2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!

アクションカメラとは?アクションカメラの選び方をご紹介。バイクでの長時間の使用など様々な用途で使えるアクションカメラを厳選。価格帯1万円程度のものと3万円以上のものに分けておすすめする。

アクションカメラとは

アクションカメラとは、コンパクトでタフな作りが特徴のカメラ。スポーツやツーリング、旅行で気軽に身体やバイクに装着して撮影できるので「ウェアラブルカメラ」とも呼ばれている。

防塵・防水性能の高いモデルが主流。主にはガシガシとタフに使うために設計されているので、モノによっては画質が残念な製品もある。自分がどういうシーンで使いたいかをはっきりさせてから選べばベストバイができるはずだ。

アクションカメラの選び方|バイクで長時間つかうなら

アクションカメラを選ぶ時にまずチェックしておきたいのがこちら。特にバイクでの撮影などアウトドアシーンならこんなポイントを抑えたい。

カメラとしての撮影性能

当たり前だけどカメラなので撮影性能はまずチェックしておきたい。

  • 解像度

画質にこだわるなら最大解像度をチェックしよう。最近のものだと最大解像度6Kのものも登場している。ただ高解像度で録画すると保存される動画ファイルも巨大になる。4Kや6Kの動画を編集するとなると高性能なPCも必要になるのでご注意を!とはいえ今の主流になっている4Kに対応しているものを選んでおきたい。

  • 手振れ補正性能

アクションカメラということで、バイクでの撮影やスポーツでの撮影で使いたいなら手振れ補正性能にこだわって選びたい。手振れ補正を表す具体的なスペック数値はなく有るか無いかのみ。実際に使っているレビュー動画を参考にするしかなさそうだ。

アクションカメラとしての使いやすさ

  • アタッチメント

いろいろな種類のアタッチメントはアクションカメラの醍醐味。例えばバイクで長時間使いたいなら頭(ヘルメット)やバイクハンドルにつけられるアタッチメントが使えるかチェックしよう。

  • 防塵防水性能

アウトドアでガシガシ使うなら防塵防水性能もチェックを。別売のカバーを購入する必要がある製品が多いのでトータルのコストを計算してから選ぼう。

アクションカメラの選び方|価格帯で選ぶ

アクションカメラの価格帯はピンキリで5,000円程度から10万円を超えるものまで様々。製品のスペックを見ると価格帯によって共通した特徴がある。

画質にこだわるなら格安モデルは選ばないで!

格安モデルの多くはアクションカメラのアタッチメントなどの付属品にこだわっているものが多い。そして平均して画質は良くない。アタッチメントが数十種類あって高機能に思えるけどカメラとしての撮影性能は低いので実際に使い始めるとがっかりするケースが多い。

高画質で美しい動画が撮りたいなら格安モデルは避けるのがベター。2万円か3万円以上のモデル選んでおけば安心だ。

スマホかタブレットでしか動画を見ないなら格安モデルもあり

画質にはあまりこだわりがなくて、臨場感のある動画をサクッと撮りたい。動画鑑賞はテレビではなくてタブレットやスマホなどの小さい画面で見ることが多い、という方は格安モデルのものがおすすめ。

4Kや6Kで撮っても結局見る画面が小さければあまり意味がない。高画質は容量も大きくなるのでスマホで保存できるものも限られる。それなら解像度的にも十分で、容量も小さくて済むフルHDでの撮影がベストだ。ちなみに普段見ているYoutubeのほとんどはフルHD1080pだ。

ということで、自分がどういうシーンで撮影したいのか、どんなデバイスで撮影した動画を見たいのかを想像してから選ぼう。

今販売されていて人気のアクションカメラをご紹介!

アクションカメラ【3万円以上】高価格モデルのおすすめ

まずは価格3万円以上で画質にもこだわって撮影したい方におすすめのモデル。

GoPro HERO9 Black

GoPro HERO 9

言わずと知れたGoPro HEROシリーズの最新モデル。アクションカメラの代名詞といってもいいレベルの製品なので予算に余裕があって、間違いのない製品を選びたいならこちらがおすすめ。

カメラ前面にディスプレイが搭載されているので自撮りに最高。録画開始前の30秒間を記録するハインドサイト機能があったり、録画開始時間を24時間後までの分単位で予約できたりと豊富な録画メニューが搭載されているのも特徴。

価格 56,980円
解像度 / フレームレート 5K/30・  4K/60p
本体サイズ 71*55*33.6mm
バッテリー 1050mAh

 

DJI OSMO Action

DJI OSMO Action Cam

DJIはドローンを主に開発販売している中国深圳のメーカー。ドローンカメラにも搭載されているスタビライザー技術を搭載していて、高精度のブレ補正を実現している。EIS(電子式映像ブレ補正)機能も搭載。

カメラ前面にディスプレイが搭載されているので自撮りにもおすすめしたい。GoPro HERO 9よりも1.5万円ほど安いのでコスパも最高だ。

価格 30,790円
解像度 / フレームレート 4K / 60p
本体サイズ 65*17*14mm
バッテリー 1300mAh

 

Insta360 ONE R

Insta360 ONE R

Leicaと共同開発の1インチセンサー搭載している。レンズを交換できるのが特徴で、自分の用途にあったレンズを選べるので様々なシーンに対応できるおすすめのアクションカメラ。費用はかさむけれどカメラレンズにこだわりがある方におすすめしたい。

価格 48,655円
解像度 / フレームレート 5.2K/30p・4K/60p
本体サイズ 65*17*14mm
バッテリー 1300mAh

 

DJI POCKET 2

DJI POCKET 2

DJI POCKET 2はドローンを主に開発販売しているDJIから発売されているアクションカメラ。GoPROなどとは形状が異なっている。基本的には手に持っての撮影を想定してデザインされている。

被写体となる人の顔を自動追跡してピントを合わせ、カメラ自体の首も自動追跡して追いかける機能が搭載されている。人が撮影対象になった時に嬉しい機能が満載されている。ちなみに価格は本体のみの場合だ。

価格 49,500円
解像度 / フレームレート 4K/60p
本体サイズ 124*38*30mm
バッテリー 1300mAh

 

アクションカメラ【5千円から1万円まで】格安モデルのおすすめ

こちらは手軽に手を出せる5千円から1万円までのモデルをご紹介。

AKASO V50 Pro

AKASO アクションカメラ

広角レンズ170度で多彩な撮影が可能。1万円台だけれど2.0インチのタッチスクリーンで操作できる。Go Proのマウントと互換性があるので使い回しも良さそうだ。

付属の防水ケースで防塵、耐衝撃、耐低温、水深30メートルの環境でも撮影できる。1100mAhバッテリーでバイクツーリングでの使用にもおすすめだ。

価格 13,000円
解像度 / フレームレート 4K / 30p
サイズ 60*41*31mm
バッテリー 1100mAh

 

APEMAN TRAWO A100S

APEMAN TRAWO A100S

APEMANはAmazonでもランキング上位のアクションカメラメーカー。Amazonでの評価も1000を超えている。2インチタッチスクリーン搭載、Wifi機能搭載など最新の機能モリモリ。画質はそれほどだけれど、アクションカメラとして手軽に使えるおすすめモデル。

価格 10,980円
解像度 / フレームレート 4K / 30p
サイズ 61*24*45mm
バッテリー 1350mAh
【進化版4K/50FPS】APEMAN A100 アクションカメラ 2000万画素 2インチタッチパネル 6軸EIS手ブレ補正 WiFi搭載 リモコン付け 40M防水 水中カメラ 連写 120fpsスロモーション 170°広角レンズ ウェアラブルカメラ 1350mAhバッテリー2個バイク/自転車/車/ヘルメットに取り付け可能 スポーツカメラアクションカム
apeman

 

MUSON PRO3

MUSON PRO3

MUSONもAmazonで人気の格安アクションカメラメーカー。自撮り棒も付属していて合計七つのマウント、ヘルメット固定用のアタッチメントなど付属品も非常に充実している。レビューを見ると画質や手振れ補正機能はイマイチに感じているユーザーも多いようだ。

価格 7,099円
解像度 / フレームレート 4K / 30p
サイズ 50*40*30mm
バッテリー 1200mAh

 

Dragon Touch SYA

Dragon touch アクションカメラ

Dragon Touchはタブレットやモバイルモニターを主に製造販売しているメーカー。

アクションカメラの価格的には最安値のモデル。低価格帯ながらタイムラプス撮影、スローモーションに対応。腕時計型のリモコンも付属している。Wifi機能搭載、4K画質に対応などスペックは高いけれどそれぞれの質はあまり高くないようだ。

価格 4,998円
解像度 / フレームレート 4K / 30p
バッテリー 1050mAh

 

以上おすすめのアクションカメラをご紹介した。どんなシーンで使うのか、どんな映像を撮りたいかをイメージしてから選べばベストバイできるはずだ。快適なアクションカメラライフを送っていただければ幸い!


関連記事

  1. 液タブで使えるおすすめモニターアーム決定版|エルゴトロン製の最強の一台

  2. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと

  3. 【2021年決定版】静音ゲーミングマウスのおすすめランキングBest4

  4. ソニーワイヤレス左右独立型イヤホンWF-1000Xを発表|AirPodsと比較して分かったこと

  5. Zoom Web会議におすすめのPCマイク|安いけど高品質なマイクを厳選

  6. 効果重視ゲーミンググラスBEST5|度付きのおすすめも紹介

  7. 【2021年】Beatsワイヤレスヘッドホンのおすすめモデルを徹底比較

  8. マグネット式USB Type-C充電ケーブルを使って感じたメリット・デメリット【By dodocoo…

最新記事

  1. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  2. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  3. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  4. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  5. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  6. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  7. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?

人気の記事 TOP10

  1. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー
PAGE TOP