ALLDOCUBEとはどこの国のメーカー?おすすめタブレットの評判まとめ

ALLDOCUBEとは。どこの国のメーカーなのか評判をチェック。中国での評価、Amazonでのレビューをまとめて分かった、ALLDOCUBEを選んで得する人と損する人を検証。

ALLDOCUBEとはどこの国のメーカー?

ALLDOCUBEとは

ALLDOCUBEとは。中国深セン市が拠点のメーカー。中国語名では酷比魔方(クービーモーファン)。深圳市欧度利方科技有限公司が商標を持っていて、拠点は深セン市大浪。深セン市の中心部から地下鉄で30分ほどの場所にある地域で、HUAWEIの本社からも近い。ちなみに今の自分の拠点と同じ深セン市で近所だ。

設立は2004年。2005年のカラー画面のMP3プレイヤーを皮切りに、イヤホン、タブレット、パソコンなど電子機器を製造販売。2017年にはインテルと提携し、ThinkerシリーズのノートパソコンにインテルCPUを搭載モデルを発表した。

中国のタブレットメーカーとしては比較的古参の定番メーカーになる。タブレットは1万円から3万円台のコスパ優先のタブレットが中心。ライトユーザーでさくっと使えるタブレットを探しているという方におすすめ。

逆にメイン機として動画編集や画像編集、重いゲームをガッツリ楽しみたいという方にとっては物足りないスペックになる。

ALLDOCUBEの中国での評判

ALLDUCUBE 評判

https://www.alldocube.com/jp/参照

ALLDOCUBEの中国での評判。アリババが運用している企業の信用度を調査する芝麻信用では2番目に高いAAランク。(AAA、AA、A、BBB、BBが基準)

格安のタブレットを製造販売するメーカーは山ほどあるけど、その中では歴史もあり安定した性能のタブレットを期待できる。企業としての規模も大企業といっていいレベルなので安心して使用できる。

ALLDOCUBEのレビュー評判のまとめ

Amazonでの評価を見ると、価格なりに良いものという評価が多い。Youtubeでの動画鑑賞と、いくつかの簡単な文書作成ソフトの仕様でちょうど良い感じ。同じスペックの日本メーカーのタブレットだと倍くらいの価格帯になるのでコスパの良さは抜群だ。

ただゲーム目的での購入はあきらめた方がいい、という声が多い。他にも普段iPadを使っている人であれば操作にもたつきを感じるかも。Apple製品ほどのぬるぬるした操作感は期待できない。

ということで、ALLDOCUBEのタブレット購入して得するのはライトユーザー。動画鑑賞やネットサーフィン、簡単な文書作成、PDFファイルの閲覧にちょうど良いスペック。価格を最も抑えてタブレット購入できる。

逆に購入して損する人、ストレスを感じる人はヘビーユーザー。今話題のFPS系のゲームをしたい方、動画編集や動画撮影が中心の方が購入すると、下手すると全く使い物にならないこともあるのでご注意を。その場合はコストがかかっても他のメーカーのタブレットがおすすめ。

最後にALLDOCUBEのおすすめタブレットをご紹介する。

おすすめのALLDOCUBEタブレット

ALLDOCUBE iPlay8

ALLDOCUBE iPlay 8

価格 9,000円
ディスプレイ 8インチ
解像度 1280*800
OS Android8.0 Oreo
RAM 2GB
ROM 32G

 

ALLDOCUBE iPlay10 Pro

ALLDOCUBE IPlay 10

価格 12,999円
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
OS Android9 Pie
RAM 3GB
ROM 32G

 

ALLDOCUBE iPlay 20

ALLDOCUBE iPlay 20

価格 18,900円
ディスプレイ 8インチ
解像度 1920*1200
OS Android10
RAM 4GB
ROM 64G

 

ALLDOCUBE iPlay20 Pro

ALLDOCUBE iPlay 20 Pro

価格 24,999円
ディスプレイ 10.1インチ
解像度 1920*1200
OS Android10
RAM 6GB
ROM 128G

 

ALLDOCUBE X neo

ALLDUCUBE X Neo

価格 31,850円
ディスプレイ 10.5インチ
解像度 2560*1600
OS Android9
RAM 4GB
ROM 64G
ALLDOCUBE X Neoタブレット10.5インチ Android 9.0
CUBE

 


関連記事

  1. Xiaomi2017年最新スマホ Mi MIX2 発売日・価格決定|意外な安さに会場が沸き立つ

  2. NEC LAVIE Tab E 8型、10型|タブレット初心者向けの安心メーカー品

  3. ソニー Xperia XZ2 Premiumの注目スペックまとめ|日本での発売日・価格情報

  4. ASUS ZenPad 3S 8.0

    ASUS ZenPad 3S 8.0のスペック|日本での発売日や価格に期待

  5. LAVIE Tab E710のスペック・評判を徹底調査|レビュー高評価で期待のタブレット

  6. 【Xiaomi Mi Pad 3をiPad Miniと徹底比較】価格とスペックを見て買いか検討

  7. 【2020年】Lenovo Xiaoxin Pad / Xiaoxin Pad Proを発表|価格・…

  8. XIAOMI Wifi 中継器|コンセントの電線経由でWifi電波を補強する注目ガジェット

最新記事

  1. XP-PEN ブルートゥースペンタブ Deco MW / Deco LW 比較レ…
  2. Artist 10 レビュー XP-PEN Artist 10 セカンド|実機レビューでサイズ感を徹底検証
  3. Ultenic D5sPRO Ultenic D5sPRO ロボット掃除機|1ヶ月毎日使ってみてのレビュー
  4. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  5. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  6. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  7. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP