブルートゥースペンタブ Deco MW / Deco LW 比較レ…
  2. Artist 10 レビュー XP-PEN Artist 10 セカンド|実機レビューでサイズ感を徹底検証
  3. Ultenic D5sPRO Ultenic D5sPRO ロボット掃除機|1ヶ月毎日使ってみてのレビュー
  4. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  5. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  6. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  7. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP