お風呂で使える最高スペック Kindle Oasis 7インチタブレット発売 by Amazon

Amazonからお風呂で使える防水のKindleが発売される。Kindle Oasisだ。これまでで最大の液晶サイズ7インチなど特徴的な製品。一定のユーザーのニーズにがっつりはまりそうな製品なだけに注目だ。他のAmazon Kindle製品と比較して特徴をまとめて紹介する。

Kindle Oasis|Kindleの歴史に新たな一歩

Kindleの歴史に新たな一歩をというのがKindle Oasisの宣伝うたい文句だ。新たな一歩と銘打つだけありこれまでのKindleになかった様々な機能を備えている。Kindle Oasisの特徴となるなスペックを見てみよう。

防水性能を搭載 お風呂で読書が可能に

お風呂で読書したい!というニーズにこたえる仕方で搭載された新機能だ。防水機能IPX8等級とかなり高いレベルの防水性能がある。HPの説明によると水深3メートルで最大60分間耐えられるとのこと。お風呂につかりながら読書も余裕でできそうだ。もちろんプールサイドでも。

Kindleシリーズ最大サイズ7インチ液晶 だが持ち運びOK

Kindleシリーズで最大の7インチ、300PPIの高解像度ディスプレイを搭載している。もちろんKindleの特徴である明るい日差しの下でも可視性の高い液晶。

これまでの製品は6インチのみだった。サイズの小ささが気になっていた方にとってはうれしいスペックアップだ。ただ本体外形サイズは159×141×8.3mmとコンパクトなサイズなので持ち運びも問題ない。本体重量も194gと超軽量。電車で片手で持っても疲れない重さを保っている。

漫画向けのページめくり機能

Kindleで漫画を読むユーザーも多い。漫画となると頻繁にページをめくる必要が出てくる。それに合わせて、高速でページをめくれる「快速ページターン」搭載。さらに長押しすれば高速でパラパラとめくれる「連続ページターン」にも対応している。

Kindle Oasis 仕様数値一覧

製品の仕様委一覧がこちら。通常のKindleと比較すると特徴がわかりやすい。

t

Kindle Kindle Oasis
液晶サイズ 6インチ 7インチ
内蔵ライト なし あり LED12個
ページ送り タッチスクリーン タッチスクリーン

ページめくりボタン

解像度 167PPI 300PPI
バッテリー 数週間 数週間
外形サイズ 160 x 115 x 9.1 mm 159 x 141 x 3.4-8.3mm
重量 161g 194g
保存容量 4GB 8GB/32GB
防水性能 なし あり
価格 8,980円 33,980円

大きな違いはやはり液晶サイズ防水性能だろう。そして保存容量も大きいものを選べるようになっている。価格も大きく違う。8,980円33,980円なのでインパクトがある差だ。Kindleと聞くと安い!というイメージがあるかもしれないがKindle Oasisに関しては他のタブレットとさほど変わらない価格設定となっている。

上記で紹介したKindle Oasisの特徴この価格差を出しても欲しいと思える機能かどうかを検討して選べばベストな選択ができそうだ。確かにお風呂で濡れるのを気にせずに読書を楽しめるのは良いかも。

現在すでに予約受付を開始している。発売は10月31日からだ。Amazonでの販売価格はこちらからご覧いただける。

 


関連記事

  1. 【Galaxy Book 10.6/12】日本発売日決定!日本での価格にも期待

  2. ZenPad Z8s 解像度

    【ZenPad Z8s】2KオクタコアLTE対応タブレット|日本での価格・発売日に期待

  3. Honor Pad2 起動画面

    【Huawei Honor Pad 2開封レビュー】Media Pad T2では物足りない方向けSI…

  4. Acer Switch 7 Black Editionを発表|13.5型ワコムペン対応タブレット|日…

  5. 【GEARBEST SALE情報】Xiaomi Mi Pad 3が2万5千円台で販売中(6月17日ま…

  6. Chuwi Lapbook ロゴ

    Chuwi実機レビュー|タブレット・ノートPCの実力をまとめて検証

  7. SIMフリースマホの定番 ASUS ZenFone 5の評価|5/5Z/5Q徹底比較

  8. Lenovo P8 タブレット 1.4万円|GearBest Tablet SALE情報




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. HUION H610 Pro review 【HUIONペンタブH610PRO開封レビュー】ショートカットキー24個が特徴
  2. 【Amazonプライムデー2018】お買い得なタブレットまとめ(Huawei,K…
  3. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  4. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  5. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  6. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  7. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  8. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  9. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  10. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP