【iPhone X】電池残量表示するための最短手順|ホーム画面へ戻る、電源を切る、Siri起動方法などもまとめて紹介

iPhone Xの電池残量表示ができない!と感じている方に見ていただきたい情報。iPhone X電池残量表示のための最短手順をご紹介する。その他iPhone Xでホーム画面に戻る方法、電源を切る方法、スクリーンショットを取る方法、Siriを起動する方法もまとめてご紹介。

iPhone X 電池残量表示のための最短手順(パーセント表示)

iPhone Xをしばらく使っていて気づく意外に不便な変更点。それが電池残量表示に関する問題だ。これまではの電池残量表示がパーセントで表記されていたが、新しいiPhone Xから廃止されている。

センサーハウジングが原因

原因はiPhone Xから採用された全画面ベゼルレスディスプレイによって生まれた「センサーハウジング」という部分。iPhone X上部中央の前面カメラや各種センサーが配置されている範囲は当然ディスプレイがない。このしわ寄せで上部の通知範囲が狭くなっている。上部の線で囲まれている部分。

ということで解決策がこちら。

iPhone X コールセンターを開いて確認

iPhone X画面右側を上から下へスワイプするとコントロールセンターが起動される。そうすると画面右上にバッテリーで電池残量が表示される。ということで最短とは言っても一手間必要になる。さらにiPhone Xのサイズ感を踏まえると左手片手持ちの状態で片手でこの作業は無理だろう。若干面倒ではあるが一番シンプルで早い表示方法だ。

バッテリーウィジェットで表示して確認

ホーム画面を右側にスワイプすると出てくるのがホーム画面。ホーム画面にバッテリー残量をパーセント表示できるウィジェットを加えればOK。

ホーム画面の「今日の表示」をタップしてから一番下にスクロール。「編集」をタップして「バッテリー」を加えれば一覧に出てくる。

ただこの方法はホーム画面の状態から右にスワイプした場合のみ表示される。何かアプリを開いている場合はホームに戻る必要があるので少し手間だ。

その他のバッテリー残量を確認する方法

他にもバッテリーマークの色である程度の残りパーセントを把握できる。残量20%以下から赤色に変化し、10%以下で「バッテリー残量が少なくなっています」との表示がでる。

とはいえこの方法で分かるパーセンテージにも限界がある。ということで現状は↓↓↓

iPhone Xバッテリー電池残量表示に慣れるしかない

バッテリー残量表示の方法をご紹介したがこれまで何もせずに見れていたものに一手間かける必要がある。面倒でしかない仕様だが現状慣れるしかない。今後のアップデートで改善されることに期待したい。

その他iPhone Xから変更となった操作方法をまとめてご紹介しておこう。

iPhone X からの設定変更点まとめ

iPhone X でホーム画面に戻る方法

ホームボタンが廃止されたiPhone Xから変更された。

  • 画面下部ホームインジケーターから上方向へスワイプ

画面の下部から指一本で上方向へスワイプすればホーム画面を戻る。片手で持っているときでも簡単に操作できる。実際に操作してみるとこれまでのホームボタンを押す手間よりもはるかに楽だ。これはいいぞ!

iPhone X でスクリーンショットを取る方法

これまで「ホームボタン+電源ボタン」でスクリーンショットを撮影できていたが、ホームボタン廃止されたiPhone Xでの方法がこちら。

  • 「サイドボタン+音量(大)」

ということでiPhoen Xを片手で持っていれば親指と人差し指で挟むだけなので簡単だ。片手操作で完結するので改善したといえそうだ。

iPhone X でSiriを起動する方法

こちらもこれまで「ホームボタン長押し」だったがこちらもホームボタン廃止によって変更となった。

  • 「サイドボタン長押し」

iPhone X右側のサイドボタンを長押しで起動できる。もちろん設定で有効にしていればだが「Hey Siri」と話しかければ起動できる。

iPhone X の電源を切る方法

これまで「サイドボタン長押し」で電源が切れていたがiPhone Xでは長押しでSiri起動となっている。ということで電源を切る方法がこちらに変更された。

  • 「サイドボタン+音量ボタン」長押し

ただ長押しでなければスクリーンショット撮影になるのでご注意を。

 

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. amazon fire hd 8

最新記事 Choice10

  1. XP-PEN液タブArtist12 開封レビュー|初心者へおすすめ最安モデルだが…
  2. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっち…
  3. amazon fire hd 8 Amazon Fire HD 8(第8世代)Newモデルを発表|第7世代との違い…
  4. 【Amazonタイムセール祭りピックアップ】Adobe画像編集ソフト、ノートンセ…
  5. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド
  6. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2…
  7. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底…
  8. HUION KAMVAS Pro13 pen HUION遂に!傾き検出搭載液タブを発売決定【KAMVAS Pro13】
  9. LG Display sale お絵描きで使えそうなモニターがセール中【Amazonタイムセール祭り】
  10. Teclast F7 Notebook 【Teclast F7 Notebook レビュー】 激安中華ノートパソコンの実…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP